表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

職人が魂をこめたデニム「e-jeans」ポップアップショップが開催!【1階 イベントスペース】

岡山駅から電車でおよそ20分。豊かな緑と穏やかな瀬戸内海を臨む児島という地は、日本が世界に誇るデニムの聖地だ。


その児島で生まれた「e-jeans」――日本だけでなく世界中のファッショニスタをも虜にするデニムは、ジーンズを愛する職人たちの誇りとこだわりによって一つ一つ丁寧につくられてゆく。

10月4日(水)より1週間、阪急メンズ東京1階イベントスペースでは、e-jeansのポップアップショップを開催。本イベントのために、職人たちが魂をこめてつくりあげた特別な作品は、もはやデニムという概念をこえて芸術作品のようだ。

オールリペアジーンズ [e-805SV 10868] 162,000円

今日買ってすぐに履いても、これがまさか新品のデニムとは見えないほどいたるところにダメージ・リペア加工が施された究極の1本。「15~20年穿き込んだ時のデニムの傷み感をイメージして」つくられたというのだから、納得だ。

バックスタイルから裾に至るまで、文字通りパンツ1本すべてにリペアを施している。ひとつひとつの工程にかけられる職人の手仕事を思い浮かべながら、味わって履きこみたい1本だ。ちなみにこのオールリペアジーンズを1本作るために、職人が10日以上の時間を要するという。


ムラ抜染ジーンズ (No.19)  48,600円

ムラ抜染という手法でデニム事体の色を落とし、洗い加工したリペア布を縫いつけた後、再びムラ抜染加工をしたという、手間暇をかけたムラ抜染ジーンズ。

さらに手差し刺繍のデザインを加えることでほどよい変化がうまれ、より印象的に仕上げている。ハンドメイド感あふれる1本だ。


ジージャン [173209601]  84,240円

プレーンなデニムジャケットをライダース風にリメイクした、独特なスタンドカラーのジージャン(限定10着)。


各パーツを一度ほどいてから再生させた特殊技法や部分ブリーチ加工など、随所にみられる魂をこめた職人技を楽しみたい。さっと羽織るだけで、人とは違う圧倒的なオーラを放つデニムスタイルが完成する逸品だ。

期間中、1点以上お買い上げの方先着20名にはオリジナルバンダナ、もしくはトートバッグをプレゼント。ぜひこの機会に、デニムという文化をつくり続けるe-jeansの真髄をご覧いただきたい。
阪急メンズ東京 1階 イベントスペース

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2017.10.05 07:00

この秋の旬に見えるから「即買い!」なボトムス特集【7階 紳士服】

スタイリング全体の印象を左右するのは、実はボトムス。着こなしをアップデートするために「旬のボトムス1本は、新しいトップス何枚分にも相当するコストパフォーマンスがある」と主張するスタイリストも多い。

ザ・ダファー・オブ・セントジョージ
リブ クロップドパンツ 15,120円

リブやジャージーなど、スポーティーなボトムスは依然トレンドに健在。今から1本揃えるなら、数多出回っているようなわかりやすいものよりも”ひとひねり”を効かせた、デニム風リブパンツはいかが?本格的な色落ち感にもこだわった、ゆるすぎない大人のリブパンツだ。

ネオン バイ ハルプ

パンツ 24,840円


深めのサイドポケットが特徴的なシルエットをつくる、ほどよくリラクシングなアンクル丈パンツはネオン バイ ハルプからのリコメンド。素材に含まれるテンセルは肌触りや着心地に直結するだけでなく、見た目の上品さにも一役買っている。トレンドのテラコッタ、合わせやすいダークグレーの悩ましい2色展開。
ムッシュ ニコル エクストラ
ベルウィッチ「SAKE 1P」  29,160円


名だたるイタリアンブランドのパンツ製作を手掛けてきたファクトリーが2004年にスタートさせたパンツ専業のオリジナルブランド「BERWICH(ベルウィッチ)」は、雑誌でもスナップでも引っ張りだこ。今期トレンドのワイドテーパードパンツ(しかもタック入り)を、秋冬らしい素材感たっぷりに仕上げた「SAKE」モデルは1本おさえておいて損なし!

ハイストリート
イージーパンツ 20,520円

この秋、ぜひ1本おさえておきたいのは側章入りのパンツ。例えばすっかり定番となった「ジャケット+ゆるボトムス」の”こなれ”スタイリングも「少しハードルが高い・・・」と感じていた方は多いはず。そんなときに重宝するのが、ゆるさと綺麗さを合わせもったこの側章入りイージーパンツなのだ。


アバハウス ラストワード
ジョガーパンツ 14,040円

よりカジュアルに合わせるなら、アバハウス ラストワードの側章入りリブパンツをチョイス。モクロディ加工を施した生地は、ソフトな肌触りと上品な光沢感を両得できるのもいいところ。杢感のあるネイビーの生地なので側章が目立ちにくく、汎用性も抜群だ。


阪急メンズ東京 7階
ザ・ダファー・オブ・セントジョージ(直通電話番号 03-6252-5448)
ネオン バイ ハルプ(直通電話番号 03-6252-5483)
ムッシュ ニコル エクストラ(直通電話番号 03-6252-5437)
ハイストリート(直通電話番号03-6252-5277)
アバハウスラストワード(直通電話番号03-6252-5430)

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2017.10.04 07:00

本物志向の足元にはジャパンメードの「OLDMAN(オールドマン)」がいい!

手縫いの風合いが味わい深いと、眼識の肥えた大人たちに支持されるモカシンシューズブランド「OLDMAN(オールドマン)」。日本の製靴産業を支えてきた神戸で靴職人が立ち上げたブランドが現在、阪急メンズ東京 地下1階の紳士靴売場では初めてとなるオーダー会を開催中だ。(オーダー会については⇒こちらもあわせてご覧ください)

スリッポン「PALM」 34,560円

ソフトで足なじみの良い仔牛の一枚革を、手縫いで仕上げた定番のモカシンシューズ。ソールにはフルタンニンなめしの堅牢なベンズソールをつかい、心地良い履き心地で大人たちを虜にしている。

ローファー「LAUREL」 34,560円

「PALM」と同じ仕様のパターンであるペニー ローファ「LAUREL」。重厚で品格がある佇まいながら、手に取るとしっとりと柔らかく、足取りも軽やかだ。スーツやジャケパンにはもちろん、上質なアメカジスタイルにもはまる使い勝手のよい一足。

チャッカブーツ「VENICE」 36,720円

オーダー会でしか手に入らないベーシックなシルエットのチャッカブーツもおすすめ。カジュアルでありながらも品よい存在感で、上質な革そのものの表情や作りの確かさを感じることができるはず。末長く愛用できる自分だけの一足をこの機会に見つけてみては。
阪急メンズ東京 地下1階 紳士靴(直通電話番号 03-6252-5276)

「OLDMAN」パターンオーダー会

■期間:2017年9月27日(水)~10月10日(火)
■場所:地下1階 紳士靴

■製品仕様
・サイズ:24.0〜27.5(0.5 刻み)
・モデル:4型(スリッポン、ローファー、デッキ、チャッカブーツ)
・カラー:5色(ブラック、ブラウン、ネイビー、レッド、キャメル)
・素材:牛革(キップ)
・底材:牛革(ベンズ)
・製法:マッケイ製法
・価格:32,000円(税抜き)より
・お渡し:ご注文より約2カ月後より
*お渡し日は受注量によって予定より延びる場合があります。

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2017.10.02 12:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ