表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

マーク ジェイコブスの春アウターは、どこから見ても美しい完成度!

マーク ジェイコブス、2015春夏コレクションが入荷している。
今季のコレクションは、DAY&EVENING、LIGHT&DARKなど、相反する要素を敢えて組み合わせたデザインが魅力だ。

ドローコード マウンテンパーカー  164,160円


すっかり定着したタウンウェアとしてのマウンテンパーカーも、マーク ジェイコブスが解釈するとここまで美しくなる。柔らかなブラウンの表生地は程よいハリ感があり、フードからのぞく色鮮やかなライナーはまるでリゾートのようなリュクスを感じさせてくれる。

とは言え、大き目のポケットやドローコードなど、"マウンテンパーカー"たるゆえんのディテールは顕在。それでも、ドローコードに施された僅かなカラーリングや、ブランドが刻印されたレザータグなど、ディテールこそがラグジュアリーを語るのもまた然り。

ライナーには、スーツのジャケットにも使われる素材を採用。バナナリーフをモチーフにしたパームビーチプリントは、プレゼンテーションでもひときわ印象的だったことで記憶に鮮明な方も多いだろう。


ドローコード シングルブルゾン(カーキ)  135,000円


綺麗すぎず、カジュアル過ぎず・・・そんな要素を見事に融合させた、完成度の高いブルゾン。地模様のさり気ないストライプが、程よいシャープな印象を生む。

ネイビー×ブラックのドローコード、ゴールドの安全ピンなどディテールで魅せるマーク ジェイコブスらしさ。

ジップを開けると、がらりと表情が変わるのも面白い。スタンドカラ―を上まで閉じるのもいいが、春にはラフに開け放し、ちらりと覗く鮮やかなライナーで"大人の余裕"を見せよう。

ドローコード シングルブルゾン(ブラック)  135,000円


ライナーの鮮やかなカラーやゴールドのジップがより映える、ブラックもおすすめ。

マーク ジェイコブスが魅せる、リュクスでカジュアルなアウター。その美しさを、ぜひ店頭で確かめていただきたい。


阪急メンズ東京 2階 マーク ジェイコブス

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.03.07 08:00

新作のおすすめカジュアルシューズで、足元から春モードに。
【地下1階 紳士靴】

出かける朝の風はまだ冷たいものの、そろそろ冬靴を履くのは諦めたいところ。
こだわりの表情で人と差がつくカジュアルシューズならば、思い切って春モードにシフトできそうだ。


■スピングルムーヴ

個性的なデザインと、やめられない履き心地――そのクオリティが海外でも認められ、今では国内各種セレクトショップにも引っ張りだこの「スピングルムーヴ」。

スピングルムーヴ スニーカー(ローカット) 各 15,120円


阪急メンズ東京に入荷した新作をご紹介しよう。早くもスピングルムーヴファンが来店し、売れ行きも好調だという話題のデザインは必見だ。

トレンドの迷彩柄を大胆に表現したのは「デニム生地のジャガード織」だ。今回は"デニムの聖地"岡山は備後地区で生産されたデニムを採用。この地域では、なんと300年以上前から綿花が栽培され、手織物業・藍染め産業が盛んになったという。

スピングルムーヴ スニーカー(ハイカット) 各 19,440円


従来のデニムは縦糸1本で織るのに対し、縦糸2本で織ることで複雑な迷彩模様を表現。凹凸感があり、ふっくらと立体的に見えるので、プリントされた迷彩柄とは違った風合いを見せるのだ。

トレードマークである"手貼りのアウトソール"も、巻き上がって目に触れるデザインを活かし、それぞれに違う色に。

メイドインジャパンならではの細かな機能性。「レースアップのハイカットは着脱が面倒で・・・」という方、まずはスピングルムーヴのハイカットをお試しいただきたい。

スピングルムーヴ スリッポン 各 17,280円


入荷したばかりのスリッポンもおすすめ。この春にトライしたい"オールデニム"のコーディネート。せっかくなので、足元までデニムに染めてみてはいかがだろうか?


■ボエモス

1962年、イタリアのフィレンツェにて創業したファクトリーブランド「BOEMOS(ボエモス)」。有名ブランドのOEMも手掛けていたという上質なつくりは、カジュアルの中にもリュクスを求める大人におすすめしたい。

ボエモス ドライビングシューズ 18,360円


春になると欲しくなるドライビングシューズ。阪急メンズ東京のお客様からも定評のあるボエモスだが、今季の新作は今までにないドット柄が新鮮な印象。

「可愛い」――そう、あえて名言しよう。しかし、可愛いだけで終わらないのがさすがは実力派イタリアンシューズブランド。例えば細すぎず、絶妙にスクエアフォルムに仕上げられたトゥのシェイプが、計算された男性らしさを醸し出す。リボンも、レザーの平紐で甘すぎない印象に。

このお値段で、薄い牛革のスウェードでつくられたエレガントな足元が手に入るというのも大きな魅力のひとつだろう。安心のフィット感を生むのは、しっかりとしたアウトソールが配されているからこそ。もちろん、ドライブにも◎

ボエモス ドライビングシューズ 18,360円


より大胆にインポートブランドらしさを楽しみたいなら、大きなドット柄もおすすめだ。トレンドのデニムやホワイトパンツに合わせて、履くだけでコーディネートが完成するような1足は、春のお出掛けを格段に楽しみにしてくれること間違いなし。


阪急メンズ東京 地下1階 紳士靴

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.03.06 08:00

3.1 フィリップ リムの新作アイテムをご紹介!

阪急メンズ東京 4階にある、3.1 フィリップ リム。
この春の新作――中でも強力なリコメンドアイテムは、ブランド初となるスニーカーだ。


PL31 スニーカー 62,640円

程よいボリュームと丸みを帯びたシルエットは、着こなしを問わないシンプルなデザイン。これを履くだけで旬な足元が完成しそうな1足だ。


靴紐ではなくゴムを採用しているので足の出し入れがしやすい、実用性も兼ね備えたアイテム。レザーのシンプルな表情が、一層引き立つ。


PL31 スニーカー(パイソン柄) 77,760円

パイソン柄が印象的なこちらは、柔らかなカーフレザーを使用。コーディネートのポイントに、人とは違う1足をお探しの方におすすめしたい。


巾着型クラッチバッグ 58,320円

さらに、今季はナイロン×レザーの異素材ミックスで魅せるバッグも豊富に入荷している。ランウェイでみせたように、柔らかい巾着部分を握ってラフに持ち歩こう。

裏側には、クラッチ風に持てるようハンドルがついている、ちょっとした嬉しい設計が。


クラッチバッグ 95,040円

こちらは、A4サイズが入るスクエアフォルムのクラッチバッグ。ナイロンが魅せる絶妙な煌めきがリュクスなアイテムだ。しかし"異素材ミックス"とは、ジップについたレザーのことなのか・・・?

実は、レザーの薄型クラッチが内臓されているのだ。しっかりと留め具がついているので、組み合わせたり単体で使ったり、シーンで使い分けよう。



31 HOUR バックパック(ナイロン×レザー) 124,200円

定番のバックパックも、さり気なくストラップだけがレザー仕様に。


31 HOUR バックパック(ブラック) 178,200円

ちなみに、こちらが定番のレザーバックパック。程よい厚みのあるレザーなので、置いたときにも自立してくれる。シンプルで無駄のない、ミニマルなデザイン。


31 HOUR バックパック(セメント) 178,200円

最後に、3.1 フィリップ リムファンに是非ともお伝えしたいのは、今季のシーズンカラーである「セメント」の圧倒的な美しさだ。まさに文字通りセメントのようにマット、そして他にはない絶妙なニュアンスを含むこの色は、ぜひ店頭で、その目で確かめていただいて損はないだろう。


阪急メンズ東京 4階 3.1 フィリップ リム

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.03.05 08:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ