表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

“涼しそう”こそモテる夏のキーワード -4Fセレクトの新作夏ジャケット

そろそろ“涼”をテーマにおしゃれを新調すべきタイミング。しかし、つい「自分がいかに涼しいか」ばかりを考えてはいないだろうか。自分がどれだけ涼しくても、はたから見て暑苦しければただの自己満である。「他人から見ても涼しげ」であるからこそ、夏のジャケットスタイルはモテるのだ。

 

 

「マッキントッシュ フィロソフィー」×「グラミチ」のジャケット ¥41,800、パンツ ¥14,300

TROTTERシリーズ誕生10周年を記念したコラボセットアップは、高い実用性がユーザーから支持されている「グラミチ」の特徴をフュージョンした自信作。「グラミチ」のアイコンとも言える『ガゼットクロッチ』を、ジャケットは脇下に、パンツは股下に移植。「グラミチ」の快適さを、「マッキントッシュ フィロソフィー」の格好よさで楽しめる。

 

 

「ブラックレーベル・クレストブリッジ」のトラベラージャケット ¥38,000

くっきりとした柄が美しいデジタルプリントで、同ブランドのCBチェックをグレンチェック柄で表現したジャケット。2WAYハイストレッチに、接触冷感、防シワ、ウォッシャブル機能までつけたイージーケア仕様。同素材のトラウザーズも展開しているので、セットアップとしてもおすすめだ。

 

 

「バークレイ」のワールドトラベラーセットアップ ジャケット ¥50,600、パンツ ¥20,900

ワールドトラベラーの名に恥じない、高スペックをスタイリッシュに実現した一着。ストレッチ性、家庭洗濯可能なウォッシャブル機能はもちろんのこと、高級感のあるヘリンボンプリントが心憎い。生地はクールマックスのシアサッカー地を使用しているので、見た目にもとても涼やかだ。

 

 

「ラルディーニ」のジャケット ¥64,900

あえて素材にヨレを生むステッチ使いを採用することで、素材感のあるシアサッカー素材にさらなる豊かな表情をプラスした一着。クラシカルなスーツジャケットをベースとしているのと、ウエストの前後に入れたダーツによって、カジュアルな素材をモダンなシルエットに仕立てているのが魅力だ。

 

阪急メンズ東京 4F

マッキントッシュ フィロソフィー(直通電話番号03-6252-5392

ブラックレーベル・クレストブリッジ(直通電話番号03-6252-5390

バークレイ(直通電話番号03-6252-5102

ラルディーニ(直通電話番号03-6252-5361

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2020.06.05 07:00

イイ大人のイイTシャツ -「ガラージュ D.エディット」のTシャツコレクション

たかがTシャツ、されどTシャツ。軽装でごまかしがきかないTシャツスタイルは、素材の良し悪しやデザインの良さがダイレクトに出てしまうもの。だからイイ大人が着るのは、イイTシャツでなくてはならない。そう、例えば阪急メンズがタッグを組んだ別注Tシャツや、人気ブランドのアートな一枚のように。

 

 

「ルークヴィシャス」のTシャツ ¥38,500

L.A.のカスタムハンドメイドのデザイナーが手がけるエネルギッシュな一枚は、ヴィンテージTシャツを裏返しにしてハンドペイントを施した一点もの。ストリートアートとパンクスタイルをツイストしたハンドメイドアイテムで人気を集めた、彼のプライドと実力が感じられる実に丁寧な仕事ぶりだ。

 

 

「コーヘン」のTシャツ ¥16,500

山形県の老舗ニットメーカー『米富繊維』のファクトリーブランド。ブランド名の由来である“交編”と呼ばれる、複数の素材を組み合わせて編み立てることを得意としており、こちらもその一つ。米富繊維のアーカイブニットパーツを左胸に組み込んだ、阪急メンズがオーダーをかけた特別な品だ。

 

 

「オールモストブラック」のTシャツ ¥9,900

どこかアーティスティックなこちらは、日本の美意識と世界のカルチャーの2つを融合させ、強い発信力をテーマに生み出されたブランドの一枚。彫刻家や画家、造園家などとしても広く活躍した「イサム・ノグチ」の作品をプリントした、着る人にモダンな印象を与えるTシャツだ。

 

阪急メンズ東京 6F ガラージュ D.エディット

(直通電話番号03-6252-5364

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2020.06.04 07:00

香りは目の付けドコロが勝負ドコロ -「イソップ」の新作フレグランス

フレグランスは実に多種多様。阪急メンズ東京1Fにも実に様々なブランド、香りを取り扱っているが、どれがイケてるのか正直わからない、というあなたにおすすめなのが、香りではなく“ブランドで選ぶというもの。そういう目線で見ると、「イソップ」のフレグランスなどはまさに目の付けドコロがgoodセンス。「イソップをフレグランスで!?」という、誰もが驚く新鮮さが決め手だ。

 

 

マラケッシュ インテンス オードトワレ ¥9,24050ml)、パルファム ¥10,45010ml

ハーバルな香りの「イソップ」フレグランスは、造りたい香りを先に決めて香料を調合している。そのため、甘ったるくない大人っぽい香りが特徴だ。こちらは砂漠に覆われたモロッコのマラケッシュをイメージした香りで、新鮮なフローラルとスパイスのウッディな香りが魅力の温かみのあるブレンド。

 

 

ローズ オードパルファム ¥19,80050ml

3月上旬からスタートした「イソップ」フレグランスの第4作にして最新フレグランス「ローズ」。フランスの著名なモダニストデザイナー、シャルロット・ペリアンの名を冠した和バラからインスパイア。豪奢な花を咲かせ、儚く散っていくまでのバラの一生を思わせる、強さと繊細さを併せ持つフローラルな香り。

 

 

ヒュイル オードパルファム ¥13,64050ml)

日本古代の森の深緑、静寂を思わせる落ち着きのあるスモーキーな香りで、清涼でありながらコクのあるスパイスがどこか好奇心を掻き立ててくれる。樹齢300年のヒノキの中を歩き、閃いた香りは、あなたの感覚をゆっくりと覚醒、呼び起こしてくれる。

 

 

タシット オードパルファム ¥12,65050ml

調香師、セリーヌ・バレルとのコラボレーションから生まれた「タシット」は、親しみのあるシトラスノートにバジルグランベールの香りを組み合わせた爽やかな香り。それとなくわかる、とらえどころのないタシットな香りは、ミステリアスな男性像を演出してくれる。

 

阪急メンズ東京 1F メンズビューティー

(直通電話番号03-6252-5286

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2020.06.03 07:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ