表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

速報!「チャーチ」の人気シューズと話題の新作が入荷
【地下1階 紳士靴「CHURCH'S」】

正統派の英国靴として不動の地位を確立した「CHURCH'S(チャーチ)」。靴作りの町として有名なノーザンプトンにて、1873年創業。

グッドイヤー・ウェルテッド製法を採用しているチャーチの靴は、最後の磨き上げまでに250もの工程を経る。1足に約8週間を要して進められる工程は、すべて専門の職人たちが手作業で行っており、140年ものあいだ守り続けられている。

その人気はヨーロッパに留まらず、全世界に渡るため日本への入荷数が限られ、なかなか手に入らないモデルも多い。

時代とともにマイナーチェンジしながらも、常にブランドのアイコン的存在である「コンサル(Consul)」。エレガントな定番のストレートチップはコーディネイトの幅も広くフォーマルスタイルにも対応できる。そのため、履き潰しても2足目、3足目と買い直す人も多い靴だ。

昨年冬のあいだ、入荷待ち状態であったコンサルが春になり、先日やっと阪急メンズ東京に入荷した。というくらい、履き心地、シルエットとも絶大な人気を誇る。


待望の新作も同じだ。
今回紹介する「GRISTON(グリストン、※サイドゴアブーツ)」と「FODEN2(フォーデン2、※カントリーシューズ)」もやっと日本に入ってきた。

どちらもカラーは1色のみ。絶妙なブラウン系で、今すぐ活躍し通年で使えるデザインだ。

あたたかみのあるスエード生地にウイングチップ、ゆったりとした丸みのラウンドトゥにはメダリオンがほどこされてあり、何とも言えない風合いだ。

一見、カントリー調でトラディショナルな靴に見える。

しかし、斬新なのはソールだ。カモフラージュのようなマルチカラーのダイナイトソールである。柔らかすぎない弾力が歩行中の安定感を生み出すだけでなく、環境に左右されない耐久性にも優れているソールなのだ。コバ部分でチラ見せするにくらしい演出もポイントである。

コンサルを含め、入荷数は非常に少ないので手に入れたい方は、早めに足を運んでいただきたい。




◆ご紹介のアイテム
Consul 71,400円
GRISTON 64,050円
FODEN2 61,950円

阪急メンズ東京 地下1階 紳士靴「チャーチ」

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.02.09 12:00

塗りのグラデーションを楽しむ「ステファノブランキーニ」の靴
【地下1階 紳士靴「STEFANO BRANCHINI」】

独自の世界観を持ち、世界のトレンドを足もとから牽引し続けているステファノブランキーニ氏。自身の名前でもあるブランド「STEFANO BRANCHINI」では、トレンドに左右されることなく、氏の美に対する追求が、靴全体で表現されている。

スマートなフォルムで人々を魅了する靴は、マッケイ製法を用いており軽く履き心地もいい。しかし、熱狂的なファンをも持つ本当の理由は、パティーヌと呼ばれる重ね塗りだ。

約1週間かけて作られる1足の靴で、塗りに3~4日をかける色合いは芸術作品とも言える。イタリア、ボローニャの工房にて職人の手で一点一点丁寧なものづくりがなされているのがよくわかる。

 
さらに、氏が語る「クラシックなデザインを踏襲しながら、斬新さを出していく」という言葉通りの靴なのである。
ウイングチップのあしらわれたクラシックな形でありながら、深みを感じるパープルの靴は特にそうだ。ムラと艶の見事なバランスがほかにはない美を造形している。

時代が変わっても新鮮さを保ち続けるSTEFANO BRANCHINIの靴は、あなたの足元を飾る1足として丁寧に長く履いていただきたい。




◆ご紹介のアイテム
ステファノブランキーニ 各72,450円

阪急メンズ東京 地下1階 紳士靴「ステファノブランキーニ」

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.02.08 21:00

「アンダーウエア」「靴下」バレンタインギフトスペシャルショップ 2/14(木)まで

年明けからのセールが終われば、迎えるイベントはそう、バレンタイン
阪急メンズ東京地下1階では、2月1日(金)よりバレンタインに向けてのアイテムがずらりと勢揃いしている。今回は「チョコにプラスして欲しいアイテム」を探しにアンダーウエア、靴下のコーナーを巡ってみることにする。

アンダーウエアのコーナーの前面を飾るのは、「gravevault(グレイブボールト)」。バイヤーが自信を持ってオススメするアイテムは、極上の生地と肌触りが自慢の一品である。
アンダーウエア 3,990円~5,040円(S・M・L)


■ スイーツボクサー 3,360円~3,570円(M・L)

お菓子メーカーとコラボした阪急メンズ限定のスイーツボクサー。甘いモノが苦手なメンズに向けてのプレゼントとして人気を博している。パッケージのこだわりにも注目。


■ イニシャルボクサー(M・L・LL) 各3,150円
イニシャルは16文字(A・E・F・H・I・J・K・M・N・O・R・S・T・U・W・Y)

やはり自身のイニシャルの入ったものには「特別感」を感じる方が多いのではないだろうか。かくいう私も、イニシャル入りには気分が上がってしまうタイプである。ラッピングのリボンは、イニシャルの上部に付いているリボンと同色のものを使用している。こだわりのボックスが見目よくそそられる。


■ チョコレートソックス 各1,050円
パッケージの初見は、まるで板チョコレート。中身を開けても…チョコレート?!思わず本物と見間違える…かもしれない。ユーモア溢れるプレゼントにぴったりの一品。

お味(色)はストロベリー、ミルク、ビターの3種類。お好みをお選びいただきたい。



■ ラッキーモチーフ靴下 各1,365円(全8種類)
特別感を持たせるのはイニシャルだけではない。様々なモチーフも意味を持ち合わせている。

「幸運の扉を開く」鍵、「身を守る」さそり、そして「幸運や愛情の象徴」であるハート。いつも身につけるものであるからこそ、想いを込めたモチーフを添えてプレゼントしてみるのはいかがだろうか。


■ Psycho Bunny(サイコバニー)
スカル×バニーのロゴマークが独特の存在感と魅力を持つ「サイコバニー」。ポロ・ラルフローレンで手腕を発揮したデザイナー、ロバート・ゴドレーの設立ブランドとして瞬く間に世に広がっている。

アイビールックに遊び心を加えたい男性向け。アンダーウエアは阪急限定なので、ソックスとセットでプレゼントするのもお勧めだ。
アンダーウエア 各5,040円
ソックス 1,575円~



アンダーウエアやソックスというものは、自身では定番のものを着まわしてしまうことが多いため、デザインにこだわったものをプレゼントされると嬉しいものだ。また、実用的なものはいくつあっても助かるため、間違いの少ないプレゼントと言えるだろう。

ただし、実家暮らしの男性の場合には注意が必要…かもしれない。そのあたりをしっかり見極めた上で、特別な想いを込めたプレゼントのひとつにチョイスしていただきたいと思う。


阪急メンズ東京 地下1階 アンダーウエア・靴下

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.02.07 12:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ