表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

冬の着こなしを鮮やかにする「メゾン キツネ」のトップスとアウター

これほどにノーブルな風合いのスタジャンを見たことがあるだろうか?

MUSIC TEDDY 69,120円

11月に入り、いよいよ秋も深まったメゾン キツネでは、本格的な冬に向けてのアイテムが続々と入荷している。まず紹介したいのは、シャツの上に羽織ったとき襟元のフォルムが上品なスタジャンだ。

背中に堂々と描かれた「KITSUNÉ PARIS」というレターや左胸などの大きめなパッチ、襟と袖口のリブ編みなど、基本要素はあくまでも”アメカジのスタジャン”スタイル。しかし、滑らかなウール100%の表地やスマートなシルエットは、気品を漂わせる1着。インナーの組み合わせ次第で、冬本番まで活躍することまちがいなし。

DOWN JACKET 113,400円

シンプルで実用的なデザインが、メゾン キツネらしいショートダウンジャケット。トレンドカラーのひとつでもある深みのあるグリーンは、ダークトーンの中でも柔らかいスタイリングに仕上げてくれる。

3色展開のダウンは、どれも美しいストライプのライナーが施されている。フードは取り外し可能だが、ぜひ着けたままでアクセントとして楽しんでいただきたい。

バリエーション豊かに揃ったニットたちもぜひチェックしていただきたい。

UP AND DOWN PULLOVER 72,360円

これ1枚でコーディネートを一気に”冬モード”にできそうな、温かみを感じるローゲージニット。ペルーで1点ずつ手編みされている肉厚な生地は、100%アルパカ。文字通り温かく、安心して冬を迎えられる1枚である。

FOX HEAD PULLOVER 59,400円

ブランドアイコンである可愛らしいフォックスが、フロントに大きく配されたプルオーバーニットは、カラーバリエーションで遊びたい。

トレンドのグレーも捨てがたいが、グリーンやピンクなら暗くなりがちな冬のコーディネートを鮮やかに彩ってくれる。お気に入りの色を決めたら、シャツをインナーにして甘くなりすぎないように。こちらもウール100%で、冬を通じて着ていただける。

無駄のないシンプルなデザインが日常にとけ込む、メゾン キツネ。デイリーユースにこそ取り入れたい"上質で鮮やかな1着”を、見つけてみてはいかがだろうか。

阪急メンズ東京 4階 メゾン キツネ

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2014.11.09 18:30

待望のニットが「マーク ジェイコブス」に到着!

上質な素材感と、ほどよい脱力感が他では味わえないテーストを醸し出すマーク ジェイコブスの“ニット”がこの秋も届いた。ベーシックな使いやすさの中に、どこか遊び心のあるデザインをぜひ楽しんでいただきたい。

バイカラー クルーネック ケーブルニット 105,840円

柔らかいウールをケーブル編みにしたニットは、ザックリとしたサイズ感が魅力。リラックスしたカジュアルスタイルを演出するポケット付きの前開きだが、襟を立てることでエレガントな雰囲気も漂わせる。

バイカラー クルーネック ケーブルニット 105,840円

カラーは3色展開なので、よりシックな装いにしたいなら“ブラック×グリーン”のバイカラーを選んでみては。コーディネートするシャツやパンツ次第で、簡単にきれいめカジュアルの完成だ。

ラグラン編みニット 62,640円

羽織ものとして重宝するカーディガンタイプもいいが、1枚で軽やかに着こなせるプルオーバータイプも気になる。高級素材であるキャメルウールを贅沢に使った珍しいニットは、保温力・保湿力・耐久性に優れているため寒い冬に最適。色の違う素材を編み込むことで、より上質な風合いに仕上がっている。

また、バイカラーのフロントに対して、背面ではデザインに遊び心を感じさせるのがこのニット。アレンジされたラグランスリーブにも注目だ。

阪急メンズ東京 2階 マーク ジェイコブス

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2014.11.07 08:00

今すぐに着たい、主役級のインポートアウター特集【7階 紳士服】

気温も下がり、冬の足音が聞こえてくるとコーディネートの主役になるアウター。この時期、今すぐに投入したいインポートブランドを7階からいくつかご紹介しよう。

Stra Raggio IL DUE(ストララッジョ イル ドゥーエ) 

Pコート 124,200円

イタリアはジャスト カヴァリから、表情豊かなPコートが入荷している。取り外し可能なレザーの襟がポイントとなっており、これぞ主役級といえる存在感だ。

レザーの襟を外すと、がらりと印象が変わる。オンはこちらで、オフは襟をつけて、2つの表情をお楽しみいただきたい。

monsieur NICOLE ex/tra(ムッシュ ニコル エクストラ)

DENSTON  69,120円

すっかり定着した感のあるキルティングコートは、オンオフどちらでも活躍する優秀なアウターだ。ならば、1ランク上の確かなクオリティ”英国王室御用達”のキルティングブランド「ラベンハム」を選びたい。

フードは取り外し可能。すっきりとした後ろ姿からも、その上品な雰囲気が伝わる一着である。

■EDITION WORKS MEN'S BIGI(エディション ワークス メンズビギ)

キルティングジャケット 52,920円

同じラベンハムでも、さらにこだわりたい方におすすめなのは、ブランド別注だ。

ポケットを縁取るレザーや、襟に配されたコーデュロイが、着る者にしか味わえないプレミアム感を高めてくれる。
少し光沢のある表生地なので、こちらはぜひカジュアルに合わせたい。

DESTRAD(ディストラッド)

MA-1  61,560円

人と差をつけたいという方におすすめなのは「コルポ ノーヴェ」だ。
2005年のコレクションを最後に長らく休止していたイタリアのブランドが、2014年から復活。国内でも取り扱いが非常に少ない、ミリタリーテイストに定評のあるアウターである。

ブランドが得意とする立体裁断、上質なファブリックを生かしながら現代に合わせた、よりミニマムなコレクション。ぜひ店頭で、そのクオリティを確かめていただきたい。

VOWELヴォウェル)

PROMITOR  92,880円

旬のカモフラージュ柄を贅沢かつ上品に取り入れたのは、タトラスのダウンジャケット。休日のカジュアルスタイルが、これ1枚でぐんと”今っぽく”なる。

もはや説明の必要がないであろうイタリアの人気ブランドは、どこのショップでも売り切れ必至とのこと。ぜひ、お早目の来店を。

阪急メンズ東京 7階 紳士服

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2014.11.05 08:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ