表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

「WAREHOUSE」で目覚める“Tシャツ愛”

何枚あっても困らないTシャツは、インナーとして着る分には構わないが夏場に一枚で着るとなると、そこには当然大人としてのこだわりが不可欠。そのTシャツへのこだわり、という点で群を抜いているのがこの「WAREHOUSE」だ。ヴィンテージらしさを追求したどり着いた一枚は、あなたの“Tシャツ愛を目覚めさせてくれるかもしれない。

 

 

無地Tシャツ ¥5,940

 

シンプルな無地Tと侮るなかれ。こちらは40年代〜50年代の古着生地を貴重なシンカー編み機で再現したもの。着用と洗濯を重ねることでムラ糸の凹凸差が生む「シャドウボーダー」が現れ、着るほどのこなれ感が出てくる一枚。肌触り、着心地、耐久力の3拍子が揃った自信作だ。カラバリ、デザインともに豊富なのでまずはエントリーTシャツとして。

 

 

プリントTシャツ ¥5,940

 

アメリカンヴィンテージをコンセプトに掲げる「ウェアハウス」ではプリントTシャツも非常に豊富に揃っており、染み込みプリント、フロッキープリント、ペンキプリントの3種類がある。カレッジ風のデザインだけでも10種類以上あるそうな。それぞれに質感の異なるプリントで経年変化も異なるので、実際に愛用してその変化を楽しみたい。

 

 

2ND-HAND Tシャツ ¥7,020

 

その名の通り、あえて日焼け加工を施すことで古着のようなヴィンテージ感を再現した一枚。レーザーで退色させることで生地を痛めることなくフェードした絶妙な色合いを生み出している。新品なのに初めて袖を通したその日からヴィンテージ、というヴィンテージ好きにはたまらないモデルだ。

 

 

アメリカンヴィンテージ漂う店内

 

Fにある「ウェアハウス」は、什器にもこだわったアメリカンヴィンテージ漂う内観で、一度足を踏み入れるとつい長居してしまいそうな落ち着いた雰囲気が特徴。Tシャツ以外にもデニムやチェックシャツなど、まるで古着屋で宝探しをしているような楽しさを味わえる。

 

阪急メンズ東京 7F ウェアハウス

(直通電話番号03-6252-5421

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.06.20 07:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • カラージュブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • 3rd STYLEブログ
  • ギフトコンシェルジュ
  • ビューティー&リラクシング(BEAUTY & RELAXING)
  • ヴィンテージ&リバイバル(VINTAGE & REVIVAL)