表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

「ミッドセンチュリー モダン」で先行して購入できる、限定『ニーチェア』

1970年に誕生して以来、国内外を問わず愛され続けてきた『ニーチェア』。「ミッドセンチュリー モダン」では、その『ニーチェア』の50周年記念として発売される限定チェアを先行して受注可能だ。1120日の発売と同時に即時完売が予想される各限定250脚のチェアゆえ、この機会をお見逃しなく!

 

 

ニーチェア X  50th アニバーサリー リミテッド エディション ¥47,300

 

難しいとされるキャンバスの黒を、先染めと繊細な織りによって実現した特別な『ニーチェア X』。通常のニーチェアにはない、自然の木目が美しい肘かけにオイル仕上げを施し、経年変化を楽しめるようにした。脚には1970年代当時のクロームメッキを彷彿とさせる光沢のある脚を採用。シリアルナンバーと特別仕様のブランドタグ入り。幅61×奥行76,5、高さ86、座面の高さ35cm

 

 

ニーチェア X ロッキング 50th アニバーサリー リミテッド エディション ¥49,500

 

『ニーチェア X』の脚を、前後に優しく揺れ動くロッキングタイプに変更した『ニーチェア X ロッキング』。『ニーチェア X』、『ニーチェア X ロッキング』共に素朴な風合いを楽しむ“キナリと、高い技術を要する“クロがある。幅61×奥行76、高さ92、座面の高さ43cm

 

 

ニーチェア X オットマン 50th アニバーサリー リミテッド エディション ¥26,400

 

『ニーチェア』で過ごすひとときをさらに心地よくしてくれるのが、こちらのオットマン。このオットマンにももちろん肘かけや脚など、50周年限定モデルだけの特別仕様を施してある。単独でスツールとしても使えるので、アウトドアでも活躍してくれそうだ。

 

阪急メンズ東京 7F ミッドセンチュリー モダン

(直通電話番号03-6252-5491

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.11.02 07:00

3シーズン着回せる「ヒステリックグラマー」の新作アウター

せっかく新調するのであれば、できるだけ長く着たいと思われる方もいるだろう。そんな方にオススメなのが、「ヒステリックグラマー」の新作アウター。秋にはTシャツでさらりと、冬にはニットをレイヤードして暖かく、そんな使い勝手の良いライトなアウターを紹介する。今日からノベルティフェアを開催しているので、そちらもお見逃しなく!

 

 

ラムスウェードウエスタンジャケット ¥107,800

 

トルコ産の子羊の原皮を厳選して使用した贅沢なスエードブルゾン。現地のタンナーで加工することで起毛の非常に細かな、色っぽいスエードのタッチを実現した。厚すぎずインナーとしても使えるので、冬場にはコートにレイヤードしてもオシャレに楽しめる。ブラウン、ブルー、ブラックの3色。

 

 

ピーコート ¥74,800

 

「ヒステリックグラマー」には珍しいシンプル&シックなピーコートは、ヴィンテージを忠実に再現したこだわりが宿る一枚。10箇所配置したボタンが印象的で、全てにスコーピオン柄を刻印している。軽やかなコートとして、ビジネスシーンでも活躍する3シーズンアウターだ。

 

 

ポーラーテックアルファ プリマロフト スーベニアジャケット ¥54,780

 

ポーラーテックとは、アウトドアウエアに使われる軽量性と耐久性に優れたタフ素材。そこにプリマロフト(人工ダウン)を注入し、リバーシブル仕様にするというこだわりがテンコ盛りの一着。ライニングはレオパード柄になっているので、開け放って柄をチラ見せしても格好良い。

 

 

裏返せば表情は一変

 

ひっくり返すと、まるで別のジャケットへと様変わりするリバーシブル仕様。ダウン抜けを防いでくれる素材なので、ダウンにありがちなフェザーがちょろり、なんてこともない。他のアイテムを黒で統一すれば、大人っぽいのにインパクト抜群の着こなしに。

 

阪急メンズ東京 6F ヒステリックグラマー

(直通電話番号03-6252-5479

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.11.01 07:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ