表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

“The 2nd ANNIVERSARY”
2周年記念の限定アイテムを誰よりも早く手に入れる!~ガラージュ編~ 【4階 GARAGE D.EDIT(ガラージュ D.エディット )】

皆さまにご愛顧いただき、阪急メンズ東京がとうとう2周年を迎える。この記念すべき10月は、スペシャルイベントだけでなく限定アイテムなども続々と登場する。その第1弾として紹介するのは、阪急メンズ東京に来店した際には必ず立ち寄ってほしいあのショップから。

スタイリスト野口強氏プロデュースのもと、国内外の新進クリエイターズブランドを阪急独自の目線でセレクトしたクリエイティブショップ「ガラージュ D.エディット(GARAGE D.EDIT)」だ。ぜひ、エクスクルーシブなアイテムで、この秋冬の特別なファッションを楽しんでいただきたい。

『3.1PHILLIP LIM(スリーワン フィリップ リム)』
ニューヨークで活躍するデザイナー「フィリップ リム」が、LAの人気ブランド「Development(ディベロップメント)」のデザイナーを経て、ビジネスパートナーWen Zhou氏と共に2005年秋にスタートさせたブランド。

フロントは全面グレーのスウェット、バックスタイルは全面ニットというユニークなコンビネーションのプルオーバー。今季のトレンドデザインである“フロントとバッグの異素材コンビ”を、2種類の編み地から作られた幾何学模様のニット素材で仕上げている。

プルオーバー 68,250円
(3.1 フィリップ リム)


『Rags McGREGOR(ラグス マックレガー)』
古くさい価値観に反抗し、独自に築き上げてきた60年代の若者たちのスタイルにインスパイアされたコレクションを展開している「Rags McGREGOR」。

オーセンティックなアメカジを提案し続けてきた創業90年の「McGREGOR」に、ロックテイストをプラスし2011年秋冬からスタートした新ブランドだ。“ボロ布”を意味する“Rags”には、本物志向である人々の洋服への愛着が感じられる。

ピッチが大きめの大胆なストライプが特徴的で、素材に良質なキッドモヘアを使用したカーディガンが2周年記念限定アイテムだ。ざっくり着こなしたいトレンドのビッグシルエットには、タイトなブラックデニムが相性抜群。

カーディガン 30,450円
(ラグス マックレガー)



『THOM GREY.(トム グレイ)』
アメリカのプレッピースタイルを現代的かつ大胆にアレンジした独特のスタイルが、2001年のスタートより世界中で人気の「Thom Browne. (トム ブラウン)」。

そのトム ブラウンから新ラインとして2012年秋冬にスタートした「トム グレイ」は、ファーストラインの世界観はそのままにアメトラファンでなくとも手に取りやすいアイテムが魅力だ。

限定アイテムは、アイコンの3ストライプがアクセントになっているクリーンなデザインのニット。「トム グレイ」ではあまり見られないモヘアのニットは、絶対に手に入れておきたい。
グレーとネイビーの2色展開。

ニット 各52,500円
(トム グレイ)



『DANIEL ANDRESEN(ダニエル アンドレセン)』
ドイツ生まれのダニエル アンドレセンが自身の名前を冠したブランド。ベルギー、アントワープのロイヤルアカデミー出身で、在籍中にフランダース・ファッション・インスティテュート大賞を受賞。

その後も拠点をアントワープに置き、『ハイダー・アッカーマン』や『ヒルデ・フルント』の元で働いた後、2010年に独立。

世界で唯一ダニエル アンドレセンにしかできない技術で編まれたニット製品は、独自性の高いデザインが印象的。シックだが温かみのあるコレクションが静かなブームとなっている。

独特の風合いが魅力的なニットカーディガンは、アームの切り替えられたデザインに注目していただきたい。素材の良さをそのまま着心地で感じられる懐かしさとモダンなデザインは、世界で阪急メンズでしか手に入らない希少なアイテムなのだ。

カーディガン 109,200円
(ダニエレ アンドレセン)

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.10.07 12:00

“The 2nd ANNIVERSARY”
「5階 モダントラディショナルスタイル」から“モノトーンロンドン”のビジネススタイルを特集!

10月に入り日中も過ごしやすい気候がようやく訪れ、そろそろ秋冬らしいビジネスアイテムを新調ししようという方も多いのではないだろうか。
「毎日身に着けるものだからこそ、よりお洒落に格好よく、機能性も妥協しない。」そんな働く日本の男たちに提案したいビジネススタイルが、阪急メンズ東京5階モダントラディショナルスタイルの各ショップより届いた。メンズファッションにおいて、もっともクラシックなカラーとされる“グレー”スーツの今年らしいスタイリングをご紹介したい。


【五大陸(gotairiku)】
今秋、5階にオープンした「五大陸」より紹介するのは、世界的な高級服地メーカー「ドーメル社」とのコラボレーションから生まれたロンドンシュランクコレクションのスーツだ。

1842年に英国製毛織物の輸入販売の服地商からスタートした「ドーメル社」は、紋章に刻まれている“domus optima domous amica (最高の品質を最高のおもてなしで)”の言葉通り、高品質の服地を供給し続けている。

ロンドンシュランクコレクションで使用されたのは、五大陸のためだけのオリジナル服地。手間と時間をかけた伝統の縮絨仕上げによって生み出されたドレープは、軽やかさと光沢感を併せもった美しい仕上がりとなっている。

世界中のテーラーからの圧倒的な支持を集める「ドーメル」と日本のビジネスマンの“こだわり”に応え続ける「五大陸」の技術と情熱の融合から生まれたユニークで洗練されたコレクションは、このシーズンぜひとも手に入れていただきたい一着だ。

アクセサリーまでモノトーンでまとめた洗練されたコーディネイトです。

スーツ 82,950円
ベスト 23,100円
シャツ 12,600円
タイ 9,345円
シューズ 40,950円
ポケットチーフ 3,150円
「五大陸(gotairiku)」


【MACKINTOSH PHILOSOPHY(マッキントッシュフィロソフィー)】
「ブリティッシュモダン」が今期のシーズンテーマである「マッキントッシュ フィロソフィー」には、1960年代に一世を風靡した「モッズ・ルック」からインスパイアされたアイテムが揃う。

提案するのは、エレガントでクールな現代のモッズスタイルを体現したコーディネート。フォックスフランネルの名で有名なフォックスブラザーズ社のウール100%の生地を使ったジャケットは、肩パットを入れず構築的なシルエットをモダンに表現している。程よいチョークストライプのジャケットは、ビジネスシーンではテーパードの効いたチャコールグレーのシンプルなパンツを合わせスタイリッシュにきめていただきたい。

アウターには、ウェストシェイプのシルエットと少し長めの着丈が特徴の定番アイテム「バラントン」を。立体的な衿元がクールな印象を与えてくれる。

グレーのモノトーンコーディネートだが、アイテムごとに素材感を変えるコーディネイトテクニックが新鮮です。

コート 99,750円
ジャケット 69,300円
シャツ 22,050円
スラックス 21,000円
タイ 14,700円
ベルト 13,650円
「MACKINTOSH PHILOSOPHY(マッキントッシュフィロソフィー)」



【KENT&CURWEN(ケント&カーウェン)】
“Good Old Days(古き良き時代)”をテーマに、70年代に代表されるウェアーに使用されたカラーやパターンをモダンに表現する「ケント&カーウェン」が提案するのは、品の良い派手さを持ちながらも、ビジネスシーンで使ってみたくなるエレガントさを併せ持ったコーディネートだ。

毛羽感を残したミルド調のフランネルチョークストライプ柄のスーツは、マットで肉厚な生地感が特徴。ボリュームのある肩とシェイプされた身幅、スラントポケットが全体のシルエットを細く綺麗に見せてくれる。

モノトーンのクレリックシャツと赤いレジメンタルタイをアクセントに持ってくることで、1点1点が特徴的なアイテムをエレガントにまとめたコーディネートとなっている。

スーツ 79,800円
シャツ 7,350円
タイ 10,500円
ポケットチーフ 5,250円
シューズ 39,900円
「KENT&CURWEN(ケント&カーウェン)」

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.10.05 12:00

“The 2nd ANNIVERSARY”
イタリアの老舗ブランド「TOD'S(トッズ)」より冬のマストアイテム「ゴンミーニ」が今年も登場 【3階 TOD'S(トッズ)】

「質の高い靴が揃う」と世界中のこだわり派の男に支持されているイタリアの老舗ブランド「トッズ」。

1979年に発表され爆発的人気を得た「ゴンミーニ・モカシン」の足裏からかかとまではめこまれた100以上のラバーぺブルが創りだす特徴のあるデザインはあまりに有名だ。

そんなトッズから秋冬ならではの「ゴンミーニ」をご紹介したい。まずは冬のトッズを語る上で欠かせない「ウインターゴンミーニ」。ボリュームを抑えた細身のシルエットが特徴の「ウインターゴンミー二」は多様なボトムと相性がよく、コーディネート次第でオンにもオフにも使えると評判の冬の必須アイテムだ。

毎冬、カラーや素材など少しずつ装いを変える「ウインターゴンミーニ」の登場を待ちわびているファンも多いのではないだろうか?

今季モデルの注目すべき点は、毛足の短いスウェードのつま先部分だけにオイルド加工を施し仕上げたアッパーのグラデーション。同素材に異なる加工を施すことにより独特の風合いに仕上がっている。

「まるで手袋をはめたよう」と称賛される包み込むような履き心地はそのままに、今までとは違った印象を魅せてくれる今季の「ウインターゴンミーニ」はすでに同モデルをお持ちの方をも十分に満足させてくれるだろう。

続いてご紹介するのはレースアップのウインターゴンミーニと並び定番になりつつあるムートンのゴンミー二だ。昨年はダークブラウン一色のみの展開だったが、今年は落ち着いたアースカラーの新色が加わった。

人気の秘密は履いた者を虜にする柔らかな足入れ。ふかふかのムートンとなめらかなカーフスエードに包まれた足は冬の寒さを忘れるほど心地よい。

スリップオンシューズで冬のおしゃれを楽しむ方にはぜひ一度このソフトな足入れを実感していただきたい。

最後に見ていただきたいのはゴンミーニとは一味違ったアイテム。先春デビューしたコレクション「Tod's No_Code」から登場した冬の「ゴンマパラ」だ。

「ユニセックスでパーフェクトなシューズを創りたい」というジェニファーソン・ハック氏のインスピレーションをトッズが誇る熟練のデザイナーや職人が形にする、まさに夢のコラボレーションが生み出す「Tod's No_Code」のシューズは、TPOに捉われない奥行きのあるコーディネートを可能にしてくれる。

クレープソールを使用した新作の「ゴンマパラ」は軽く耐久性に優れているのでウィークエンドのコーディネートに気軽に取り入れていただきたい。

スウェードやボアを取り入れたチェッカーブーツやサイドゴアブーツなど温かみのある秋冬らしいフェイスが並ぶ中、見逃せないのが阪急メンズ限定のサイドゴアブーツのボルドーカラーだ。上品だが存在感のある明るめのボルドーはモノトーンカラーが増える冬のコーディネートの幅を広げてくれるに違いない。


他にもバッグや手袋、ストールなどコーディネートを華やげる小物が並ぶトッズにて秋冬のおしゃれを楽しんでいただきたい。



◆ご紹介のアイテム
ウインターゴンミーニ 63,000円
ゴンミーニ ムートン 64,050円
スウェードサイドゴア 80,850円
スウェードチャッカブーツ 69,300円
ムートンチャッカブーツ 80,850円

阪急メンズ東京 3階 トッズ

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.10.04 12:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ