表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

クールな外見に、中身は多彩――モテる男の新常識
マルチな財布・キーケース【7階 サマンサキングス】

「SAMANTHA KINGS(サマンサキングス)」――カジュアル、ビジネス両方の面からライフスタイルに合わせて提案されるアイテムは、シンプルで使いやすい作りでありながら、ディティールやモチーフにこだわりのポイントを見つけることができる。

一見プレーンに見える革小物は、開けてみるとマルチカラーが華やかな表情を魅せる。多くの女性に支持を受けている「Samantha Thavasa(サマンサタバサ)」で培われてきた、質の良い遊び心が受け継がれているようだ。

こちらのシリーズは、カラーもマルチだが、よくよく見ると素材もマルチ。赤紫色の裏地の部分がスエードになっているのが見て取れるだろうか。女性スタッフの「カワイイですよね♡」という声も高く、ペアで小物を持ちたいというカップルにもお勧めしたい。

ポップなカラーに少し抵抗のある方は、こちらのマルチカラーから取り入れてみてはいかがだろうか。サマンサ“らしさ”はそのままで、シックにまとめられている面が好ましい。

そろそろバレンタイン用のギフトを探しはじめている方は“マルチな才能”溢れる男になって欲しい、という想いを込めて“マルチケース”をプレゼント・・・も有りかもしれない。

パス・コイン・カード。全てが収納できるため、実際かなり便利なアイテムである。







こちらのショップ、女性スタッフが数多く常駐しているのも特徴のひとつ。男のこだわりの一品選びも楽しいが、やはり女性の視点を取り入れてみるのも、我々にとってはとてもタメになるものである。
何より楽しい、というのは余談として述べておく。




◆ご紹介のアイテム
長財布 19,950円
二つ折り財布 17,850円
マルチケース 10,500円
キーケース 11,550円

阪急メンズ東京 7階 サマンサキングス

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.01.19 12:00

名品ダッフルコート「Gloverall(グローバーオール)」
【7階 JUNRed(ジュンレッド)】


ダッフルコートが好きだ。冬の男に少し可愛らしさを添え、どんな洋服ともコーディネイトできるからである。

厚手の服の上からでも羽織れるだけでなく、脱いだときスーツやジャケットなら印象が格段に変わる。

年齢を気にせず着ることができ、コートのローテーションに入れておくと毎日会う人からの印象に変化をつけることも簡単だ。

“ダッフルコートの代名詞”として、名を馳せる「Gloverall(グローバーオール)」は1951年創業。

イギリス、ノーザンツに本社を構えるイギリスを代表するアウターブランドである。

英国国防省の委託を受け、不要となった軍用のダッフルコートや手袋などを販売したことがきっかけとなり、自らもダッフルコートの生産を開始。

北欧の漁師の作業着であったダッフルコートがタウンユースとして世界で愛用されるようになったのは、グローバーオールがデザイン、素材、縫製にこだわり、改良を重ねたからこそである。

その「グローバーオール」のダッフルコートを阪急メンズ東京の7階 ジュンレッドで発見。

メルトンウールのゆったりしたシルエットに、木製のトグルと麻のロープがあしらわれ、最もダッフルコートらしいモデルで、寒さが厳しい季節には長めの丈は重宝する。
ポップな4色展開なので、この機会に手持ちにないカラーをチョイスしてみてはいかがだろうか。

ジュンレッドがダッフルコートにおすすめしたいコーディネイトは、コットンパンツ。昨年登場したコットンパンツは、履きやすさから形は2季目を迎え、5色で登場。

通年履けるだけでなく、トップスを選ばないのでワードローブに加えれば着まわしの効く一品。まずは、7階 ジュンレッドに足を運んでいただきたい。



【関連記事リンク】
カントリーテーストで演出する真冬のスタイリング




◆ご紹介のアイテム
ダッフルコート 61,950円 → 37,170円
コットンパンツ 9,975円

阪急メンズ東京 7階 ジュンレッド

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.01.18 12:00

大人の足元を格上げするドライバーシューズ トッズの「ゴンミーニ」【3階「TOD'S(トッズ)」】

踵まで届くゴム突起(ラバー・ぺブル)のソールが特徴的なドライビングシューズ「ゴンミーニ」。まるで手袋かのよう、と形容される快適な履き心地で世界中から愛用され続けているこのシューズは、「TOD‘S(トッズ)」のアイコニックな存在として確立している。

その「ゴンミーニ」、基本の形は100年以上も変わらないのに、なぜこんなに人気であり続けられるのか?

ひと目でお分かりの通り、『幅広いカラーバリエーション』が、大きな理由のひとつとして挙げられることだろう。

もちろん、レザーやアッパー部などの装飾の種類も豊富で、着こなしに合わせて選べるのも魅力的要因のひとつだ。そこで、気に入ったデザインのシューズに、理想のカラーで出会えることは、何にも代え難い喜びである。

お気に入りのカラーをチョイスするためには、実は1月こそ最適の時期である。なぜならこの「ゴンミーニ」、シーズンごとに絶妙な違いでカラー展開が変化している。秋冬のカラーが展開しつつも春夏のカラーが入荷しているこの時期こそ、お気に入りの一品を見つけていただくために、ぜひとも売場まで足を運んでいただきたい。
2013年の春夏は、鮮やかなグリーンが新鮮だ。パンツの丈にこだわり、くるぶしを覗かせて軽快なコーディネートにまとめていただきたい。表面加工が施されているタイプは、ショートパンツと合わせて大人の遊び心を演出して欲しい。

強めのカラーが今年のトレンドの予感。


真夏はなんといっても白。ただのチノでさえ格上げしてくれそうな存在感を感じていただけることだろう。

先にも述べた通り、シーズンをまたいで同じカラーが並ぶことは珍しい中、なんと白は今回2シーズン目に突入する。







動きやすく、疲れない。気軽に大人のイタリアンスタイルを演出できる優れものは、日々のスタイルに合わせて何足か持っておきたいものだ。豊富なカラーバリエーションの中からは、季節や、気に入ったコーディネートに合わせて、ご自身にぴったりのカラーをチョイスしていただけることだろう。

4月には希望のサイズがなくなってしまうこともあり、どうぞお早めにチェックしていただきたい。



【関連記事リンク】
TOD'Sが届けるエレガントなレザーアイテム
TOD'S(トッズ)の Winter Gommino(ウインターゴンミーニ)
イタリア職人のハンドメイドの靴をオーダーする「3階 TOD'S(トッズ)」


◆ご紹介のアイテム
48,300~55,650円

阪急メンズ東京 3階 トッズ

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.01.17 12:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ