表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

Hysteric Glamourの秋冬新作アイテムが続々入荷!
ノベルティ付きの“2013 AUTUMN FAIR”も開催決定
【4階 ヒステリック グラマー】

「ヒステリックグラマー」の最新2013-14AWアイテムが届いた。
最初に紹介するアイテムは、背中に“HISTERICロゴとスカル柄”のライン刺繍を施したインパクト大のジャケット。
アメリカンビンテージジャケットを基に、素材の使い方にアレンジを加えたラウンドカラージャケットだ。

ウレタンコーティングを施した光沢のあるナイロン生地は、最初はやや固めだが使い込むことで柔らかさとともに抜群の着心地感を増す。
コーデュロイを使用した襟はラウンドカラーにデザインすることで個性が際立っている。寒い日には、フロントジッパーを閉めることで襟を立たせることができ、防寒機能も万全だ。

細部にまでこだわりを見せるのがデザイナー、北村信彦の真骨頂。フロントと腰ポケットのジッパーには、ジッパーメーカーの本家“TARON社製”を使用。左胸と背中の刺繍には、それぞれチェーン刺繍とライン刺繍を使い分けている。さらに、見えないポケットの内側にもコーデュロイを使用するというこだわりは、彼のファンにとっては堪らない仕掛けだ。カラーは、チャコールグレー、ネイビー、カーキの3色展開。


続いて紹介するアイテムは、独自開発した新素材を使用したデニム調のセットアップだ。ソフトな肌触りとリラックスして着れるストレッチ性が嬉しい“ニッティッシュクロス”と呼ばれるニットライクな素材のジャケットとパンツは、見た目以上に軽い仕上がりとなっている。

斜めにカッティングされたパッチポケットと、両腰のユルいアーチを描いたフラップ付きポケットがアクセントとなった一枚仕立てのジャケットだ。フードもとのタブや袖口のアジャスタータブ、そして前立て裏に採用された“WALDES製”(1940年代にアメリカに存在し、現在は当時の製法・規格を基に作られた「現代のビンテージ・ジッパー」として有名)のジッパーなどディティールに至るまで精巧に計算され尽した一着だ。

ストレッチが効いて履き心地の良いパンツは、ハリがあるのでルーズになり過ぎない。60年代のデニムを意識し、もものアタリや色落ちの表現などリアルなビンテージ感あふれるデザインが絶妙だ。

この他にも気になる秋冬アイテムが目白押しの「ヒステリックグラマー」。秋への準備として新作を是非ご覧いただきたい。

【ヒステリックグラマー オータムフェア開催決定】
「ヒステリックグラマー」の限定ノベルティを毎回楽しみにしている方に朗報だ。8月3日(土)から“2013 AUTUMN FAIR”が開催され、ノベルティ(税込52,500円以上お買上げのお客様対象)を貰うことができるのだ。これから続々と入荷する新作の秋冬アイテムと合わせて、ぜひ手に入れていただきたい。


期間:2013年8月3日(土)から
特典:税込52,500円以上お買上げのお客様に、STRANGE COMICS総柄のトートバッグをプレゼント。
※ノベルティは数量限定につき、なくなり次第終了とさせていただきます。



◆ご紹介のアイテム
チノラウンドカラージャケット 41,790円
ニッティッシュクロスフーデッドジャケット 37,800円
ニッティッシュクロスクライミングパンツ 25,200円

阪急メンズ東京 4階 ヒステリックグラマー

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.07.26 20:00

2013年秋冬コレクション“アナトミックチュール”
【4階 UNDER COVER(アンダーカバー)】

UNDER COVERISM/アンダーカバイズム 2013秋冬コレクション
“Anatomicouture”
2013年7月27日(土)スタート

独創的な世界観を表現し、春夏のコレクションから雰囲気を一変させた「アンダーカバー」。デザイナー、高橋盾氏が2013秋冬コレクションに掲げたテーマは“Anatomicouture(アナトミックチュール)”。解剖とクチュールを融合させたテーマだ。骨をモチーフにしたプリントなど、強烈なインパクトを与えるデザインは、彼のファンはもちろん、多くの人に大きな影響を与えるだろう。
新作の秋冬コレクションのアイテムが続々と入荷してくるので、ぜひ実際にショップで確かめていただきたい。

















「UNDER COVER(アンダーカバー)」
デザイナーである高橋盾が文化服装学院に在学中に設立したジャパンブランド。独特な感性を持ち、彼の表現するファッションに感銘を受けるファッショニスタが多く存在する。今後も目を離すことのできない注目のデザイナーなので、チェックを怠らないで見届けていきたい。

【関連記事リンク】

阪急メンズ東京 4階 アンダーカバー

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.07.26 13:30

『CORDVANKS cordvan×cordvan×cordvan』イベント開催中
【1階 イベントスペース(ウォームスクラフツ)】

西洋アンティーク家具に陳列されるのは、優雅な輝きを放つ革アイテムの数々。革好きとしては思わず心くすぐられる光景が、1階エントランスに広がっている。

馬革の魅力を発信し続ける「THE WARMTHCRAFTS-MANUFACTURE(ウォームスクラフツ)」から、限定カラーや限定アイテム、そして新作モデルのお披露目イベントを開催中だ。

『CORDVANKS cordvan×cordvan×cordvan』と題し始まったイベントでは、加工が難しいと言われるコードバンに珍しいカラーの着色、クロコや特殊な柄の型押しを施すなど、他に類を見ない作品がズラリと並ぶ。コードバンの一貫生産を行っている「新喜皮革」だからこそ出来る匠の技が存分に見て取れる。

日本の職人の手によって丹念に作り出されたコードバン製品は、完成度の高いアートピースの様ですらある。コードバンがもつ光沢感と重厚な佇まいを、ここまで遺憾なく発揮しているアイテムは、なかなか手中に収めることは難しいだろう。実際に足を運んで、見て、触れて、虜になっていただきたい。

さらに今回どこよりも早くお披露目となったのは、阪急メンズでしか手に入らない限定モデル“ALLBLACK model”だ。デビューは9月からの予定だが、当イベントで先行販売というからには見逃せない。内装、ファスナー、金具全てをブラックカラーで仕上げた特別仕様の各アイテムは、いつもとはまた違う深みが増しているようだ。職人の手により丁寧に磨き上げられた革の味わいを、堪能していただきたい。

「新喜皮革」には「ウォームス」とは別にもうひとつ「SACRIFICE(サクリファイス)」というオリジナルブランドがある。
そのサクリファイスから登場するのは、いわゆる“ライダース”と呼称される革で作られたニューラインだ。

顔料仕上げの革は、美しく均一性のある革表面を作り出し、擦れや傷、色ブレを気にすることが少ない。少々荒っぽい日常使いにも耐えうる、心強い相棒になってくれること間違いなしだろう。

気になるカラーリングは、3色。落ち着いたトーンで美しく発色を放つグリーン、「ウォームス」では展開の無いダークブラウン、そして定番色のブラックの展開となっている。お客様の要望から、新たに改良されたデザインと従来以上の良質な革の融合によって生まれたニューラインは、今回のイベントでも特に注目株だ。

期間中は、レザーケアの相談も行っている。大事に長く使用したいけれどケアの知識がいまいち分からない、何を使えば良いのかなど、専門のアドバイザーに相談していただくことができる。

こだわりのある革製品を選んでいただくからには、自身でしっかりと手入れを行い、エイジングと共に色艶を長く楽しむべきだろう。

『CORDVANKS cordvan×cordvan×cordvan』、イベントの名が表す通り、革好きの方は見逃すことなく来訪いただきたいと願うばかりだ。

【関連記事リンク】
新喜皮革の新ブランド「SACRIFICE(サクリファイス)」が登場!
「ウォームスクラフツ」日本のもの作り精神を凝縮



◆ご紹介のアイテム
「サクリファイス」
(上から6枚目の写真左)ブリーフケース 57,750円
(上から6枚目の写真左から2番目)トート 70,350円
(上から6枚目の写真中央)ビジネスショルダー(小) 31,500円 
(上から6枚目の写真右から2番目)リュック 72,450円
(上から6枚目の写真右)ビジネスショルダー 48,300円

阪急メンズ東京 1階 イベントスペース「ウォームスクラフツ」

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.07.25 16:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ