表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

香港スタイルの「茶記」涼しいひと息を

本場香港の茶葉を贅沢に使ったタピオカドリンクで、ショッピングの合間の憩いの場となっている「茶記」。この夏登場した新ドリンクは、暑いこれからの季節に最適な涼しい一品だ。レギュラードリンクと合わせて、買い物に思わず熱が入ってしまうあなたに涼やかなひと息を。

 

 

ココナッツマンゴースムージー Mサイズ¥680Lサイズ¥780

 

ココナッツミルクの白と、マンゴースムージーの鮮やかな黄色のコントラストが涼しげな、インスタ映えの新作ドリンク。ココナッツミルクだけで、マンゴーだけで、混ぜて、と3通りの味わいが楽しめる。フルーティーな甘さと疲れた体を癒すひんやりとした食感が至福。

 

 

黒糖タピオカアイス ¥580

 

夏にぴったり、という意味で忘れてはならないのが、こちらの人気定番「黒糖タピオカアイス」。沖縄黒糖の味が染み込んだタピオカにのるのは、すっきりとした後味が心地よい黒糖アイス。黒糖タピオカと黒糖アイスが織りなす豊かな香りに、タピオカとアイスとの異なる食感がこれまた至福。

 

 

茶記黒糖タピオカドリンク Mサイズ¥700Lサイズ¥780

 

たっぷりのふわふわミルクフォームに、北海道生乳100%の豊かなコクを実感できる「茶記黒糖タピオカドリンク」。ミルクに溶け出す黒糖の風味と、もちもち食感のタピオカとのコラボレーションが病みつき。

 

阪急メンズ東京 6F 茶記

(直通電話番号03-6252-5395

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.08.01 07:00

「ダーミ」でつくる、ここだけのワニ革スニーカー

スニーカーが足元のメインストリームである昨今。ただのスニーカーを履くのか、それとも被り知らずなこだわりのスニーカーを履くのか、あなたはどちらを選ぶだろうか? 当然答えは後者であろう。となれば、行き先はただ一つ。世界最高峰ともいわれるワニ革を贅沢に使用する、「ダーミ」のオーダー会をおいて他にはない。

 

 

「ダーミ」のパターンオーダー会を開催 7.31(WED)~8.13(TUE)

 

世界トップクラスのなめし技術を誇るヘンロン社からワニ革を仕入れ、イタリアの熟練職人が丹念に作る「ダーミ」のスニーカー。一度アッパーを組み上げたあとにドラム染色を施すため、ワニ革でありながら革がとても柔らかいのが特徴だ。今回のパターンオーダー会ではその魅力を引き継ぎつつ、デザインが6種、アッパー24色、ソール2色を自由に組み合わせてオーダーすることができる。

 

 

例えばこんな色もパターンオーダーなら可能に

 

通常お店で展開していない色をオーダーできるのが、期間限定のパターンオーダー会ならではの魅力だ。例えばここに並べたようなイエローやダークグリーンなど、ワニ革ではなかなかお目にかかれない色でも、当然パターンオーダーなら可能というわけ。ちなみに阪急メンズ東京では、今回のパターンオーダーでしか手に入らない色が約20色あるとのこと。

 

 

さらに個性的な「カラーオーダー」も

 

「いやいや、私は世界に一つだけの色が欲しい!」というあなたには、さらなる個性的な一足を可能にする「カラーオーダー」がおすすめ。これは染色前の革を手染めする方式なので、あらゆる色の指定が可能なうえ、グラデーションやカモフラといった柄にも対応できるという。デザインは写真の2型からセレクトできる。

 

 

タトゥーオプションでさらにインパクトをプラス

 

「カラーオーダー」で作ったスニーカーには、さらに特別に「タトゥー」というオプション(¥25,000)が選択可能。これはレーザーでスニーカーの側面に柄を焼き入れるもので、龍、虎、般若、鯉、ワニ、鳳凰の6つのイラストから選ぶ。写真を持参すれば、好きなものをイラスト化して焼き入れることもできるので、まさに世界に一つだけのスニーカーが完成する。

 

阪急メンズ東京 5F スニーカーワールド

(直通電話番号03-6252-5267

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.07.31 07:00

「ヴィンタイム」で見つける時計の真の魅力とは?

時計はそのもの自体にも当然価値はあるのだが、本当の価値とは着用した本人の“時”が文字盤やベルト、ケースなどに刻まれる点にある。トランクケースやパスポートと同じで、一緒に時を刻むから時計は格好良くなっていくのだ。そのためには“最愛の一本”に出会わなければならないわけだが、果たしてその“最愛の一本”……もしかしたらヴィンテージウォッチを取り揃える7Fの「ヴィンタイム」で見つかるかもしれない。

 

 

「OMEGA 」シーマスター ¥170,640

 

1968年当時のスタンダードなシーマスター。オリジナルのSSブレスが装着されていて、ケース、ベゼル、ダイヤル全てが状態良く残っている希少なモデルだ。自動巻きのムーブメントが搭載されているので信頼性も高い。

 

 

「IWC 」1960年代製 ¥194,400

 

“オールドインター(=ヴィンテージIWCと呼ばれる、ヴィンテージウォッチコレクターには垂涎の一本。文字盤のコンディションも美しく、腕元から清潔感が薫る時計だ。ペラトン式と呼ばれる自動巻きムーブメントを搭載し、故障しにくい信頼性も備える。

 

 

「OMEGA 」コンステレーション Cライン ¥172,800

 

6時位置のスターモチーフがさり気ないアクセントになった、“時計界のピカソと称されるジェラルド・ジェンタ氏デザインの1968年製。表面に細かな素材感を与えた特徴的なダイヤルと、ホワイトゴールド製のベゼルが最高機種であることを雄弁に物語ってくれる。SSブレスレットが純正である点も素晴らしい。

 

 

「ジャガールクルト」 1960年代製 ¥321,840

 

名門ブランドの18金無垢ケースと、シンプルで無駄のないダイヤルデザインに洗練された空気感を宿す1960年代製モデル。薄手で腕に装着した画も実にエレガント。絶妙に黄味がかったグレーのクロコベルトと焼けたダイヤルのグラデーションに、時の美しい流れを感じる上品な一本だ。

 

阪急メンズ東京 7F ヴィンタイム

(直通電話番号0-6252-5451

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.07.30 07:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • カラージュブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • 3rd STYLEブログ
  • ギフトコンシェルジュ
  • ビューティー&リラクシング(BEAUTY & RELAXING)
  • ヴィンテージ&リバイバル(VINTAGE & REVIVAL)