表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

HITOYOSHIシャツに待望の“スリムフィット”が初登場!
【地下1階 ドレスシャツ「ヒトヨシ」】

日本人の体型を熟知したパターンと厳選した素材が、最高の着心地をもたらす「HITOYOSH(ヒトヨシ)」のシャツ。そのヒトヨシシャツに、“スリムフィット”が登場した。

今、ファッションのトレンドには“タイトなシルエット”がベースにある。この冬は、スーツやジャケットに限らず、コートもスリムで美しいラインが好まれる。

そのタイトでコンパクトなファッションにもきれいにコーディネートできるうえ、ジャケットを脱いだときにも美しい立ち姿を見せてくれるシャツ。


ぜひ、この冬はヒトヨシシャツの“スリムフィット”で着心地だけでなく、スリムで美しいシルエットも手に入れてみてはいかがだろうか。


ヒトヨシのスリムフィットは、既存のシャツメーカーのスリムフィットより胸囲にゆとりを持たせ、胴囲を細くした逆三角形を描く。

裾囲もスリムパンツに収まりやすくするため、あえて細くつくり、スリットも短くすることで、長身の人や股上の浅いパンツでも脇からシャツが出にくくしている。

スリムとはいえHITOYOSHI社の着心地を重視したパターンは、体へのフィット感と連動して快適に動けるように設計されている。さらに、100番手の上質な生地を採用しているため、着心地だけでなく、見た目のなめらかな高級感も漂わせる。

Japan madeのファクトリーブランドだからこそできる、高品質に加え手頃な価格帯であることも注目だ。ぜひ、よいモノを大切に長く使うことのひとつに、HITOYOSHIシャツを加えていただきたい。

今回登場したスリムフィットは、ワイドカラーとカッタウェイの2種類を展開。より多くの方のスタイリングに応えられるよう、それぞれの襟型にスタンダードな3種類のカラーリングを用意している。
スリムフィットを店頭でお探しの際は、襟元のタグを目印にしていただきたい。

1日のなかでも長い時間身につけるシャツだからこそ、ビジネスパフォーマンスを高めるような着心地のHITOYOSHIシャツを選ぶべきではないだろうか。


【関連記事リンク】
「HITOYOSHI」世界に誇る日本の職人が作る白シャツ
「HITOYOSHI」に待望の“インポートコレクション”が登場
~こだわりの素材を~ 浜松生地の「HITOYOSHI」シャツと10周年を迎える「フランコスパダ」のタイ



◆ご紹介のアイテム
「HITOYOSHI」
スリムフィット 9,975円

阪急メンズ東京 地下1階 ドレスシャツ

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.11.04 13:00

11月のマンスリーテーマは「TWEED CITY」 
秋冬の定番素材“ツイード”はネイビーブルーでモダンな着こなしに

今、阪急メンズ東京では秋冬の定番素材“ツイード”をクローズアップした「TWEED CITY」というテーマでファッション提案を実施している。クラシックなツイードを使った、都会的で洗練された着こなしをぜひとも阪急メンズ東京でご覧いただきたい。

今回は、その中でも5階モダントラディショナルのフロアにある丸の内ビジネスマンに人気の4ブランドから、おすすめのコーディネイトをご紹介しよう。
ツイード素材のジャケットやコートの色をブルーやネイビーにすることで、おしゃれのお手本ともいえるイタリア的なモダンでスタイリッシュに仕上がったツイードコーディネイトが完成するのだ。

『NEWYORKER BY KEITA MARUYAMA(ニューヨーカー バイ ケイタ マルヤマ)』定番ハリスツイードのネイビージャケット
ニューヨーカーのトラッドスタイルをベースに、遊び心あるデザインやカラーリングを加えたファッションが大人のおしゃれ心をくすぐる「ニューヨーカー バイ ケイタ マルヤマ」。

ジャケットは長い歴史に裏付けられた高いクオリティーから、世界でもっとも人気の高いネイビーの「ハリスツイード」を採用。


コンパクトでモダンなシルエットのジャケットに、カジュアルな印象の赤いチェックシャツは小柄を選んでドレスアップコーディネイトのキーアイテムとしてセレクト。アメトラテイストのケイタらしい、ボリューム感のあるウールシルクの蝶ネクタイでVゾーンを引き締める。

仕上げは、ミディアムグレーのパンツを選んで、暗くなりがちな冬にトーンの明るい装いを提案。ケイタ マルヤマらしい、メリハリのあるスタイリングになっている。

ジャケット 61,950円
シャツ 15,750円
蝶ネクタイ 9,975円
パンツ 24,150円
帽子 参考商品
「ニューヨーカー バイ ケイタ マルヤマ」



『J.PRESS(J.プレス)』伝統柄ウインドウペーンのネイビーツイード
知的で上品なアメリカン・トラディショナルの老舗ブランド「J.プレス」。

英国カントリー調の伝統柄ウインドウペーンのネイビージャケットに、スコットランドの老舗紡績「ジェイシーレニー社」のシェットランドウールを使用した赤いベストを合わせたアーバントラッドなスタイル。

寒色のなかに、ビタミンカラーを加えることで知的な着こなしに。今年注目のウインターホワイトのボトムを合わせ、阪急メンズ東京のJ.プレスらしい都会的なコーディネイトを提案している。
色の合わせ方次第で、重たいツイードのアウターコーディネイトを軽く、モダンに仕上げることができるのだ。

ジャケット 69,300円
ベスト 14,700円
シャツ 14,700円
蝶ネクタイ 9,975円
パンツ 19,950円
「J.プレス」


『EDWARDS(エドワーズ)』表情豊かなドネガルツイード
あらゆるシーンにおいてシンプル且つ男らしい装いを演出する「エドワーズ」。

伸縮性のあるミックス感あふれるドネガルのネイビーツイードジャケットに、地厚の鹿の子シャツにカシミアのベストをセレクト。





ジャケットは背抜きなので、羽織感覚で手軽に着用でき、デニムなどカジュアルスタイルとも相性も良い優れもの。

ライトグレーのすっきりとしたウールのスラックスに合わせ、トーンのグラデーションでモダンさを醸成。

ジャケット 71,400円
ニット 16,800円
シャツ 12,600円
スラックス 25,200円
「エドワーズ」


『KENT&CURWEN(ケント&カーウェン)』上品なネイビーのネップツイード
ネップ入り、ホームスパン調のネイビーツイードを使い、今年注目のチェスターコートに仕上げたケント&カーウェン。

休日のカジュアルスタイルも、タートルネックのニットならエレガントな着こなしを演出してくれる。もう少しドレスアップしたいなら、薄くてしなやかなストールで首元にアクセントをつけるのがおすすめ。

ジャケット感覚で使える軽い仕立てのチェスターコートは、1着持っておいて間違いなしだ。

スリムなホワイトテーパードデニムを合わせて、洗練されたツイードの装いを完成させてほしい。

コート 79,800円
ニット 27,300円
ストール 14,700円
パンツ 22,050円
「ケント&カーウェン」

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.11.02 12:00

アウターからギフトアイテムまで今欲しいものが手に入る「McQ」
【4階 McQ ALEXANDER McQUEEN(マックキュー アレキサンダー・マックイーン)】

オリジナリティ溢れるデザインと洗練されたコレクションが、ファンの心を掴んで離さない「McQ ALEXANDER McQUEEN(マックキュー アレキサンダー・マックイーン)」。前回前々回ブログで紹介し、好評をいただいた秋冬コレクションに最新のアウターが入荷したのでご紹介したい。

マックキューから提案する最初のコートは、メタリックなボタンをV字に配したデザインのピーコート。異素材を使用したリブとの組み合わせは、今季のマックキューならではのギミックな仕上がりだ。

ウエストを絞りシルエットにもこだわった膝丈サイズのピーコートは、アクティブかつエレガントな装いを約束してくれる。

次に紹介するコートは、レザーとウールのコンビネーションがスタイリッシュなバイカーコート。ベルトと後ろ身頃にレザーを配した重厚感のあるコートだ。

トレンチの要素を取り込みつつ、ワイルドなファスナー使いとコンビネーションの効いたファブリック使いが相まって、レザーのバイカーコートとは一味違った、色気すら漂うコレクションピースとなっている。
新着アウター3着目は、今シーズンのコレクションテーマの一つであるブリティッシュサブカルチャーからインスパイアされたミリタリーパーカーコート。

中綿入りなので、寒い冬には欠かせないアイテムだ。ファー付きのフードにはファスナーが付いていて、フライトジャケットのディティールを取り入れたデザインとなっている。

コートを脱いだときやファスナーを開けて着るときにちらりと見える裏地の赤いタータンチェックがなんともかわいい。

***

マックキューに届いたアウター以外の新着アイテムも紹介しよう。

ブルーのスポットが規則正しく並び、遠近で表情を変えてくれる立体感のあるVネックニットセーター。襟元、袖、裾にあるざっくりとした太めのリブが、ニットの印象を引き締めてくれる。

重ね着しても、一枚で着てもいい幅広い着こなし方が楽しめる一枚だ。

クルーネックのレッドカラーとの2色展開。


最後に紹介するアイテムは、ギフトとしも喜ばれる大判のスカーフだ。
巻き方をアレンジすることで、コーデの主役となるスカーフには、つばめのグラフィックが描かれていて、巻き方次第でブルーとネイビーの明暗を楽しむことができる。

店頭でぜひ、巻き方のアドバイスを受けてみてほしい。

この他にもパンツやシューズなど充実のラインナップが揃うマックキュー。冬の定番としてこれから取り入れてみてはいかがだろうか。


【関連記事リンク】
モッズやスキンヘッドを現代風に仕上げた『McQ』2013秋冬コレクション
注目の最新作は、反骨心が描かれた男のための大人カジュアル



◆ご紹介のアイテム
ピーコート 117,600円
バイカーコート 200,850円
ミリタリーパーカーコート 132,300円
スポットストライプニット 47,250円
スワロースカーフ 24,150円

阪急メンズ東京 4階 マックキュー アレキサンダー・マックイーン

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.11.01 12:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • カラージュブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • 3rd STYLEブログ
  • ギフトコンシェルジュ
  • ビューティー&リラクシング(BEAUTY & RELAXING)
  • ヴィンテージ&リバイバル(VINTAGE & REVIVAL)