表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

Vゾーンに投入したい、上質なカシミヤ【地下1階 紳士服飾雑貨】

スーツやコートのVゾーンは、顔に最も近く、出会いの印象を決める大切なパーツだ。
人と挨拶を交わす機会も増える年末。スマートなビジネスマンならば、そこに冬ならではの装いをさらりと加えたいところ。

阪急メンズのオリジナル「ザ・タイ」からお届けするクリスマス企画は、そんなVゾーンを冬らしく彩るカシミヤのネクタイだ。

ザ・タイ 14,040円

イタリアはコモ地方の生地サプライヤー、ビアンキ社のカシミヤを使用。カシミヤ100%ならではの柔らかくふんわりとした風合いが、襟元に程よいボリューム感と温もりをプラスしてくれる。

美しい発色を活かしたカラーバリエーションも魅力的。ベーシックな色の組み合わせも、カシミヤ100%で表現すると、また独特の表情になるのが面白い。もちろん、その手触りの良さはご想像の通り。

ジョンストンズ 28,080円

阪急メンズ東京のマフラー売場でも1番の人気を誇る「ジョンストンズ」は、この機会に"自分ご褒美"として投入したいアイテムの1つだ。

スコットランドで1797年に創業した老舗生地メーカー。今期おすすめは、60~70年代のヴィンテージのアーカイブ柄を使用したデザイン。
"古き良き英国"を感じるチェックを纏って、紳士の装いに格上げを。

ジョンストンズ 28,080円

オーソドックスで流行を選ばない色柄は、手持ちのコートに合わせやすいだけでなく、長く大切に愛用したいという気持ちを強めてくれる。

上質なカシミヤ100%の生地を、ざっくりと甘く織り上げた柔らかな風合いはちょっとした"抜け感"も演出してくれる。少し渋めの落ち着いた色も、肩肘張らずに楽しめるだろう。

冬だからこそ感じたい、上質なカシミヤの魅力。
その温もりと上質な風合いをVゾーンに投入して、自身の格上を狙おう。

阪急メンズ東京 地下1階 紳士服飾雑貨

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2014.12.12 08:00

素材、デザイン、色・・・どこをとっても魅力的なフェリージの小物たち。【1階 フェリージ】

選び抜いたナチュラルレザーとナイロンの組み合わせで、高級カジュアルバッグというジャンルを確立させたフェリージ。
今ではスマートでスタイリッシュなビジネスマンの必携バッグと言っても過言ではないだろう。


その上質なレザーの魅力を、あますところなく味わえるのがフェリージの小物たちだ。バッグと同様に定番の財布からなんと手袋まで、充実したラインナップの一部をご紹介しよう。

ロングウォレット 58,320円

丸みを帯びたデザインから「コロコロ」という愛称で長年親しまれている、フェリージの代名詞的存在の長財布。中身が増えても、その丸いフォルムが崩れないというこだわりのデザイン。


小銭入れとは別に蛇腹式の5室に分かれたポケットは、抜群の収納力が魅力だ。お札の仕分けはもちろん、ついつい領収書やカード類が増えがちな人にはこれ以上ないというほど嬉しいつくりだ。

ラウンドジップロングウォレット 54,000円

クロコの型押しが醸し出す高級感が人気の長財布。鮮やかなカラーバリエーションは、ギフトにも自分へのご褒美にも、男女問わずに欲しい色が並び迷ってしまう。


自然素材のタンニンを使った伝統的な製法で作られる独特の表情は必見だ。染料で革自体に色をつけるので、その表情はそのままに、長く使い続けると現れるエイジングも楽しみたい。


もちろん、シンプルで使いやすい”機能性”も損なわないのが、フェリージのデザインだ。

コインケース 27,000円

同じシリーズで人気の小銭入れは、すでに品薄のカラーが続出しているとのこと。検討中の方は、早めに押さえておこう。

グローブ 22,680円

上質な革と、デザインのオリジナリティはグローブにも注がれた。


なんと、ラビットファーを贅沢に使ったライナー。手を入れた瞬間の、包み込まれるような温もりと心地よさは、ぜひ一度体感していただきたい。女性からの支持も高いので、お揃いで使うのも◎。

キーホルダー 10,800円

お揃いといえば、最後にこちらも個人的にぜひリコメンドしたい。
クラシカルなイタリアンブランドとは思えない、キャッチーな星形が可愛らしいキーホルダーはクリスマスギフトにもぴったり。錆びにくさが嬉しい真鍮素材、そして、アクセントタグにあしらわれた"フェリージのレザー”もお見逃しなく。

阪急メンズ東京 1階 フェリージ

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2014.12.10 16:00

今年の締めくくりは、ジョージ ジェンセンの"上質な"ご褒美を。

装いは、人をつくる。

例えばジュエリーが女性の魅力を引き出すように、男性としての格を上げてくれるもの――それも、あからさまな宝石や華美な装飾ではなく"本当に上質なもの"をまといたい。

北欧の穏やかな日光、美しい水と空気といったバリューがそのまま受け継がれているかのような、ジョージ ジェンセンの上質なアイテムがまさにそれにあたるだろう。
コッペル 277,560円

1978年、デザイナーのヘニング コッペル氏が発表し瞬く間に話題を呼んだ、文字盤から数字を排した時計。小さなドットと、至近でしか読み取れないほどさりげなく記されたロゴは決して主張をしない。しかしその洗練されたシンプルを極めたデザインが、かえってこの時計の存在を”ジョージ ジェンセン”だと際立たせるという。

繊細に編み込まれたかのようなベルトは上品な煌めきを放つだけでなく、バックルの位置が微調整できることで装着感が増すという機能性も備えている。

トールン 65,880円

柔らかなオーバルのシェイプ、腕に溶け込むようなラインが美しいバングル「トールン」は、ワンポイントだけにあしらわれたダイヤモンドがさりげなく手元に輝きを添える。華やかな季節に、自分へのご褒美にもぴったりのアイテムだ。女性にも人気のデザインなので、パートナーとシェアするのも◎

ブレスレット チャーム(フュージョン) 79,920円 コード  10,800円

ジョージ ジェンセンといえば連想する方も多いであろう「フュージョン」シリーズ。3カラーのゴールドは、温かい春夏はイエロー、紅葉の秋はローズ、凍てつく冬はホワイトと、北欧の四季をイメージしたものだ。革との組み合わせが、コーディネートの幅を広げてくれる。

ペンダント(フュージョン) 500,040円

上質さや品格を語るうえでは絶対的な存在ともいえるダイヤモンド。その輝きを、胸元で贅沢に味わえるペンダントだ。「最近では、男性がダイヤモンドのジュエリーをお洒落に取り入れる方が増えている」とはスタッフの声。

ボールペン(ビスポーク) 101,520円

もはや男性にとってのアクセサリーと呼んでも過言ではない、高級感のあるペンは紳士の必需品だ。アリゲーターの革とスターリングシルバーという、重厚感のある佇まいは多くを語らずともその魅力をお分かりいただけるだろう。

胸ポケットや、持つ手元で反射する美しい光は、内側から滲み出る輝きと重なり、持つ者だけが得られるオーラを放つだろう。

阪急メンズ東京 1階 ジョージ ジェンセン

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2014.12.09 08:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ