表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

「ジャラン スリウァヤ」のポップアップへ急げ

阪急メンズ地下1階の紳士靴フロアで近頃人気に火がついているのが、貴重なハンドソーン・ウェルテッド製法を貫くインドネシアブランドの「ジャラン スリウァヤ」。返りの良さ、耐久性、フィッティングの高さの3つを高次元で追求した靴の真髄とも呼べる一足を、非常に魅力的な価格で提供する。阪急メンズではその人気にお応えして、阪急メンズ限定商品を含めたポップアップイベントを1月16日〜1月29日まで開催している。

 

 


タッセルスリッポン「98811」 各34,560

まずひとつめは、光沢の美しいハイシャインカーフを使用したタッセルローファー。ジャケパンでのビジネスや休日の革靴スタイルに、ちょっとした遊びを取りれたい人におすすめのモデルだ。また、通常のカーフでは出せない深みのあるボルドーカラー(写真奥)は、黒靴感覚で取り入れるだけで足元をお洒落に演出してくれる貴重な色でもある。

 

 


スエードダブルモンク「98656」 各36,720

イタリア男御用達のダブルモンクストラッップは、ダブルのスーツやコートスタイルに色気を足してくれる絶好のセレクト。こちらの阪急メンズ限定カラーであるネイビーとダークブラウンなら、さらに差別化された色気を加えてくれそうだ。丸みのあるEDWARDのラストでほどよくカジュアルな顔になっており、普段使いしやすいのもうれしい。

 

 


ストレートチップ「98317」 各30,240

「ジャラン スリウァヤ」で一番人気のモデルが、こちらのシンプルなストレートチップ。冠婚葬祭やビジネスシーンなど、大人として一足は持っていたいモデルだ。そんな大人のマストハブアイテムが、ハンドソーン・ウェルテッド製法の「ジャラン スリウァヤ」というのは、実に理にかなった選択と言えよう。

 

 


ストレートチップ「98321」 30,240円

「ジャラン スリウァヤ」の人気を文字通り下支えしているのが、ソールに採用したダイナイトソールだ。天候を気にせず使えるラバー性であり、耐久力も高い。それでいてそうと見えないエレガントな見た目が、「ジャラン スリウァヤ」の素晴らしさなのだ。

 

 

阪急メンズ東京 地下1階 紳士靴
(直通電話番号03-6252-5276

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.01.16 07:00

”いますぐ使える”防寒小物リコメンド

寒さが本格化する1月・2月は、防寒とお洒落を同時に叶えてくれる小物を重宝する季節。ということで、今回は見た目にも実用的にも”いますぐ使いたくなる”グローブやマフラーを、阪急メンズ地下1階からピックアップしてお届けする。個性と実用を兼ね備えた一品は、いますぐ使えるギフトとしてもおすすめだ。

 

 

 

「アンダーハンデッド」のグローブ 各6,912

 

グローブを単なる防寒アイテムから個性をアピールするためのファッションアイテムへと昇華させたアメリカのファクトリーブランド「アンダーハンデッド」の新作。左右で異なるデザインや、左右揃うことでひとつのイラストが完成するといった、アート要素をふんだんに取り入れた遊び心溢れるデザインに加え、ファクトリーブランドならではのノウハウと技術が生む高いフィット感も自慢だ。

 



グローブ(阪急オリジナル) 各10,800

”グローブはフィット感こそすべて”をコンセプトにつくられた阪急メンズのオリジナルグローブ。2027cmまでの細かなサイズ展開に加えて、指の長さに合わせてSMLというフィンガー3サイズを揃えた、かつてないグローブ。シンプルで万能なデザインを、あなたの手にピタッとハマるサイズ感で楽しめる。

 


 

「チェザーレ ガッティ」のマフラー 27,000

カシミヤ100%のストールといえば、大人のリッチな冬の着こなしには欠かせないアイテムのひとつ。それを極限までシンプルに仕上げることで、カシミヤの光沢を最大限に活かしたのが、1948年創業のイタリアの老舗ブランド「チェザーレ ガッティ」のカシミヤマフラーだ。

 

 


好きな色が必ず見つかる22色のカラバリ

数々の有名ブランドのOEM(委託生産)を請け負う同ブランドの品質は、世界が認める折り紙つきのクオリティ。さらにカラー展開は絶妙な濃淡を含めた22色なので、ご自身の鉄板コーデに合わせたチョイスが可能。

 

 

阪急メンズ東京 地下1階 シーズン雑貨
(直通電話番号03-6252-5274

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.01.14 07:00

「ディースクエアード」で”PUNK”な冬のお洒落を

秋冬のシックになりがちな着こなしを垢抜けさせてくれるアイテムとしておすすめなのが、「ディースクエアード」の”PUNK”をテーマにしたインパクトの強い新作コレクション。赤と黒を基調としたアイテムは、デニムと合わせることでさらに"PUNK"テイストを増してくれるので、「冬でもデニム」なあなたには見逃せないコレクションとなっている。

 

 

チェックカーディガン 103,680

 

PUNKを象徴する赤と黒のチェック生地をフロントに配したハイゲージニット。華やかなチェック柄は冬場にはジャケットの下に差して、春先にはアウターとしてマルチに活躍。ダブルジップゆえ着脱が容易なのもうれしい。

 

 

スウェット 73,440

 

樹脂加工を施した、まるでレザーのような光沢感が特徴の黒スウェット。リラックスした定番着でありながら、その特異な素材感と大胆なメッセージプリントによって、強烈な個性をもつ一枚に仕上がっている。

 

 

クールガイ ジーンズ 73,440

 

数あるジーンズの中でも最も正統なデザインとしてファンが多い「クールガイ」。ダークトーンで加工感も少ないため、ジャケットなどの大人カジュアルに合わせやすい。さらに今季の新作はベルトループにロゴ入りのストラップが付いて登場し、歩くたびアイコニックに揺れるのが特徴だ。

 

 

タイディーバイカー ジーンズ 77,760

 

ダメージ加工が男らしさを加速させる黒デニムは、国内で安定した人気を誇る「バイカー」。高いストレッチ性に加え、フライフロント部の通常赤タグを黒タグに変更し、オールブラックの都会感溢れる仕様になっている。

 

 

新作パッチで後ろ姿もキマる

 

「バイカー」の新作では、後ろのパッチポケットに赤と黒のPUNKパッチを配しているのもポイント。去り際を印象的に演出してくれるのも、ディースクエアードならではの魅力だ。

 

 

阪急メンズ東京 2階 ディースクエアード
 (直通電話番号03-6252-5328)

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.01.11 07:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ