表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

タウンユースにも、大型トリップにも!
春の相棒トラベルバッグをご紹介【地下1階 トラベル・トゥミ】

少しずつ寒さも緩みはじめると、仕事にもプライベートにも、フットワークが軽くなる季節がやってくる。


ゼロ ニューヨーク「アップタウン」バックパック 21,600円


例えばオンとオフの時間や空間をボーダーレスに飛び回るビジネスパーソンならば、機能もスタイルも妥協しないバックパックを相棒にしたい。
堅牢なアタッシェケースでお馴染みのゼロハリバートンから、今のニューヨークを体感し、より自由な発想でデザインしたカジュアルライン「ゼロ ニューヨーク」がお目見えしている。
アクティブに動き回るニューヨーカースタイルがコンセプトとあって、PCなどデジタルデバイスを収納できるポケットはもちろん、デイリーユースにぴったりな機能にも配慮されているのが嬉しい。


ゼロ ニューヨーク「アップタウン」バックパック 22,680円

ゼロ ニューヨーク「アップタウン」トートバッグ 18,360円

美しいナイロンとツイル生地のコントラストがスタイリッシュな印象。スーツスタイルからカジュアルまで難なくなじむので、いつでもどこでも持ち歩きたくなるはずだ。



TUMI JARVIS(日本限定) バックパック 68,040円

ビジネスエグゼクティブも御用達のTUMIからは、シックで大人っぽい日本限定ライン「JARVIS」の新作が登場!ブランドのシグネチャー素材であるバリスティックナイロンの本体に、グレーのレザーを組み合わせたデザインだ。

TUMI JARVIS(日本限定) ブリーフケース 70,200円
落ち着いた品の良いデザインだけでなく、もちろんトゥミらしい機能面も充実。スクエアフォルムはすっきりと見えるだけでなく、自立性に優れているのもいいところ。

ちなみに、お買い上げの際には、おなじみのレザーパッチをブラック/グレーいずれかで付け替えることも可能なので、ぜひスタッフまでご相談を!(※カスタマイズについて、詳しくは売場係員までお問合せ下さい。)


サムソナイト トゥルーフレーム
(手前)60L 63,720円 (奥)85L 72,360円

ビジネスもプライベートも精力的に飛び回るジェットセッターには、サムソナイトの話題の新作「TRU-FRAME(トゥルーフレーム)」が断然おすすめ。軽さ・堅牢性・スタイリッシュなデザイン――全てを叶えてくれる、まさに万能とよべるスーツケースがここに誕生した。

これまで、ジップタイプよりも重たいと思われがちだったフレームを、従来よりもおよそ15%軽量化することに成功。ふたつのTSAロックはそれぞれに番号を設定でき、サイレントダブルホイールで機動性もばっちりというわけだ。

衣類や小物はもちろん、スーツも機能的に収納できる内装も、これまで "ありそうでなかった" 実用的なデザインでつくられている。荷物が増えがちなビジネストリップに、あるいは今年のバケーションにも!60L、85Lの2タイプから、ぴったりのサイズを選ぼう。


阪急メンズ東京 地下1階 
トラベルコーナー(直通電話番号03-6252-5281)
トゥミ(直通電話番号 03-6252-5487)

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.02.17 07:00

日本限定200本!
BVLGARI×Ken Okuyamaモデルは急いで手に入れて!

"限定モノ"には希少性という価値がある。しかし、それだけで心踊らされるわけではない。

ブルガリの時計は素晴らしい。そのことは誰もが知っている。だからこそ、ブルガリかつ限定モデルだというということは、計り知れない価値をもつのだ。


ブルガリ オクト ヴェロチッシモ Ken Okuyama Design 日本限定モデル 1,317,600円

日本が世界に誇る工業デザインの権威である奥山清行氏(海外ではKen Okuyama名義で活躍)と、ブルガリ ウォッチ デザインセンター シニアディレクターであるファブリツィオ・ボナマッサ氏との友情から生まれた、日本だけでわずか200本しか手に入らない、貴重なコラボレーションモデルが入荷している。


カーデザインという分野でつながっていた両氏――だからこそ本モデルは、随所に奥山氏がデザインしたオリジナルスポーツカー「kode9」と揃えたディテールを採用。例えばインデックスのフォントやクロノグラフ針、あるいはDLC加工を施したマットブラックなケースなどがそれにあたる。

キーカラ―となる「赤」を随所に配しているのも、車体と揃いのデザインだ。ストラップには、なんとラバー加工を施したアリゲーターレザーを贅沢に使用しているというのだから、デザインのみならずクオリティにおいても、細部にいたるまでこだわり抜いているということがよくお分かりいただけるだろう。


タイヤのホイールデザインを模したシースルーバックケースには、奥山氏のシグネチャー入り。リミテッドの証である「1 OUT OF 200」もしっかりと刻印されている。

――ここまで細かに申し上げてきたが、実はこの腕時計については「百聞は一見にしかず!」というのが筆者の正直な印象だ。ブルガリと奥山氏、そのふたつの個性が生み出す圧倒的なオーラを、ぜひご自身の目でお確かめいただきたい。


阪急メンズ東京 1階 ブルガリ(直通電話番号 03-6252-5296)

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.02.16 07:00

春のワードローブを印象づける、個性的な新作デニムが豊作!
【6階・7階 紳士服】

デニムフリークの皆様、お待ちかね!阪急メンズ東京 6階・7階 紳士服フロアにぞくぞくと入荷している、春の新作デニムをご紹介しよう。


GAS デニムパンツ 38,880円

細身のキャロットシルエットが人気の「ラウル」から登場した新作は、生デニムの状態から丁寧にサンディングを施すことで、履きこんだような表情を表現。春らしく淡いインディゴとの絶妙なバランシングが秀逸だ。
日本の襤褸(ボロ)からインスパイアされたという四角いモチーフをブリーチの濃淡で表している。こうしてクローズアップすると、どこか柔らかな和の雰囲気を感じていただけるだろうか?履きこなすのが楽しみになりそうな力作を、ぜひ店頭でお試しあれ!



アルマーニ ジーンズ デニムパンツ 33,480円

アルマーニ ジーンズでは、クリーンな白のデニムパンツがお目見え!

遠くから見るとホワイトデニム、しかしよく見ると、実は極限までブリーチをかける"ヘビースノーウォッシュ"とよばれるケミカル加工を施したジーンズなのだ。軽やかなのは見た目だけにあらず、ストレッチがきいたライトオンスの履き心地も上々!

ボタンやロゴマークなど、ディテールにまでゆきとどくアルマーニデザインも嬉しい。



REPLAY HYPER FREE テーパードデニム 34,560円

驚異の伸縮性による履きやすさと、デニム本来の色落ちやデザインも楽しめることで多くのファンを抱える REPLAYの「HYPER FLEX(ハイパー フレックス)」シリーズ。その進化系とも言える「HYPER FREE」がこの春、満を持してデビュー!ゆったりとした腰回りからゆるやかにテーパードとなるシルエットは、サルエルパンツのような感覚で履きこなしたい。


REPLAY HYPER FREE デニム 34,560円

ストレッチ性が35%アップ、重量が150g軽くなったというのだから、今回のアップデートにかけるブランドの意気込みを実感していただけるだろう。スリムシルエットも使いやすい3色が揃う。
アバハウス ラストワード entre amis デニムパンツ 28,080円

ピッティ ウォモでも高評価を得るナポリ出身の新進ブランド「entre amis(エントレ アミ)」から、トラウザーライクな大人仕様のデニムが入荷。老舗生地メーカーを親会社にもつパンツ専業ブランドならではの、柔らかく履き心地のよい生地、美しいシルエットはぜひ履いて実感を!

ロゴを模したメタルパーツや、インポートらしいレザーパッチも、どこか上品な雰囲気。デニム=ラギット、あるいはデニム=カジュアル という解釈を大きく広げてくれそうな、今話題の一本なのだ。


ストララッジョ イル ドゥエ
eデニム ホワイトブルーダメージデニム 41,040円

ジャパンデニムの聖地 岡山生まれの「eデニム」は、いまや各レセクトショップやデニムマニアの間でも引っ張りだこ!新作は、春にぴったりなホワイトデニム・・・と思いきや、ブリーチをかけてインディゴをぬいた加工というのもニクい。


ストララッジョ イル ドゥエ eデニム  34,560円

「とにかく、まずは一度履いてみてください!」というスタッフの言葉通り、スウェットパンツのような履き心地に、骨抜きにされるファンも続出中。履きこんだような加工、きめ細やかなダメージやリペアの表情も他とは一線を画す、個性的な逸品デニムをご堪能あれ。


阪急メンズ東京 6階・7階 紳士服
ガス(直通電話番号 03-6252-5416)
アルマーニ ジーンズ(直通電話番号 03-6252-5370)
リプレイ(直通電話番号 03-6252-5115)
アバハウス ラストワード(直通電話番号 03-6252-5430)
ストララッジョ イル ドゥエ(直通電話番号 03-6252-5133)

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.02.15 07:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • カラージュブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • 3rd STYLEブログ
  • ギフトコンシェルジュ
  • ビューティー&リラクシング(BEAUTY & RELAXING)
  • ヴィンテージ&リバイバル(VINTAGE & REVIVAL)