表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

「A.P.C.」のデニム。おしゃれな人のマストアイテム
【4階 アーペーセー】


トータルファッションを提案するアパレルメーカーが製造する「本格的なデニム」。今や珍しいことではないかもしれないが、その先駆けとなったブランドのひとつに「A.P.C.」が挙げられる。

ブランド設立当初よりデニムづくりに対するこだわりは尽きることなく、研究に研究を重ねて現在のかたちに到達。それゆえ、多くの人々がA.P.C.のアイコン的存在として認識しており、絶対的な信頼を寄せるファッショニスタが後を絶たないのだ。A.P.C.のデニムとは何ぞや、という方にこそ、ぜひお試しいただきたいのでさっそくご紹介しよう。

A.P.C.のデニム生地は、しっかり厚みを持たせ、こだわりの14.8オンス。オールドリーバイスを生産していたものと同種の織機(力織機)を使用して生産されており、一部のモデルを除き、赤耳付き。生地の段階で加工を施しているため、洗濯によるねじれが起こりにくく、ゆえに長く使えるデニムに仕上がっている。

「生デニムを履き込んで育てる感覚が楽しめる」。A.P.C.デニムが愛される理由はそれに尽きるだろう。

写真はスタッフが2年履き込んだもの。全体的に色のトーンがあがり、腰から腿にかけて、そして膝まわりのシワの色落ちが絶妙。ワンウォッシュで履いているとのこと。

生デニムの時と同じものだと思えない程の豊かな表情が楽しめるのはなぜか。それは、生地を生成する縦糸に、手を掛けすぎず素に近いベージュの状態で作った綿糸を使用しているから。また、マザーコットンと呼ばれる質の高い綿を採用しているからこそなし得た業だという。そして、何度も繰り返してインディゴ染めを行うことにより、独自の深い色合いに仕上がっている。着用、摩擦によってインディゴ染料が落ちることにより、マザーコットンのベージュの色合いが表面にあらわれ、写真のような表情になるのだ。

シルエットの種類は全部で4型。スタッフ着用はNEW STANDARDというレギュラーシルエット。そして今、特におすすめなのがPETIT STANDARDというかたち。すっきりと細身で、膝から裾にかけて軽くテーパードになっているA.P.C.デニムの新定番。どんなトップスにも合わせやすく、色落ちしていてもキレイめのコーディネイトを楽しめて、さらに今年らしいスタイルにぴったり。足もとがすっきりするので、一段と靴選びも楽しくなる。

サイズ感によっても表情が変わるので、ジャストフィットのサイズとバギーに腰履きするサイズなど、同じかたちで違うサイズを楽しむという上級者も。

サイズのほか、洗濯などのお手入れ方法、色落ちのことなど、デニム選びの際はスタッフのアドバイスを受けていただき、自分だけのA.P.C.デニムを最大限に味わっていただきいたい。


最後に、全シルエットそれぞれ簡単にご紹介しておこう。

●NEW STANDARD●どんな体型にも対応するレギュラーフィット。若干膝下が細身になった、ややテーパードタイプ。ポケット位置、腰回りのサイズ感や太さなど、全体的に均整が取れているため、ジャストフィットでもゆったりでもバランスよく履ける。

●PETIT STANDARD●スリムフィットで、裾にかけて軽いテーパードになっている。股上の浅さによりヒップラインを美しくみせてくれる。日本人の体型にぴったりな新定番モデル。

●NEW CURE●A.P.C.デニムのなかで最も細身のスーパータイトジーンズ。太ももからひざにかけてはスリムに。裾にやや広がりがあるため、足が長く見えるタイプ。

●RESCUE●A.P.C.デニムのなかで最も股上が深く、太さのある、ストリート感漂うモデル。低めに位置するポケットで、腰履きスタイルでも美しいラインを確立。

【A.P.C.関連記事】
絶対に欲しい!「ジョンスメドレーコラボ」





◆ご紹介のアイテム
デニム 16,800円
(サイズ:27~36インチ)

阪急MEN'S TOKYO 4階 アーペーセー

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.04.09 12:00

MARC JACOBSが魅せる、次世代トレンチ
【2階 マーク ジェイコブス】


街に出るとトレンチコートを着る人が目にとまる。トレンチコートといえば、誰もが認める「永遠のトレンドアイテム」。やはり大方の男性は一着は持っているようだ。

阪急MEN'S TOKYOでも、バーバリーを代表とする古典的なものから新進気鋭のデザイナーによる小技の効いたデザインのものまで「買うなら今!」というトレンチコートが登場している。

そんななか、どうしてもご紹介したいと思って選んだのが、「マーク ジェイコブス」のトレンチコート。短めの丈に、タイトなシルエット。トレンチコート特有の野暮ったさをあえて排除したマーク ジェイコブスならではのアイテムだ。

パッと見ると、すっきりと軽快な印象だが、それだけで済まさないのがマーク ジェイコブス。決め手は、金属繊維を織り込んだシャリ感のある綿素材が魅せる“武骨なシワ感”。使いこむことで自然にできたシワを美しいものとして楽しむ。マーク ジェイコブスの美学を感じる一着。

カラーはネイビーとベージュの2色展開。チン ウォーマーやストーム フラップなど、トレンチコートの機能的な側面も残しつつ、ベルトや袖のバックル、胸の玉縁ポケットには馬革を使用するなど、ディテールにもこだわりが。

シャツやジャケットスタイルのアウターとしてはもちろん、パーカーなどカジュアルなアイテムと合わせても。カットソーのうえに羽織るだけで申し分なく着こなせる使いやすさも魅力的。カジュアル過ぎず、しかしきれいにまとまり過ぎない。絶妙のバランスが余裕のある大人のおしゃれを演出してくれる。

あえて男っぽさを主張するラギッドな雰囲気で今年らしさを漂わせつつ、古さを感じさせずに長く愛用できるマーク ジェイコブスのトレンチコート。春のアウターの買い替え、買い足しをご検討の方は、ぜひ一度お試しいただきたい。

※チン ウォーマー…襟元から風がはいらないように、あごを覆う三角形の布片。
※ストーム フラップ…襟をボタンで留めた際、雨だれの侵入を防ぐために、右肩部分に縫い付けられた当て布。






◆ご紹介のアイテム
トレンチコート 186,900円

阪急MEN'S TOKYO 2階 マーク ジェイコブス

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.04.08 11:00

2日間限定!靴職人によるカスタムオーダー会【地下1階 ESPERTO(エスペルト)】

ご紹介のイベントは終了いたしました。


本日より2日間限定で、紳士靴のコーナーにニュースなイベントが登場。古くから製革業が伝わる兵庫県・姫路出身で、2010年にスタートした「エスペルト」。創業45年の製靴工場で靴を製作するシューブランドだ。

この度、カスタムオーダー受けるのは、写真の酒井 政聡(さかい まさあき)氏。フィレンツェ仕込みの技術、そして日本人の足に合わせたオリジナル木型で、履く人にぴったりの靴を仕上げてくれる靴職人だ。

まずは採寸から。足の型をとり、その人のクセを確かめ、ベースになる木型を調整。見た目の美しさはそのままに、既製品では味わえない極上の履き心地を実現。さらに、履き込むことでできる靴のしわのことまで計算したサイズ感に仕上がるとのこと。

「外反母趾気味、あるいは既製品がなかなか足に合わないという方をはじめ、靴選びに慎重な方、靴のオーダーの経験がない方にぜひ一度お試しいただきたい」と酒井氏は話す。

靴づくりに適したクオリティで、出来る限り国産の革を使用。日本人の生真面目さが現れたエスペルトの靴。

イチオシはグッドイヤーウェルト製法によるコードバン。コードバンも国産の馬革だ。特別に自分の足に合わせた靴だ。やはり長く味わいたいもの。そんな贅沢な一足を比較的手の届く価格帯で手に入れられるのは、エスペルトならでは。
そのほか、ローファー、デザートブーツなど、バリエーション豊かなデザインのシューズを展開。普段から、イベント会場でしか販売していないエスペルト。阪急MEN'S TOKYOでは、たった2日間限定イベントなので、この機会にぜひ足を運んでいただきたい。

【エスペルト カスタムオーダー会】
期間:2012年4月7日(土)・8日(日)
場所:地下1階 紳士靴







◆ご紹介のアイテム

コードバン ダービー 136,500円
カーフ ダービー 37,800円
コードバン ホールカット 147,000円
コードバン ウイングチップ 105,000円
コードバン ブーツ 105,000円~
馬革 ウィングチップ 35,700円
カーフ ローファー 39,900円
※お渡し予定: 約40日後


阪急MEN'S TOKYO 地下1階 紳士靴

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.04.07 12:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ