表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

あなたなら、どのデニム?? 「ARMANI JEANS」の“2013年秋冬おすすめデニムコンテスト” 【4階 アルマーニ ジーンズ】

イタリアを代表するラグジュアリーブランド「ジョルジオ アルマーニ」。そのカジュアルラインとして展開させる「ARMANI JEANS(アルマーニ ジーンズ)」では、11月13日(水)~11月19日(火)の期間中、4階イベントスペースにて『2013年秋冬おすすめデニムコンテスト』を開催している。早速、コンテストにエントリーされているデニムの“魅力”に迫りたい。

■ヴィンテージ加工を施したユーズド感溢れるモデル“U6J16”
3Dヒゲ加工と履き込んだ感のある色褪せ具合が、ヴィンテージ好きにはたまらない味のあるデニム。ローウエストかつ、ロークロッチシルエットの腰履きのタイプだ。

ヒップにゆとりをもたせつつも裾にむけてテーパードさせ、視覚的に足を綺麗に見せてくれる。また、ストレッチ素材が入っているので柔らかい履き心地も魅力的。

■メイドインイタリーのスペシャルモデル“U6J15”
スタンダードなシルエットだが、横糸にピンクを用いて編まれたデニム。そのため、表地は縦糸のインディゴカラーがうっすらとピンクがかって見えるのが特徴だ。

ヒップポケットについたロゴや、ミミ部分が他のデニムでは見られない仕様になっていることに注目していただきたい。

■環境に優しい加工を施したエコデニム“U6J12”
従来の水洗い加工に革新をもたらし、環境に配慮した技術“オゾン加工”と“レーザー加工”を施したエコデニム。トーンの大きく違うしっかりした“あたり”を出すことで、深い味わいが出ている。

股上に深くゆとりがあり、ウエストもやや大きめなのでヒップハングして履くのがおすすめ。裾にかけテーパードさせているため、スリムに見えるシルエットもポイント。

※オゾン加工…空気中からオゾンを生成し、オゾンの酸化作用を利用して脱色させる加工。
※レーザー加工…レーザー光線を照射して加工すること。薬品を使わないのでエコである。

■落ち着いたきれいめボトムとしても活用できる“U6J23”
濃いインディゴの生地と同色の糸でステッチしているため、非常に落ち着きのあるデニム。

レッグはかなりタイトで、特に腿から膝下までは足のシルエットが出やすくなっている。きれいめで細身のジーンズを探していた方にドンピシャな一本だ。

■合わせやすいカラーでシーンを選ばず履ける“UMJ22”
絶妙な色褪せで、履き込んだ風合いを漂わせる洗いのかかったブラックデニム。主張し過ぎないダメージ加工や、メタリックなボタン使いなどディティールにも凝っている。

定番のストレートなシルエットは、どんなコーディネートにも合わせやすく持っていると重宝するはずだ。


デニムコンテストでは、ショップでカスタマーカードにご登録をいただき、エントリーされている5つのデニムの中からお好みのものを選んで応募すると、抽選で選んだデニムがプレゼントされるので、ぜひ期間中に売場まで足を運んでいただきたい。
※詳しいコンテストの参加方法は売場にご確認くださいませ。


【記事関連リンク】


◆ご紹介のアイテム
U6J16 30,450円
U6J15 42,000円
U6J12 32,550円
U6J23 25,200円
UMJ22 22,050円

阪急メンズ東京 4階 アルマーニ ジーンズ

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.11.12 13:00

重ね着しないウォームビズ対策で美しい佇まいを手に入れる“高機能アンダーウエア”【地下1階 アンダーウェア】

いつの時代も“いい男”の条件とは、端正な佇まいではないだろうか。どんな寒い冬でも美しい立ち姿をキープするため、現代では高機能アンダーウエアが存在する。

阪急メンズ東京 地下1階アンダーウエアのコーナーには、機能別のマトリックスが掲示されており、自分に合った機能のアンダーウエアをいち早く見つけることができるのだ。

その中から今回は、「プレジオーソ」と「シーク」をピックアップ。ぜひ、ウォームビズ環境でのスタイリングの参考にしていただきたい。

お肌の弱い男性には、防寒素材として歴史と実績のある“綿キルト”がおすすめだ。天然素材を三重構造にすることで、保温性を最大限まで高めている。安心感のある肉厚な素材がほどよいフィット感でやさしく包んでくれることまちがいなしだ。

ルームウエアとしても使えそうなカジュアルなカラーリングに、コントラストの効いたステッチが施されているのもポイント。長袖V首のみで、カーキとブラックの2色展開。

さらに寒さに弱い方には、天然の発熱素材であるウールをおすすめしたい。

オーストラリアの最高級羊毛の“スーパーファインメリノウール”という細い糸を使用しており、カシミヤにも似た風合いで、その肌触りに虜になるという人も。

ウール100%で吸湿保湿性に優れ、いつでも爽やかな着心地でありながら、暖かさは抜群なのだ。長袖と半袖ともにV首のみで、オフホワイト、ネイビー、ブラックの3色展開。

屋内外など、温度差の激しい場所を移動することが多い方には、夏のクールビズスタイルでも紹介した“Outlast(アウトラスト)”の素材がおすすめ。

人間がいちばん快適だと感じる温度(31~33℃)をキープしようと働きかける温度調節素材のため、アクティブな動きによる体温の上昇にも快適さを保とうとしてくれる。また、身体にフィットするのに伸縮性に富んだストレッチ素材のため、動きやすいのだ。

パープル、ネイビー、エンジ、ベージュ、ホワイトとカラーバリエーションも豊富で、幅広いアイテムのインナーとして着ることができる。もちろん、重ね着のごわつきを感じない薄さと、肌触りの滑らかさも抜群。NASAのために開発されたこの素材、過酷な環境で働く人にこそ手に入れていただきたい。

紹介した「プレジオーソ」の3アイテムは、いずれも阪急メンズ東京の“別注”だ。早めに足を運んでみてはいかがだろうか。


化繊素材だからこそできる薄さと、肌触りの滑らかさ。「seek(シーク)」はさらに、襟ぐり、袖口、裾周りが断ち切りのようなシームレスタイプのため、アウターにひびきにくいのだ。

生地の端はほつれにくく、サイズやブランドネームもプリントされており、肌当たりも最小限だ。

その上、プライス編みが伸縮性やフィット感を高め、身体にソフトに馴染む。タイトなシルエットのスタイリングをより美しく魅せるのだ。

グンゼの快適発熱素材「ホットマジック®」を採用しているため、1日中サラッとした肌触り。そして、深めのUネックにホワイト、ベージュの2色展開というビジネスシーンに最強のアンダーウエアなのである。ぜひ高機能アンダーウエアで、気温変化をものともしない備えをしていただきたい。



◆ご紹介のアイテム
「プレジオーソ」
綿キルト 3,990円
ファインメリノウール長袖 6,825円
ファインメリノウール半袖 6,300円
アウトラスト長袖 4,410円
アウトラスト半袖 3,990円

「シーク」
半袖 2,940円
スリムフィット半袖 2,940円
ホットマジック半袖 3,150円
ホットマジック長袖 3,675円

※サイズはすべてM、Lの展開

阪急メンズ東京 地下1階 アンダーウェア

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.11.11 16:00

男のヒップを美しく魅せる「Croota」のアンダーウエア
【地下1階 アンダーウェア(クルータ)】

スリムフィットがトレンドの今、そのタイトなファッションスタイルを美しく見せるアンダーウエアが必須だ。

そこで今回おすすめしたいのは、オーストラリア発のアンダーウエアブランド「Croota(クルータ)」。日本に上陸して間もないブランドだが、すでに人気があり急上昇を続けている。

“Cool”という意味を持つ、ロシア語の「Croota」。これまでベーシックとされていた、退屈な紳士下着のコンセプトを生まれ変わらせるべく“SAVE THE AS5”をスローガンに掲げる。
※AS5とはクルータの造語で、ASS(スラングで“おしり”)の意味

そこには「退屈な下着から救出することで、あなたのヒップを美しく見せます」という信念が込められており、シルエットやカラーリングにこだわったモノづくりを追求している。


故に「クルータ」のボクサーパンツは、ローライズでありながらしっかりと身体にフィットすることでヒップを支え、美しく魅せる。さらに、オーストラリアの大自然を意識した、明るく鮮やかな色を色彩豊かに使い人々を魅了するのだ。

アムステルダムにて思い浮かんだデザインというブラックベースのボクサーパンツは、幅広いウエストベルトに大きくクルータのロゴを配したインパクトのある1枚。クルータのアイコン的なデザインであるヒップの下側に描かれたサークル状のラインも同じカラーリングで目を惹く。

次は、タータンチェックで可愛らしく仕上げたボクサーパンツ。今シーズンのトレンドでもあるチェック柄をポップに仕上げている。

ヒップに自信があるという方や、あたりを気にする方には、Tバックもある。

しっかりしたウエストベルトが男らしさを強調。海や大地をイメージさせる落ち着いた色合いに、繊細なストライプがスパイスを効かせている。

クルータは、サイズや素材をプリントタグで表記していて、肌に当たることがないため、履き心地のよさをそのまま感じることができる。
また、プリントにメッセージを込めたボクサーパンツも発見。
“今までの退屈なインナーに反旗を翻せ”という想いをクールに表現した、ブラックの「リベリオン=反乱」。ぜひ、自分のステージをランクアップさせようと前進している人に履いて欲しい。



◆ご紹介のアイテム
ボクサーパンツ 各3,150円
Tバック 2,940円

阪急メンズ東京 地下1階 アンダーウェア

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.11.10 12:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • カラージュブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • 3rd STYLEブログ
  • ギフトコンシェルジュ
  • ビューティー&リラクシング(BEAUTY & RELAXING)
  • ヴィンテージ&リバイバル(VINTAGE & REVIVAL)