表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

“The 1st Anniversary”
マックQのタータンチェックとモノトーン
【4階 【McQ ALEXANDER McQUEEN(マックキュー)】

「アレキサンダー・マックイーン」のディフュージョンブランド「マックQ」。
2012春夏からアレキサンダー・マックイーンのクリエイティブディレクターであるサラ・バートンがコレクションを手掛けた。そして、2012秋冬からはマックQの全てを監修している。

サラ・バートンは、2012年4月にタイム誌で“最も影響力のある100人“に選ばた。
なんと6月には英国ファッション業界に大きく貢献した彼女を称え、イギリスの帝国勲章(OBE)が授与されている。

その、サラ・バートンが監修したマックQの秋冬。中でもイチ押しなのは“タータンチェック”である。
まさしくイギリスの秋冬を思わせるようなチェックに、エッジの効いたブラックのアイテムが調和している。ワードローブのあらゆるカラーとのコーディネイトで楽しめる。難しく考えずアクセントに使えるので、まず手に入れておきたい。

そのストールとも相性のいいレザージャケットは、ブラックとの2色展開。しっかりしたカウレザーにはたくさんのジッパーが施されている。なんと首元は2段になっていてインパクトのある一品。
どこがタータンチェックなのかというと、内側の裏地との切り替えにパイピングで使われている。このさりげなさがにくい。

存分にタータンチェックを楽しみたい方ならこちらのニットはいかがだろうか。なんとユニオンジャックとタータンチェックの組み合わせだ。

デジタル画面のブロックが少しずつ崩れていくようなデザインで、存在感たっぷりに仕上がっている。

このニットは、さきほどご紹介したレザージャケットとも組み合わせて楽しめるが、さらにおすすめなのはこのPコート。

英国王道のシルエットだが、ただで終わらせないのがマックQである。

大ぶりの襟が、シンプルなPコートに強力な個性を注ぎ込んでいる。しかし、この個性こそが“毎日着たくなるコート”に仕上げているのではないだろうか。

毎日着るならコーディネイトしていただきたいニットがほかにもある。

マックQではお馴染みのセーフティーピンのモチーフ。こんなに大きいピンがあしらわれると、モノトーンであるのを忘れてしまいそうだ。

しかしこのニットは思いっきりモノトーンを楽しみたい。コーディネイトに変化をつけるとするなら、ブーツがおすすめだ。

つや感だけで目を惹くエナメルブーツは丈の短いパンツやブーツインに合わせるとインパクト大。驚くほど軽く、スタッフが1日履いていても疲れないという優れもの。
スリムなデザインなので、ある程度細身のパンツをブーツアウトしてもきれいに履ける1足だ。
この秋冬は、マックQと一緒にタータンチェックとモノトーンを楽しんでみてはいかがだろうか。


…と、締めくくりたいところだが、どうしても掲載したい逸品がある。最後まで読んだ人だけが知ることができる貴重な1着。

ピンバッチとエンブレムが所せましとあしらわれたライダースジャケットだ。見ているだけでも楽しくなるピンバッジの数々。目を惹いて離さないのだ。

世界でも数点しか製作されていない激レアのライダースは、阪急メンズ東京 マックQのショップが1周年を迎えるにあたり2点のみ入荷した限定品である。


すでに1点はファンに仕留められてしまったそうだ。次は、あなたが仕留めてみてはいかがだろうか。






◆ご紹介の商品
●ストールのコーディネイト
ストール 19,950円
ジャケット 76,650円
パンツ 48,300円

レザージャケット 137,550円
ニット(ユニオンジャック) 56,700円
Pコート 109,200円
ニット(セーフティーピン) 37,800円
ブーツ 56,700円
阪急メンズ東京 レザーライダース 402,150円

阪急メンズ東京 4階 マックキュー

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.10.30 12:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ