表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

“The 2nd ANNIVERSARY” シューズ&バッグフェア2013
靴を愛する貴方に送る「靴を丁寧に履く」ためのシューケアイベント
【地下1階 イベントスペース/シューリペア工房】

こだわりを持って手に入れた“靴”の経年変化をどのように楽しむか、入念なケアやオリジナルのアレンジを加えることも、靴をこよなく愛する男性にとっての醍醐味と言えるだろう。

阪急メンズ東京が2周年を迎えるにあたって開催する「シューズ&バッグフェア」with 「メンズEX」は、最新作や限定品の紹介だけでなく、ケアやアレンジのイベントも行う。ぜひ、大切な靴と一緒に足を運んでいただきたい。

『R&D』
M,モゥブレィやWOLYの代理店として知られる「R&D」社のシューケアマイスターが来店。ケアの実演を行うだけでなく、シューケアの具体的なアドバイスを受けることも可能だ。

なんと、スエードを雨の日に履きたくなるメンテナンス術や革靴の水洗いなど、実演を交えたプロのお手入れ術が間近で見ることができるのだ。特に、手入れを怠ったがために毛羽立ち艶を失ったコードバンを前に、残念な思いをした方には「コードバン復活術」などは必見。あきらめかけていた靴を蘇らせてみてはいかがだろうか。

■「R&D」シューケアマイスターによるトランクショー
日時:10月19日(土)、20日(日)
●13:00~ スエードのメンテナンス術
●15:00~ コードバンのお手入れ術
●17:00~ 革靴の水洗い実演
※各コース約30分
場所:地下1階 イベントスペース



『コロンブス』
80年の歴史を誇る、日本を代表するシューケアメーカー「コロンブス」からは、カラーカスタマイズをご用意。手持ちの靴を薄めの色から違った色に塗り替えることで、まったく新しい装いへ変化させてくれる。

ファッションのトレンドや自分の少し変化した好みに合わせたカラーにすることで、眠っているあの靴をまた履いてみてはいかがだろうか。

■「コロンブス」シューカラーカスタマイズ
期間:10月17日(木)、19日(土)、21日(月)
価格:15,750円から
お渡し:約1ヵ月後

※スムース革のみ対象となります。(起毛革、ガラス革、コードバン、オイルレザー、エキゾチックレザーなどは承れません。)
場所:地下1階 イベントスペース


『シューリペア工房』
さりげなく“世界で一つ、自分だけの靴”に仕上げてくれるのは、阪急メンズ東京 地下1階 靴好きのためのシューリペア工房だ。

飾り釘によるイニシャル装飾を、ソールに行うというなんとも珍しいイベント。

土踏まず部の傷のつきにくい部分に装飾する、ほかではなかなか行っていないスペシャル感をぜひ楽しんでいただきたい。


■「シューリペア工房」ソールイニシャル装飾受注会
期間:10月16日(水)~22日(火)
価格:両足1文字ずつ 2,100円、片足1文字のみ 1,575円
お渡し:約1週間後
場所:地下1階 シューリペア工房

※ハーフラバーを張った状態でも装飾できます。オリジナルデザインのソール、薄いソール、フィドルバックは要相談。

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.10.17 12:00

“The 2nd ANNIVERSARY”
生涯の1足を手に入れるシューズオーダーイベント「シューズ&バッグフェア」with「メンズEX」【地下1階 紳士靴】

阪急メンズ東京の2周年を迎えるにあたって開催されるスペシャルなイベント「シューズ&バッグフェア」with「メンズEX」10月16日(水)~29日(火)の2週間は、通常ないモデルの販売やオーダー会などが目白押しだ。

なかでも、靴のファンにとって垂涎の的である靴ブランドが、特別に行うオーダー会は、ぜひとも“生涯の1足”として手に入れていただきたい。


『GAZIANO&GIRLING(ガジアーノ&ガーリング)』
トニー・ガジアーノ氏来店
シューズデザイナー・モデリストとしてチーニー、ジェフリー・ウエストを経て、エドワード・グリーンにて活躍したトニー・ガジアーノ氏。

ジョン・ロブ ロンドン、ジョージ・クレバリー、エドワード・グリーンのビスポークアウトワーカーとして活躍したディーン・ガーリング氏。

この2人によって2006年に設立された新鋭ブランドが「ガジアーノ&ガーリング」である。ガジアーノ&ガーリングの靴に誰しもが驚きを隠せないのは、限りなくビスポークに近いクオリティの靴が既製靴として店頭に並んでいるからだ。

伝統にもトレンドにも捉われず、確かな技術を注ぐのは“自分たちが本当に良いと思って作る靴”であるということ。彼らの真摯な靴への情熱が、靴好きならずともガジアーノ&ガーリングの虜になる理由だ。

今回は、なんと1日限りの「ビスポーク&パターンオーダー会」を開催。トニー・ガジアーノ氏も来店するので、この絶好の機会をぜひとも逃さないよう足を運んでみてはいかがだろうか。

「ガジアーノ&ガーリング」ビスポーク&パターンオーダー会
◆10月23日(水)、10月24日(木)
◆オーダー価格
・ビスポーク 699,300円~
・パターンオーダー 197400円~
※ビスポークの納期は約12ヶ月後になります


『Marquess(マーキス)』
川口昭司氏来店
かの有名なエドワードグリーンや、前述した「ガジアーノ&ガーリング」の靴職人として、数多くビスポークシューズの製作を手がけた川口 昭司氏が2011年に立ち上げたブランドが「マーキス」である。

2002年英国の靴職業訓練校にて伝統的な靴づくりを学んだ後、ジョージクレバリーやジョンロブパリのビスポーク職人に弟子入り。2008年帰国後、英国のビスポーク靴店の職人として靴の製作を手掛ける。

2日限定の「マーキス」ビスポークオーダー会では、川口氏本人が来店し“採寸”を行う。

履き馴染みの良いハンドソーンウェルテッド製法に、英ベーカー社製オークバークレザーをアウトソールに使用したビスポークシューズは、川口氏の手によって最高の履き心地をもたらしてくれる。ぜひ、自分だけの1足を手に入れていただきたい。

「マーキス」ビスポークオーダー会
◆10月26日(土)、27日(日)
◆オーダー価格 333,900円~
※ビスポークの納期は約12ヶ月後になります


『STEFANO BRANCHINI(ステファノ ブランキーニ)』
ステファノ・ブランキーニ氏来店
イタリア靴の代表的ブランドである「ステファノ・ブランキーニ」。ノルベジェーゼ製法の独特なコバの張り出し、スマートなフォルム、絶妙なカラーグラデーションを織り成すパティーヌなど、断トツのセクシーさに目を奪われる。

13歳から靴づくりを始めたイタリアを代表するアルティジャーノ、ステファノ・ブランキーニ氏自らが来店する2日限りの贅沢なカラーオーダー会で、その魅力を存分に味わっていただきたい。

「ステファノ ブランキーニ」カラーオーダー会
◆10月18日(金)、19日(土)
◆カラーオーダー価格
・ドレスシューズ 90,300円~
・スニーカー 59,850円~

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.10.16 12:00

“The 2nd ANNIVERSARY”
「阪急メンズ、総グレイ化現象!」モノトーンコーディネイト術をリコメンド

阪急メンズ東京10月のマンスリーテーマ「モノトーンロンドン」では、シックで落ち着いたモノトーンアイテムを使った、洗練された都会的なスタイリングを紹介している。
発売中の雑誌「メンズクラブ」11月号では“阪急メンズ、総グレイ化現象!」として、阪急メンズのモノトーンコーディネイト術を紹介するとともに、館内でもスペシャルウィークの期間中、それぞれのコーディネイト術を阪急メンズ東京のスタッフが紹介した。
今回は、ディスプレイ展示期間にご来店いただけなかった方のために、モノトーンコーディネイト術をご紹介しよう。


■5階「ニューヨーカー バイ ケイタマルヤマ」
柄使いで遊び尽す、総グレイのコーディネイト。
スタッフ:栗原 里佳

総グレイのワントーンコーディネイトなのに、なぜか気になる。その秘密はデザイナー丸山敬太氏のアメトラをベースにした遊び心のなせる業。細いヘリンボーン柄のジャケットにグレンチェックのベスト、太幅のストライプのネクタイと3つの柄を混在させながら、すっきりと見えるのはベースをグレイでまとめているからです。

ジャケット 51,450円
ベスト 22,050円
シャツ 13,650円
タイ 9,975円
パンツ 21,000円 




■6階「ジョゼフ オム」 
ノンストレスのツイード調の素材で、軽やかなエレガントスタイルを。
スタッフ:長谷川 雄

グレイのジャージージャケットは、メランジ調のツイル素材なので、見た目はツイードライク。伸縮性があって重さを感じさせない仕上がりで、タイトな設計なのにノンストレスで着用可能。同系色のボトムを合せ、インナーやアクセサリーに濃い目ミッドナイトのボウタイやチーフを挿してエレガントに装えば好印象間違いなしです。

ジャケット 40,950円
シャツ 17,850円
パンツ 27,300円




■5階「ニューヨーカー」 
ヘリンボーンジャケット×レジメンタルベストで、都会的アメトラ総グレイコーデを。
スタッフ:斉藤 亮介

キーアイテムのグレイのヘリンボーンジャケットは伸縮性に富んだジャージー素材。カントリーテイストのジャケットとは一線を画す、柔軟性が魅力のジャケットをトラッドブランドらしいレジメンストライプのベストをアクセントに、洗練されたトーナルカラーでコーディネイトしました。

ジャケット 45,150円
ベスト 29,400円
シャツ 11,550円
タイ 11,550円
パンツ 19,950円




■5階「マッキントッシュ フィロソフィー」
異なる素材感と色のグラデーションを利かせた、大人グレイコーディネイト。
スタッフ:五十嵐 拓哉

ワントーンでまとめるコーディネイトの見本ともいえるテクニック。世界一とも言われるフォックスブラザーズのフランネルに、ベストにはニット、ボトムにはフレスコ調の厚手の平織り、そしてネクタイはウールのツインタイ。プレーンな素材からウーリーな素材、織りや編みなど組織の変化をつけながら、全てのアイテムにグラデーションの変化をつけた計算され尽したコーデです。

ジャケット 69,300円
ベスト 14,700円
シャツ 13,650円
タイ 12,600円
パンツ 21,000円




■6階「ダブルスタンダード クロージング  ヒム」 
イタリアンエレガントなモノトーンコーデは“グレイジュ”がキモ。
スタッフ:佐藤 奨時

モノトーンコーディネイトを艶やかに格上げしてくれるのは、グレイとベージュを掛け合せた“グレイジュ”のセットアップ。インナーはシンプルな白シャツを合わせ、スポンジのようなふくらみ感が心地よいワンウォッシュしたカシミヤのグレイストールがアクセント。シューズはあえて茶系のスエードを。よくみればこの靴、ダブルモンクのチャッカブーツ。どこまでも粋な上級コーデです。

ジャケット 65,100円
シャツ 26,250円
パンツ 31,500円
ストール 39,900円
シューズ 67,200円




■5階「Jプレス」
カントリーなアイテムたちを、都会的にまとめる実力派グレイコーデ。
スタッフ:西ヶ峰 充宏(スタイルメイキングクラブ スタイリスト)

全てのアイテムにカントリーの臭いが色濃く漂う、生地感・存在感たっぷりの素材を使ったコーディネイト。スタイリングのキーアイテムはハリスツイードのグレイジャケット&ベスト。ワンウォッシュで程よいシワ感の赤シャツに、ヘビーオンスのコーデュロイのパンツ、デニム地のハンチングとシルクネップのボウタイ。主張し合うアイテムをまとめる技は「シメとヌケ」。上半身はきっちり、ボトムはロールアップでゆるくがポイントです。

ジャケット 69,300円
ベスト 27,300円
タイ 9,975円
パンツ 16,800円
帽子 11,550円



■5階「タケオキクチ」
シックなのにエレガント。艶&トラディショナルなバランスコーディネイト。
スタッフ:石田 良

今季の注目素材「ベルベット」のグレイベストを使った、普段使いもできるドレスアップコーディネイト。英国ドーメル社製の極上ベルベットのベストと、同じくドーメル社製の高級感あふれる光沢感が魅力のネイビーブレザー、そしてシルクネップのパープルタイ。いずれのアイテムもエレガントな艶が特徴ですが、タッタソールのシャツとウインドウペーンのマットでクラシックなアイテムを足すことで、絶妙なバランスを生み出してくれます。

ジャケット 61,950円
ベスト 25,200円
シャツ 12,600円
タイ 14,700円
パンツ 16,800円



■6階「Gステージ」 
南イタリアの、洒脱な“伊達男”グレイコーディネイト。
スタッフ:瀬浦 佑介

イタリアを愛し、イタリアブランドとイタリア製にこだわるGステージからは、カットオフの圧縮ニットと、ピンクのオーバーペーンがかわいいシャークスキンのジレをキーアイテムに。ジャケットの切りっぱなし部分がラインを形成して、生地の温かみと立体感を印象付けてくれます。仕上げは今年注目の“冬の白パン”で、きっちりとイタリアの洒脱な伊達男に。


ジャケット 48,300円
ベスト 29,400円
シャツ 14,400円
パンツ 16,590円
シューズ 37,800円



 

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.10.15 14:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ