表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

ブレイクタイムは「ザ・モノクル・カフェ」で!
【地下1階 THE MONOCLE CAFE】

6月からメニューがリニューアルしたザ・モノクル・カフェ。もう足を運んでいただいただろうか。

リニューアルしたメニューは、以前にも増して「モノクルらしさ」を感じるラインナップ。さっそくご紹介しよう。

まずは、マスタードをきかせたチーズトーストに、卵をのせた「モノクルレアビット」(800円)。イギリス料理のバックレアビット(Buck Rarebit)を基本とした、半熟の卵が食欲をそそる一皿。オーダーが入ってからトーストするので、出来たてが食べられるのがうれしい。

レタス、スナックエンドウ、トマト、豆など。色とりどりの種類豊富な野菜がキレイな「ミドリサラダ ウィズ ブレッド」(850円)。

ライ麦ブレッドには仕上げのオリーブオイル、サラダにはタイラー氏お気に入りのフレンチドレッシングをかけて。モノクルオフィスの名称、ミドリハウス(Midori House)をイメージしたスペシャルなサラダ。

ボリュームたっぷり。デンマークのオープンサンドウィッチ「スモーブロー」。(900円)

ライ麦ブレッドにスモークサーモンやエビ、野菜で彩られたオープンサンド。真夏でもさらりと食べられそうなみずみずしい一皿。あっさりしたメニューは夏に欠かせない。

そして、ザ・モノクル・カフェのシェフ渾身のプレートメニュー「ハッシュドビーフ」(900円)が登場。

国産牛肉をふんだんに使用。たっぷり入ったきのこの歯ごたえもよい。じっくり煮込んでいるので、しっかりした旨味が味わえる本格的なハッシュドビーフ。仕上げにのせたサワークリームでコクをプラス。健康を考えた10穀米がうれしい。

新しいデザートも登場。(写真手前から)

モノクルのロゴをあしらったスペシャルデザート「モノクルティラミス」(600円)。ティラミスは、マスカルポーネチーズとエスプレッソを使ったイタリアのデザート。マスカルポーネの深く濃厚な味わいが楽しめて、コーヒーとの相性も抜群。

ヴィクトリア女王が好んでいたことから命名されたという「ヴィクトリアサンドイッチケーキ」(600円)。しっとりしたスポンジケーキにベリージャムとバタークリームを挟んだクラシックなケーキ。紅茶と共に味わえば、英国にいるような気分に。

そして、特にニュースなのが、毎日午後5時から楽しめる「ハッピーアワー」というプラン。

冷たいビールの美味しいこれからの季節にぴったり。ビール1本にデリ1品をプラスして、ジャスト1000円。写真の「野菜のゼリーよせ」や「玉ねぎのオーブン焼き」といった軽いデリメニューと、味わい深いビールを一緒に。

特にビール選びにはこだわりが。「COEDO 漆黒~Shikkoku~」。濃密な泡と非常に滑らかな口当たりがたまらない贅沢な一本。程よい飲みごたえは、黒ビール初心者にもおすすめ。

そして、タイラー氏のお気に入り、苦みが少ない「八海山泉ビール/ヴァイツェン」。フルーティーな香りと柔らかな酸味が特徴。

仕事終わりの軽い一杯や、デートの締めに。また、お一人様でもオーダーしやすいザ・モノクル・カフェの「ハッピーアワー」は、お試しの価値あり!

ご存じの通り、ザ・モノクル・カフェは、英国のグローバル情報誌「MONOCLE(モノクル)」編集長タイラー・ブリュレが手掛ける世界でただ一つのカフェ。ご紹介のメニューが食べられるのは阪急MEN'S TOKYOだけ。しかもアクセスの良い地下1階。ゆったりとした空間で、モノクルでも読みながらコーヒーやビールを飲めば、何か素敵な思いつきがあるかもしれない。

阪急MEN'S TOKYOのカフェ情報はこちら

【関連記事リンク】
世界初「THE MONOCLE CAFE」コージーな空間をあなたに
「THE MONOCLE SHOP」タイラー氏の愛するコラボレーション
WEBラジオMONOCLE24
「THE MONOCLE CAFE」プレゼントにハイセンスな雑貨を


阪急MEN'S TOKYO 地下1階 ザ・モノクル・カフェ

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.06.12 12:00

阪急MEN'S TOKYO(阪急メンズ・トーキョー)
父の日スペシャルギフトセレクションPART2

阪急MEN'S TOKYOお勧めの父の日スペシャルギフトセレクション。第2回は、予算別にアイテムをセレクト。【10,000円~15,000円未満】【5,000円~10,000円未満】【2,000円~5,000円未満】の3つの価格帯で推奨ギフトを紹介しよう。

10,000円~15,000円未満
父の日ギフト定番アイテムのポロシャツも、ディティールの工夫やクールビズ兼用など今年らしいこだわり要素が満載。(左上から時計回り)
■「MACKINTOSH PHILOSOPHY(マッキントッシュ フィロソフィー)」ポロシャツ 12,600円
サイズ展開:M/L/XL
襟立ちにこだわったポロシャツ。襟裏のギンガムチェックがポイントに。
■「TAKEO KIKUCHI(タケオ キクチ)」ボタンダウン半袖シャツ 各11,550円
サイズ展開:S/M/L/LL
仕事姿もかっこよくいて欲しいから。夏にぴったり、ニット生地の爽やかなシャツ。
■「JOSEPH ABBOUD(ジョセフ アブード)」ポロシャツ 各10,500円
サイズ展開:M/L/LL
※2L/3L/4Lは6階 L&Tにて取扱いあり
豊富なカラー、サイズ展開が魅力。休日もおしゃれに過ごすお父さんへ。
●すべて5階


欲しいけれど・・・。自分で買うと、つい後回しになりがちなIDケースやカードケースを気の利いたギフトとして贈ってみてはいかがだろう。(左から)

■「ジョゼッペ ラバ」カードケース 各14,700円

鮮やかなカラーからベーシックカラーまで。収納上手なカードケースでスマートに。

■「ホワイトハウスコックス」IDケース 14,700円

良いものをさり気なく身に着けるビジネスマンってカッコいい。
●1階 革小物

5,000円~10,000円未満
今年の夏はスーパークールビズ。通勤やオフィスなどオンタイムの時間を快適に過ごすための優れものをセレクト。

「HITOYOSHI(ヒトヨシ)」半袖シャツ 各8,925円~9,975円
人気のファクトリーメード「ヒトヨシ」が初めて送りだす大人顔の半袖シャツで差をつける。
■「ランパス」ネクタイ 各7,140円
手にとって初めてわかる。驚きの軽さを実現したネクタイなど。
●地下1階 シャツ/ネクタイ

■扇子(阪急限定)各5,250円
スーツやシャツに使われるチェックやストライプのクラシックパターンの扇子はビジネスシーンに最適。
●地下1階 イベントスペース

■「PRARIE(プレリー)」ファスナー付小銭入れ 8,400円/ファスナー付小銭・カード入れ 6,300円

パンツにすっきり、安心収納なファスナー付の革小物。
●1階 小物


2,000円~5,000円未満
手ごろな価格でも中身は充実。実用アイテムから趣味性アイテムまで。
■ケース付シューホーン 各3,990円
型押しクロコの携帯用のシューホーン。本体は二つ折りになりさらに小型に。
革靴派のお父さんには是非勧めたい。
■「F.D.S.」ステテコ 各3,150円
前閉じ仕様なので人に見られても大丈夫なステテコ。裾をロールアップするとチェックやストライプが現れる。
●すべて地下1階

■「KIEHL'S(キールズ)」スキンケアアイテム
(アフターシェーブモイスチャライザー 2,940円/ブラシレスシェーブクリーム ホワイト2,625円/フェイシャル フュール モイスチャライザー SPF15 3,675円)
お肌のケアも男の身だしなみ。シェービングケアや日焼け止めアイテムでいつもダンディに決めて。
●1階 メンズビューティー

【関連記事リンク】
父の日スペシャルギフトセレクション PART1
ギフトにおすすめ「GANZO」「fico」の革小物
ステテコの季節、到来!
喜んでもらえるギフト【革小物】

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.06.11 12:00

3日間限定!カラーオーダーバッグ・革小物で贅沢を味わう。【1階 MAISON TAKUYA(メゾンタクヤ)】

※ご紹介のオーダー会は終了致しました。

国内外の審美眼を持つ人々が、絶大なる信頼を寄せる高級皮革製品ブランド「メゾンタクヤ」。6月8日、阪急MEN'S TOKYOでは初めてのカラーオーダー受注会がスタート。とはいえ、たった3日間だけのレアイベント。さっそくその様子をご紹介しよう。

まず目を奪うのは、上品で発色の美しいブルーのトートバッグ。ハンドルにオーストリッチをあしらった仕様が何ともラグジュアリーな雰囲気。

リッチな質感の牛革は、メゾンタクヤならではの高級感を演出している。こちらのカラー「インディゴ」は新色として登場。他にはない、潔く鮮やかなカラーが
、これから夏に向かう気分を盛り上げてくれそうだ。

また、すべて牛革で仕上げたタイプも。程よい存在感のトパーズブルーも新色。そのほか、全14色から自分だけのカラーをセレクトできるのは今だけ。

カラーによっては革の裏側の発色が極めて美しいものがあったり、この先何年でも使い続けたいベーシックなカラー、またコーディネイトの中心として楽しめるカラーまで豊富に揃う。

カラーオーダーは、バッグだけでなく店頭展開商品全アイテムに対応。この期間だけ展示されているアイテムも多いので、一見の価値あり。

そして最後に、贅沢の極みと表現したくなるほどゴージャス感漂うワニ革のバッグ。


ウロコ模様の大きさからわかるのは、いかに大型のワニを材料にしているかということ。なんと40年物の野生ワニだというのだから凄い。しかも、それを十字に裁断してバッグに仕上げた超逸品だ。

内側の底やハンドルにも同じ革を贅沢に使用しているのもメゾンタクヤらしい。このバッグは、特に稀少性の高いワニ革を使用しているためブラックのみの展開だが、この機会を逃すと店頭で見ることさえ出来ないので、ぜひ店頭で実際にご覧になってみてはいかがだろうか。

メゾンタクヤ カラーオーダー受注会
期間:2012年6月8日(金)~10日(日)
場所:1階 バッグ・革小物

【関連記事リンク】
何色が好き?「メゾンタクヤ」ITコレクション





◆ご紹介のアイテム
ユニブリーフ(牛革)99,750円
ユニブリーフ(牛革×オーストリッチ)168,000円
ソフトートスペシャル(ワニ革)2,205,000円
※ソフトートは小型ワニの革にヤギ革のライニングをあしらったタイプ(1,575,000円)もございます。
※オーダー料金などについて、詳しくは店頭スタッフにお問い合わせくださいませ。
※ご紹介のアイテムは、受注会期間中のみ展示するものもございます。

阪急MEN'S TOKYO 1階 バッグ・革小物「メゾンタクヤ」

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.06.09 12:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ