表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

G-STAR RAWから2013年 春夏 最新デニム登場!



デニムの新しい世界を大きく広げ、デニムファッションの最先端を牽引してきたG-STAR RAW(ジースター ロゥ)。

2013年春夏最新デニムは、“ロウライズテーパードフィット”。もちろんフィット感の高いテーパードシルエットも特徴なのだが、最大のポイントはほかにある。

ヴィンテージとオリジナリティの融合を見事に1本のデニムで表現したところだ。

革にも似た経年変化を楽しめるのがデニムだが、今回の新作では今までになかった変化を楽しめるのではないだろうか。

その秘密は特殊な染色技法にある。糸の段階で3回インデイゴ染色した後、スチームを経て最後にインディゴ・イエローで染め上げる。最初はほのかにグリーンがかっているが、使ううちにトラディショナルなブルーへと徐々に成熟していくのだ。
さらに、昔ながらのシャトル織機である「レッドリスティング」を使用。
この織機で織り上げられた生地は、織り地に独特のクセと味わいが生まれる赤耳デニムとなる。

13.5オンスの生地は、本物のヴィンテージデニムからインスパイアされながらも、ジースター独自の物に仕上がっているのだ。

ダメージ加工とノンウォッシュの2タイプがあり、まったく表情が違うのでシーンやコーディネイトなど、自分に合ったものをセレクトしやすいのではないだろうか。

履く頻度で自分だけの風合いに仕上がっていくので、ぜひ今すぐ手に入れて誰よりも早く自分だけのブルーを作り上げて春を迎えていただきたい。



◆ご紹介のアイテム
3301 LOW TAPERED RL
ダメージ加工 ロウライズテーパードフィット 21,000
ノンウォッシュ ロウライズテーパードフィット 18,900円
※各デニムサイズ展開:28~36インチ

阪急メンズ東京 6階 ジースター ロゥ

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.12.12 12:00

阪急メンズ東京 クリスマスナイト 2012 ~007Night~


皆様のおかげで阪急メンズ東京は1周年を迎え、2回目となるクリスマスナイトを開催した。
感謝を込めて日ごろご愛顧いただいているお客様を招待して行われるこのイベントの一部をご紹介しよう。

サブタイトルは「007Night」。
館内すべてに映画007の世界観を散りばめた。
――19:00 開場で店内に流れ込んだお客様たちは各階で振舞われるアルコールに舌鼓。

今回の「007 スカイフォール」劇中で使用されたハイネケンに加え、「007 カジノ・ロワイヤル」に登場するジェームス・ボンドが恋人の名前を冠したカクテル“ヴェスパー マティーニ”も数量限定でご用意。

なんと1階では「ボランジェ」シャンパンタワーエキシビジョンが行われ、整理券を獲得した140名の方がその味わいを楽しんだ。

お酒片手に店内のイベントを楽しむ方たちに人気だったのが1階のイベントスペースでのスペシャルライブ。

4人の実力派ミュージシャンによって、007シリーズの劇中歌やクリスマスソングが演奏され賑わった。

毎週金曜日に1階で行われている「フライデージャズナイト」のジャズトリオも“Xmasナイトバージョン”の演奏で、大人のゆったりした雰囲気で包まれた。

驚きの歓声が湧き上がっていたのは魔法使い“KOJI”のマジックショーである。
どんなにゆっくり実演しても、コインを自在に移動させるマホウが見抜けず、不思議そうに首をかしげる観衆。次々に披露されるマジックを食い入るように見つめる姿が魔法使いの周りを囲っていた。

相反して観衆をうっとりさせたのはモデルウォーク。
店内各ブランドの2013年春夏コレクションを身にまとったモデルたちが華麗に店内の随所にてウォーキング。誰よりも早くトレンドをキャッチしようとするお洒落好きの視線を集めた。

そして今回のビッグゲストはクリス・ペプラー氏!
ナビゲーターにはグローブ・トロッター ジャパン代表の田窪寿保氏を迎え、「007」スペシャリストである二人が映画「007」シリーズやボンドの魅力を存分に語った。

公開中の最新作“スカイフォール”については、ダニエル・クレイグは3作目ということもあり、世代交代の要素を多く含めるような演技が多く見られたと二人とも感じたようだ。

近年、本格的なスパイ映画も多く、古き良き時代の「そんなことあるわけないだろ」と思うような場面はなかったが、ハードボイルドな風合いが多く盛り込まれ、迫力のある映像と捉えていた。

“ボンドガールは誰が一番好きか?”という田窪氏の質問に「ヴェスパー・リンド」とペプラー氏が答え、二人がかたい握手を交わした。

しかし、好きな曲についてはシャーリー・バッシーの「ダイアモンドは永遠に」やポール・マッカトニーの「死ぬのは奴らだ」など、次々に挙がったが、二人とも決定的な答えが出なかった。
それぞれの時代を象徴する代表的なアーティストによって、一つ一つの作品や各ジェームス・ボンドが表現されていて決められない、といった感じであった。

2012年12月7日(金)のクリスマスナイト ~007Night~ をもって007イベントのすべてが終幕した。期間中、来店いただいた多くのお客様にも感謝の意を表し、レポートを終了とさせていただきたい。

阪急メンズ東京 クリスマスナイト 2012 ~007Night~

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.12.09 18:00

“2012 Xmas gift selection for men”
「NARA CAMICIE UOMO」の阪急メンズ東京限定のシャツ
【6階 ナラカミーチェウォモ】

イタリアの中でも“躍動の街”と言われるミラノ。そのミラノにあるモンテナポ社の社長ウォルター・アナラトーネが、シャツとブラウスだけのコレクションを発表したことから「NARA CAMICIE(ナラカミーチェ)」が誕生した。

ヨーロッパの上質なコットン素材を中心に、年間600型以上の多彩なシャツやブラウスを発表し続けている。

すべてのシャツがあたりまえの日常の中で、常に行動し、成長し続ける躍動的な人を美しく見せるために作られたものだ。

メンズラインであるNARA CAMICIE UOMOは美しさだけでなく、男らしいクールでスタイリッシュな装いも演出する。

そして、華やかな季節を間近にした12月8日(土)から阪急メンズ東京限定でスカルモチーフを取り入れたシャツが登場する。

ダーツをとった細身のシルエットに、ヴィンテージ感あふれる大きめのスカルボタンがアクセントになっている。

もちろんカフスボタンも同様のスカルを用い、胸元にあしらわれた左右3列のタックが一層ラグジュアリー感を際立たせる。

ショップスタッフのようにシックに仕上げると、よりスカルボタンがポイントとなり、大人の男の華やかさを演出してくれる優れものだ。

ブランド名に含まれる「CAMICIE(カミーチェ)」はイタリア語で「シャツ」を意味する。

豊富な知識と経験を積んだスペシャリストが作る、美しいシルエットやディティールにこだわったほかにはないシャツを数多く取り揃えている。

普段はあまりシャツを着ない方も、ぜひナラカミーチェウォモのシャツでエレガントなスタイルを取り入れてみてはいかがだろうか。





◆ご紹介のアイテム
阪急メンズ東京限定 シャツ 19,950円

阪急メンズ東京 6階 ナラカミーチェ ウォモ

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.12.08 11:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ