表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

絶対に欲しい!「ジョンスメドレーコラボ」
【4階 A.P.C.(アーペーセー)】


1986年、メンズのファッションブランドとして創立して以来、独自のフレンチベーシックスタイルを提案しつづける「A.P.C.」。

2012年春夏アイテムが新たに入荷していたので足を運んだところ、感度の高い方々にぜひおすすめしたいアイテムが登場していたのでご紹介しよう。

イチオシは「ジョンスメドレー」とコラボレーションしたコットンニットのアイテム。着る人を選ばないアイテムとはいえ、ジョンスメドレーならではの質感と発色の良さを最大に生かした、A.P.C.らしいおしゃれ心をくすぐるカラー展開。

シャツとの組み合わせや一枚着など幅広いスタイルを演出するVネックニットは3色展開。顔うつりのよい明るめのキャメル、今年らしさを狙った強めのブルー、ややグリーンがかった繊細なネイビーが揃う。

ご存知とは思うが、ジョンスメドレーといえば「シーアイランドコットン」と呼ばれる世界的にも評価の高い素材を使用しているため、まるでカシミヤのようなタッチ…にもかかわらず水洗いができる優れもの。いつもより少しお手入れや保管に気を遣うだけで、本当に長く着ることができる。まちがいなくヘビーローテーションとなるアイテムだ。ご紹介のVネックのほか、ラウンドネックとポロシャツも展開。どれか一枚は持っておきたいところ。まだ入荷して間もないので、気になる方はいち早くご覧いただきたい。

もう一点は、人気沸騰につき再入荷したというシューズ。
ポストマンを代表とするワークシューズやミリタリーシューズを製造してきた歴史あるアメリカのシューメーカー「コーヴ シュー カンパニー」とのコラボアイテムだ。

ハードに使える丈夫な牛革で、滑りにくいビブラムソールを採用。質実剛健とした男っぽい佇まいでスタイリングにエッジを効かせつつ、A.P.C.のアイテムと相性の良いスマートさも兼ね備えた一足。

このほか、ミニマルでシックな「BACK TO BASIC」をテーマとした春夏コレクションが登場している。

春めいた気分に応えてくれるコーラルオレンジやマスタードなど明るいカラー、70年代後半のアメリカをイメージしたレトロ感漂うアイテムが揃っているので、ぜひこの機会に足を運んでみてはいかがだろうか。

また、知る人ぞ知るA.P.C.のアイコン的存在「定番デニム」も近々ご紹介する予定なのでご期待いただきたい。





◆ご紹介のアイテム
Vネック コットンニット 23,100円
シューズ 29,400円


阪急MEN'S TOKYO 4階 アーペーセー

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.04.06 12:00

スポーツブランドならではの「ドレスシューズ」
【6階 PUMA BLACK(プーマ ブラック)】


新進気鋭のファッションデザイナーとコラボレーションしたアイテムや、プーマのラグジュアリーファッションラインを展開する「プーマ ブラック」。

プーマといえば、世界的に最も知名度が高く、トップクラスのアスリート達が愛用しているスポーツブランドのひとつ。プーマのサッカーシューズを連想する方も多いだろう。しかし、あえて今回おすすめするのはプーマ ザ ブラック レーベルという「ドレスシューズ」ライン。実は、複数買いする方もいるほどコアなファンを抱えているアイテムなのだ。

かたくなりすぎず、ゆるすぎない足もとを演出。もちろんスーツスタイルにぴったりだが、デニムとも相性抜群。ロールアップしたデニムや、短め丈のパンツ にあわせて素足を見せれば、今年らしい抜け感のあるスタイリングに。大人の上質カジュアルにも一役買ってくれそうな予感がするシューズ。
そんなプーマのドレスシューズに、最新作が仲間入りしたのでご紹介しよう。

トゥに浮き上がるブランドマークが目を引き、サイドのデザインはプーマそのもの。しかし、上質な艶感とやわらかさを持つイタリアンカーフレザーを使用することで、いかにもドレスシューズらしく仕上がっている。

ソールには、滑りにくくクッション性に優れ、やわらかい履き心地が特徴のポリウレタンを使用。さらに、ドライビングシューズのモデルなので、踵もポリウレタン。特に車で営業するビジネスパーソンにとって、一足は持っておきたいシューズではないだろうか。

新作のほか、定番のなかで特に注目する方が多いのがこちらのモデル。

ポリウレタンを使用しているにも関わらず、繊細な革のような質感を再現したソールに、スパイクのデザインを掛け合わせた一足。ブラックに加え、ブラウンも展開しているのも魅力的だ。


どのモデルも、軽くしなやかで歩きやすい。スポーツブランドならではの履き心地はそのままに、ビジネスシーンでも活躍するオーセンティックな佇まいのプーマのドレスシューズ。新卒ビジネスパーソンにも、ぜひ一度お試ししていただきたい。







◆ご紹介のアイテム
(写真1~3枚目)SPEEDCAT RE-LUXE 36,750円
(写真4枚目)KING RE-LUXE 37,800円
(写真5枚目左から)SPEEDCAT RE-LUXE 36,750円/SFORGASI 36,750円/ESTRALTO 36,750円/KING RE-LUXE 37,800円


阪急MEN'S TOKYO 6階 プーマ ブラック

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.04.05 12:00

「tendence(テンデンス)」別注モデルで差をつけろ!
【4階 Gizmobies(ギズモビーズ)】


トレンドは二の次、みんなと同じモノは(なるべく)持たない主義!という方へ。腕に着けるとまちがいなく注目される、阪急MEN'S TOKYOで一番パンチの効いたウォッチをご紹介しよう。

おしゃれに目がないファッショニスタから絶大な支持を受ける「テンデンス」の別注ビビッドカラー。

テンデンスは、2007年創立のスイスウォッチブランド。スイスのウォッチビジネスの一線で活躍するフィリッポ・ジャルディエッロ氏によってスタート。現在もアクセサリー的要素を多く含んだデザイン性とクオリティの高さを持ちあわせたウォッチを発表しつづけている。

迫力満点のビッグフェイスケースと立体感のある斬新なダイヤルがテンデンスの特徴。

この別注モデルは、さらにスワロフスキーがベゼルに隙間なく配され、左右のベルトが別のカラーになっており、スペシャル感たっぷりの仕上がりだ。

鮮やかなブルー、ピンク、イエローのコントラストに、スワロフスキーのきらめきが加わったとびきりポップでクレイジーな印象は、春夏の装いを一段と明るく色鮮やかに、そして個性的に演出してくれるだろう。

普段使いはもちろん、リゾートシーンにもぴったり。シンプルなスタイルから型にはまらないスタイルまで幅広くコーディネイトを楽しめる一本。個人的には、ぜひ夏の野外フェスにぜひ連れて行きたいところだ。

そして、おすすめの別注アイテムがもうひとつ。「Patrick STEPHAN(パトリック ステファン)」の看板アイテム、スタッズの革小物だ。

パトリック ステファンは、ディオールのクチュール部門に在籍した経歴を持つ新進気鋭のデザイナー。ポケットからちらりと見えたときのインパクトの強さが魅力のスタッズシリーズに、別注の「ゴールドスタッズ」が仲間入りしている。



モード感漂うスタッズ使いで、ハードだが主張し過ぎない絶妙なバランスが楽しめるデザイン。見た目とは裏腹に、やわらかいタッチのレザーが手によくなじむ。こちらもぜひ手に取ってご覧いただきたいアイテムだ。

ギズモビーズは、スマートフォンのプロテクターをメインに展開しているショップだが、それ以外にも興味をそそる楽しいアイテムが揃っている。足を運ぶ度に何か楽しい発見がある、そんなギズモビーズにぜひ遊びに行ってみてはいかがだろうか。


【ギズモビーズ関連記事】
スマートフォンをスタイリッシュに着替える
人気アパレルブランドコラボ スマートフォンプロテクター

【ウォッチ関連記事】
「ROTARY」ふたつの顔を持つウォッチ
「roar×STEEL CRAFT」コラボウォッチ
男の身だしなみ、腕時計「MONDAINE」「a.b.art」「SUUNTO」
「Bell&Ross」機能美にこだわった完璧なプロポーション






◆ご紹介のアイテム

「テンデンス」ウォッチ(別注モデル) 64,050円

「パトリック ステファン」 長財布 24,150円/三つ折財布 28,350円/小銭入れ 8,400円/カードケース 10,500円/キーケース 12,600円


阪急MEN'S TOKYO 4階 ギズモビーズ

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.04.04 12:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ