表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

全く新しい感覚のジャケットが登場!【3階 ヘルノ】

ふわっ、サラサラ、しっとり・・・?!――このジャケットの生地感をあえて文字にするならば、こうなるだろうか。その心地良い手触りが病みつきになるファンも多く、一度手に取ると、なぜかずっと触れていたくなってしまう不思議な引力をもっているのだ。


ジャケット 77,760円

ヘルノといえば冬のダウンコートが代名詞のように定着しているが、秀逸な素材づかいのワザは、春夏のアウターにもそのまま活かされる。ダウンコートで人気のNUAGE(ヌアージュ)というナイロン素材をつかった、この春の人気ジャケットをご紹介しよう。

非常に細い糸で織りあげた素材は、その軽さなんとおよそ270g!りんご1個分にも満たない軽さのジャケットということになる。光のあたり方によってマットにも光沢があるようにも見える、ヘルノらしい上品な風合いも楽しめる1着。

ウエストラインも程よく絞っていて、シルエットもきれいなので心配はご無用。2枚仕立てなので動くたびに程よく空気を含み、春の風になびくのを想像するだけで、気持ちまで清々しくなるようだ。

そしてこのジャケットは、シワにもなりにくい。「あ、今日の夜は少し肌寒いかも・・・」「今度の旅行や出張に、何かちょうどいい羽織りが欲しい」そんなシーンに、片手でくしゃっと掴んで出かけよう。コーディネート力抜群のネイビーは、直営店の中で阪急メンズ東京限定の取り扱いなので、ぜひお早目に・・・!


阪急メンズ東京 3階 ヘルノ(直通電話番号03-6252-5334)

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.04.04 07:00

楽しむことを忘れない大人におくる、旬なVゾーンのつくりかた。【地下1階 ネクタイ】

新年度の気持ちも新たに、きちっとタイドアップしたスーツスタイルが今の気分、という読者の皆様に質問。写真の5本であれば、どれをチョイスするだろうか?

この春も、ブルーの勢いが止まらない。鉄板のネイビースーツに似合ううえに、知性や品格、誠実さを象徴する色。ビジネスシーンはもちろん女性ウケも抜群となれば、もはやブルーのネクタイを選ばない理由はないのかもしれない。


ネクタイ「ザ・タイ」7,560円
(シャツ ヒトヨシ 10,260円 スーツ フランコ・プリンツィバァリー 102,600円)

素材の切り替えで魅せるレジメンタルで、王道のVゾーンを完成させるのもいいだろう。しかし、当ブログ読者の皆様にはこの春、ぜひとも"もう一歩"ファッションフォワードなVゾーンを楽しんでいただきたいのだ。


(奥)ブリューワー 15,120円(手前)ステファノ ビジ 16,200円

例えば定番の小紋柄でも、複数のカラーを使ったり、光沢の際立つものは少し躊躇されがち。しかしそれは、ネクタイだけを見ているからではないだろうか?

ネクタイを選んでいるときはその1本が100%のように感じるが、実際につけてみると、身体全体の面積に占めるネクタイの割合はわずか5%~10%ほど。つまり、自分が思っている以上に派手にはならず、逆に"ブナン"なものを選んだ場合、ともすると"地味"な印象にもなり得るということだ。

逆に言えば「ちょっと華やかすぎるかな・・・?」と思うくらいのネクタイを選んでみると、意外としっくり!理想のVゾーンが完成!となるサジ加減を、ぜひとも心得ておこう。


(奥)ペンローズ 20,520円(手前)フランコスパダ 10,800円

さらにハードルが高いと思われがちな、総柄のネクタイ。これも実際につけてみると・・・

清涼感と華やかさをどちらも欲張れる、ワンランク上のVゾーンが完成!

職業や立場によってTPOを考える必要はあるものの、この春は、フレッシャーズからも同僚からも一目おかれるような、そして何よりも自身が楽しめるネクタイ選びをしたいものだ。


スタイリング監修 :スタイルメイキングクラブ

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.04.03 07:00

リュクスで軽やかな、ネイビーを纏う。【3階 ブルネロ クチネリ】

本当によいものとは何だろうか?ブルネロ クチネリではその答えのひとつを「素材」に見出し、えらびぬいたものを採用している。世界の名だたるメゾンブランドと同格――ときにそれ以上の素材をセレクションしているといえば、素材へのこだわりの強さ、そして上質さをおわかりいただけるだろう。


モッズコート 330,480円

例えば、落ち着いたネイビーが大人っぽい印象のモッズコートはウールとシルクの混紡素材を採用しているが、これが実に軽やかで繊細なのだ。ともするとカジュアルになりがちなモッズコートがここまで洗練され、ジャケットの上でも難なく似合う。

美しいツヤ感の生地は、太陽にかざすとわずかに光を通すほど薄い。シワになりにくく撥水加工もされているので、例えば避暑地へと赴く時に、文字通りサッと羽織っていきたくなるというわけだ。



ジャケット 345,600円

リュクスなムードはそのままに、羽織るだけでカジュアルダウンできるのがモッズコートならば、軽やかなリネン混のジャケットは程よいドレスアップに。

ウール、シルク、そしてリネンを絶妙なバランスで混紡した素材は、実に表情が豊かだ。春を感じる上品な光沢に加えて、さり気ないネップ感もまたいい。


今年トレンドのホワイトをはじめ、明るいトーンのトップス&ボトムスを程よくシックに仕上げてくれるのは、やはり優秀なネイビーカラー。素材の上質さがにじみでるブルネロ クチネリならば、他とは違うオーラのあるコーディネートが完成するはずだ。


阪急メンズ東京 3階 ブルネロ クチネリ(直通電話番号 03-6252-5432)

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.04.02 07:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ