表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

「Safari」×「阪急メンズ東京」SPECIAL WEEKS
“ハートに火をつけて!”1DAYスペシャルステージを開催!

10周年を迎えた今一番勢いのあるメンズファッション雑誌『Safari』と阪急メンズ東京とのスペシャルウィークのお楽しみイベントが8月3日(土)開催された。
毎回趣向を凝らしたステージイベントで盛り上がるスペシャルステージの今回のゲストはモデルでタレントの中村アンさんだ。
現在、多数のバラエティー番組やCM、雑誌などで幅広く活躍中のアンさんが登壇するとあって、ステージは開始前から熱気に包まれた。
学生時代にチアリーディング部に所属し、「すぽると」のレポーターとしても活躍したアンさんがはじけるような笑顔で登場すると、会場からは熱い拍手と、男女を問わず、彼女の美貌に思わず見とれてしまう“ため息”とが混じりあった。

トークショーはSafariの榊原編集長とスタイリストのKim-Changさんのダブルナビゲーションで、モデルでもある中村アンさんと阪急メンズ東京の8月のファッションテーマ「カラードチェック」、Safari9月号のテーマ「LAトレンドとセレブファッション」について語ってもらった。
Safariはもちろん、メンズ雑誌もよく目を通すというアンさんは、阪急メンズ東京にもプライベートで来店したことがあるという。
LAにはまだ行ったことがないというアンさんだが、好きなセレブは同じ女性のジェシカ・アルバさんで、彼女のファッションは必ず参考にしているという。
榊原編集長注目のLAセレブは9月号の表紙でもあるクリス・パインさん。彼のファッションは、カジュアルだけでなくスーツが似合うところがお気に入りだそうだ。
メンズ東京の8月のテーマでもある「チェック」も、普段からご自身のファッションに取り入れているという中村アンさんの当日のファッションは落ち着いたモノトーンのチェック柄のワンピースだった。前から見るとフェミニンだが、後姿は大胆に背中を見せるセクシーなデザインだ。美しい後姿を客席に披露すると、また会場から大きなため息がもれた。
快活でほがらかな笑顔が終始印象的だったアンさんを交えてのトークショーが終わったとき、惜しみない拍手がステージを包み込んだ。ゲストとして登壇頂いた中村アンさんの今後のご活躍を心から応援したい。


トークショーの前にはもう一つのお楽しみイベントである、モデルプレゼンテーションが開催された。
こちらは、Safariの誌面で実際に活躍中の、小麦色の肌と無精ひげが似合うセクシーでワイルドなイケメンモデル達が登場した。
コーディネイトはSafariを創刊から支えるカリスマスタイリストのKim-Changさんが、ネイバーフッド、wjk、ジュンハシモトなど錚々たるブランドが集う、阪急メンズ東京のセレクトショップ「ガラージュD.エディット」から“チェック”をテーマに選んだ。
チェックシャツを中心にした実践的なコーディネイトで、すぐにでも使いこなしてほしいというKimさんのメッセージが伝わってきた。実際に、モデルごとにKim-Changさんがコーディネイトのポイントはもちろん、袖のロールアップやシャツの出し方などのSafari流の着こなしテクニックをわかりやすく解説してくれるので、男性はもちろん、真剣に耳を傾ける女性の姿が印象的だった。イベントにこれなかった方には、ルックの一例を4階で展示しているので、ぜひともチェックしにご来店いただきたい。

美女とイケメンモデル達を間近に感じられた本イベントは、過去一番といっても過言ではない盛上りのうちに幕を閉じたが、スペシャルウィークはまだまだ続く。誌面を立体化した展示や、期間限定メニュー、さらにはプレゼントウィークもはじまるなど見どころは満載だ。

今回も、そしてこれからも阪急メンズ東京ならではのスペシャルウィークを楽しみにしていただきたい。

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.08.07 20:36

『コルテ-アルカ』に表情豊かな“キャメルスキン”、さらにスエードブーツも登場!【地下1階 CORTHAY】

フランス・パリが誇るシューズメゾン「Corthay(コルテ)」。ボティエ(靴職人)ピエール・コルテが生み出す靴は、デザイン性の高さからしばしば芸術的であると形容され、多くの人々を魅了し続けている。

今回紹介する名靴は、若き天才ピエールの代表作に新しく加わった“キャメルスキン”の『コルテ-アルカ』だ。

2012年秋に中東初となる旗艦店がドバイにオープンしたことに伴い、中近東原産の野趣あふれる“キャメルスキン”を加えたのだ。まずは写真を見ていただきたい。
グレインレザーの様なシボのある表情が特徴のキャメルスキンは、しなやかでありながら強靭な繊維構造をもつユニークな素材だ。
砂漠という厳しい自然環境で生活していたキャメルだからこそ、この独特の質感を活かすことができるという。優しく足を包み込む懐の深さ、質感をじっくりと味わっていただきたい。

ジョン・ロブ、ベルルッティを経て培ってきた技術と実力を基に、本格的な手法で仕立てられた『コルテ-アルカ』。

パリやロンドン、そして東京の大都市でこの靴を颯爽と履きこなす姿は、まさにピエール・コルテというメゾンの世界観そのものと言えるはずだ。


続いて日本限定のスエード素材ブーツを紹介したい。『ボブ』というデザインのこのチャッカブーツは、通常ラウンドトウの“オデン”というラストを用いている。

しかし限定ブーツでは、『コルテ-アルカ』に代表される細身の“セーブル”というラストを使用し、シャープなシルエットに仕立てられているのだ。
柔らかなスエードの外羽根式に、さりげなくあしらわれたオレンジステッチがポイントだ。
また、構築的なジャケットやフランネル素材などのスーツと合わせたいというニーズに応え、ラバーソールからレザーソールへと変更し、よりドレッシーな仕様で登場。エレガントな風合い漂うブーツを、これからの季節の先取りとして取り入れてみてはいかがだろうか。

「お洒落は足元から」ではないが、さり気ない違いで周囲と差をつける現代の伊達男たちにこそ、キャメルやスエードなどの表情豊かな靴で日々の着こなしを楽しんでいただきたい。

【関連記事リンク】
「コルテ-アルカ」美しいシェイプを支える様々な秘密
メゾン コルテ 職人の半生と物づくりへのこだわり“100% Made in Paris”
フランスの工芸靴CORTHAY(コルテ)



◆ご紹介のアイテム
コルテ-アルカ/キャメルスキン 174,300円
コルテ-ボブ(日本限定モデル) 182,700円

阪急メンズ東京 地下1階 コルテ

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.08.07 12:00

大胆な蛍光カラーが未来へ誘う「Y-3」の2013秋冬新作
【4階 Y-3(ワイスリー)】

世界をまたにかけるファッションデザイナー「YOHJI YAMAMOTO(山本耀司)」の「Y」。そして、スポーツ界を代表するブランドである「adidas(アディダス)」のアイコンである「3」本のライン。この2つが融合したブランドが「Y-3(ワイスリー)」だ。

ビッグコラボレーションから生み出される機能的で独創的なファッションアイテムは、常に人気を博し続け“誕生10周年”を迎えた。

節目といえる2013年の秋冬コレクションは、コンセプトに「フューチャー・スリフト(未来の質素)」を掲げ、「次世代の人々は技術的な要素と伝統的な要素をどのようにミックスするのだろうか?」というテーマをイマジネーション豊かに探究している。
特にメンズウェアは、ピンクをはじめとするグリーンやオレンジなどの蛍光色をシーズンカラーに定め、色鮮やかなアクセントが各アイテムを大胆に仕上げている。

定番の「3ストライプトラックジャケット」も、着る人をよりアグレッシブな男性の装いへと導くに違いない。

フットウェアも同じく軽快な足取りを約束してくれる。アディダスの伝統を活かしながら、21世紀らしい斬新なデザインに昇華されているのは「QASA HIGH」だ。

ポイントは、カータイヤからインスピレーションを得た“チューブ状のクッションテクノロジー”を搭載したソール。ヒールに施されたうろこのようなモチーフなど、一度見たら忘れられないインパクトのあるデザインに注目していただきたい。

「FS(フューチャースポーツ)バックパック」と名付けられたバックパックは、丸みを帯びたフォルムが特徴的だ。背中に触れる部分はメッシュになっていて蒸れにくく、上部と左右にジップ付きポケットを装備した優れもの。
蛍光グリーンのクロスベルトは、まさしく“未来”をイメージさせてくれる。背負うだけで時代の最先端に連れて行ってくれそうだ。

このほかにも、鮮やかな蛍光カラーがアクセントになった新作が揃う「Y-3」。今すぐ使えるアイテムばかりなので、ぜひお立ち寄りいただきたい。



◆ご紹介のアイテム
3ストライプトラックジャケット 25,200円
シューズ「QASA HIGH」 36,225円
FSバックパック 21,000円

阪急メンズ東京 4階 Y-3(ワイスリー)

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.08.06 12:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ