表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

“冬の宝石箱”をあなたに【メンズビューティー】

“コフレ”といえば、フランス語で宝石箱の意味を指す。男性にとっては、クリスマスが近付く度におねだりされた経験のある方も多いのではないだろうか。今年からは少し方向を変えてみよう。いっそおねだり「してみる」のだ。

ラルチザンパフュームからは男性向けの香りのセット「コフレ マスキュラン」をピックアップ。

「クールド ベチバーサクレ」
“聖なるベチバ―の心”とうたう通り、生き生きとしたウッディーの香りが眩い香りをもたらす。みずみずしいフルーティーな香りがきらめきをプラスしている。フレグランスを際立たせるのは、異なる特徴を持つ2種類のベチバー。このオードトワレの持つコントラストこそ、性別を問わず魅了してやまない理由。



「フーアブサン」
19世紀フランス、新しい文化と芸術の栄えたベル・エポック。多くの芸術家を虜にした禁断の酒「アブサン」は斬新な創造のためのインスピレーションの源となった。故に一度惹かれたら最後、たちまち魔力にとり憑かれてしまう。

「タンブクトゥ」
西アフリカに伝わる“恋人を魅了する香料”にインスパイアされたウッディーでクリーミーな香り。阪急MEN’S TOKYOでは定番の取扱いがないため、このコフレはお試しいただけるチャンス。


ラルチザンパフュームからは、女性用「コフレ フェミニン」も発売しているので、同時にチェックしていただきたい。





真っ赤なパッケージがシンプルながらもインパクトのある「GIORGIO ARMANI(ジョルジオ アルマーニ)」からはシャワージェル(ボディシャンプー)、オードトワレ、アフターシェイブバームの詰め合わせが発売。特に女性に人気の高い香りのオードトワレは、フレグランス初心者の方にも取り入れやすい。トップノートは爽やかなグレープフルーツの香りで、甘味が通り過ぎて行く。




「EMPORIO ARMANI(エンポリオ アルマーニ)」からは、オードトワレとシャワージェルのセット。フレグランスはこの秋に初登場したばかりのもので、スパイシーな香りが男性らしさを際立たせる。大地の香り「ベチバー」は秋冬にはぴったりの深みを持たせてくれる。



◆ご紹介のアイテム
(写真1,2枚目)
「ラルチザンパフューム」 コフレマスキュラン(150ml×3本) 12,600円

(写真3,4枚目)
「ジョルジオ アルマーニ」 アクア ディ ジオ プール オム コフレ 7,350円

(写真5,6枚目)
「エンポリオ アルマーニ」 エンポリオ アルマーニ オム コフレ 8,925円

阪急MEN’S TOKYO 1階 メンズビューティー

 

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2011.12.09 12:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ