表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

“JAPAN CREATORS WEEKS”
「mastermind JAPAN」とのコラボアイテム近日発売!入荷済みAWアイテム情報も【4階 SOPH.(ソフ)】

日本を代表するクリエイターブランドが、数多くひしめく阪急メンズ東京4階。現在“JAPAN CREATORS WEEKS”が絶賛開催中となっている。今回はデザイナー、清永浩文の手掛ける「SOPH.(ソフ)」にスポットライトを当てる。
7月末からスタートした2013-2014A/Wコレクションの中から、人気のアイテムと近日発売となる注目のアイテムを紹介しよう。

「uniform experiment」
今ネット上でも話題を集めているのが、8月31日(土)から発売される「uniform experiment × mastermind JAPAN」コラボレーションアイテムだ。


「uniform experiment」定番モチーフの1つである"COLOR CHART"に「mastermind JAPAN」を象徴する"MMJ SKULL"を落とし込み、UEベーシックプロダクトをベースとしたプロダクトだ。争奪戦が予測されるこのコラボレーション、ぜひ早めに手に入れていただきたい。

■「uniform experiment × mastermind JAPAN」コラボアイテム販売
期間:2013年8月31日(土)から



「SOPHNET.」
老舗デニムブランド「Lee」とのコラボアイテムが今季も登場。11オンスのインディゴデニムを使用したワークコートは、一枚でも主役を張れるアイテムだ。

カードや定期が収まる左袖のジップポケットは、ソフネット特有のディティール。肘にはエルボーパッチが備わっており、旬度を高めたデザインだ。
「F.C.Real Bristol」
「NIKE」と共に、独創的なコンセプトをもって、サッカーウェアをファションとして展開する「F.C.Real Bristol」。2013-2014 A/Wコレクションは、ちょうど節目となる30シーズン目を迎えることとなった。
記念すべきシーズンで表現されるのは、もちろん“スターパターン”をおいて他にはないだろう。
ジャージー素材のPDK(吸汗速乾性と動きやすさを兼ね備えた生地)を使用した「NIKE」のクラシカルなトラックジャケット。ディティールは、「NIKE」で人気のN98をベースにして、若干タイトにつくられている。

PDKジャケットのセットアップとして考えられたのが、やや細身のトラックパンツだ。「NIKE」のトラックパンツでは珍しくバックポケットを完備し、普段着のファッションアイテムとしてもおすすめできる。

ジャケット、パンツともに今シーズンを象徴するスターの総柄プリントは、貴男の存在感を最大限に引き立ててくれるはずだ。

今後も新作が続々と登場する秋冬アイテム。「SOPH.」の魅了的なアイテムを取り入れて、今秋もスタイルを楽しんでいただきたい。

***

■クリエータープロフィール
清永浩文(HIROFUMI KIYONAGA)/1967年生まれ
1998年:「SOPH.」をスタート。
2000年:架空のサッカーチームブランドである「F.C.Real Bristol」を「NIKE」とのダブルネームのブランドとしてスタート。
2002年:S/Sコレクションよりブランド名を「SOPHNET.」に改称。
2008年:藤原ヒロシとのコラボレーションブランド「uniform experiment」をスタート。

【関連記事リンク】
「SOPHNET.」「uniform experiment」2013-14 A/W 待望の新作が発売開始



◆ご紹介のアイテム
「mastermind JAPAN × uniform experiment」
ALPHA TIGHT FIT MA-1 94,500円
SKULL TEE 16,800円
SLIM-FIT UNDISCOLORATION JEANS (RIGID) 36,750円
SKULL STOLE 68,250円

「SOPHNET. 」
Lee DENIM SHOP WORK COAT 35,700円

「F.C.Real Bristol 」
PDK JACKET 25,200円
PDK LONG PANT 19,950円

阪急メンズ東京 4階 ソフ

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.08.28 12:00

“JAPAN CREATORS WEEKS”
「UNDER COVER」のセカンドライン「JohnUNDERCOVER」スタート!【4階 ポップアップショップ(ジョンアンダーカバー) 】

日本が世界に誇るクリエイターズブランドにスポットを当てた“JAPAN CREATORS WEEKS”が、阪急メンズ東京4階で開催されている。

今回スポットを当てるのは、2013-14年秋冬シーズンのデビュー前から話題を集めている「JohnUNDERCOVER(ジョンアンダーカバー)」だ。

「アンダーカバー」初のセカンドラインとして、デザイナーである高橋盾による監修のもと、日常使いを主力としたアイテムを取り揃えている。
カットソーやセーターの他に、シューズやキーストラップなどの小物を阪急メンズ東京ガラージュD.エディットのプロモーションスペースで展開中だ。
異素材使いを特徴としたコレクションは、ファーストラインと遜色のないラインナップながらも、ややリーズナブルな価格で手が届きやすいのが魅力的だ。

まずは今コレクション一押しアイテムであり、アイコニックなモヘアニットを紹介したい。

モヘア(アンゴラヤギの毛)をベースにウールとナイロンをミックスさせた、ふんわりとした風合いのニットセーター。着た時の肌触りが良く、快適に一日を過ごすことができる。またフィット感のある丸首なので保温性にも優れているので、これからの冬に備え手に入れてほしいアイテムだ。

流行のバイカラーデザインを取り入れつつも、季節感を感じさせる色使いがナチュラルな暖かみを生み出してくれる。また背中の首筋の一本ラインが後ろ姿に一味違った表情を与えてくれる。

ジョンのコレクションにある日常に取り入れやすいデザインが、「アンダーカバー」のファンへのきっかけになりそうだ。


続いて紹介するアイテムは、モヘアニットの隣に後ろ姿でディスプレイされてたパーカーとパンツだ。
一見すると、カーディガンの腰巻スタイルにパーカを羽織ったルックに見える。実は、カーディガンとパンツが融合したレイヤード仕様という凝ったアイテムなのだ。
パーカのデザインもパンツ同様のこだわりが詰まっている。前から見るとコットン素材のシンプルなパーカーだが、後ろはウール素材のボーダーニットの切り替えしを施したユニークな1着。背中の丈が少し長いデザインがポイントだ。

異素材使いやレイヤードを得意とする「アンダーカバー」の“らしさ”を感じさせるディティールが、ファンの心を鷲掴みにする。

「アンダーカバー」のエッセンスを取り入れつつも、より幅広い年齢層、嗜好を持った男性に向けて作られたニューコレクション。ブランドの世界観をより身近に、より日常の中で感じていただきたい。プロモーションスペースでの拡大展開は9月3日(火)までとなっている。

■クリエータープロフィール
高橋盾(JUN TAKAHASHI)/1969年生まれ
1990年:文化服装学院在学中、友人と「UNDER COVER」を立ち上げる。
1994年:秋冬東京コレクションに初参加
2002年:03春夏 Paris COLLECTIONに初参加

1990年代に、東京の裏原系ブランドの中心として若者達を先導し、一大ブームを巻き起こした日本が世界に誇るクリエイター。


◆ご紹介のアイテム
モヘアニット 31,500円
パーカー 25,200円
パンツ 33,600円

阪急メンズ東京 4階 ポップアップショップ(ジョンアンダーカバー)

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.08.27 12:00

2013秋冬新作・コレクションライン注目のスーツが登場。定番アイテムも必見【2階 アレキサンダー・マックイーン】

クラシックなスーツスタイルの代名詞ともされるサヴィル・ロウ。ロンドン生まれのアレキサンダー・マックイーンが、今コレクションにてサヴィル・ロウのクラシシズムを破壊している様は、見事なまでに美しい。

フォーマルなシーンに最適なピークドラペルの1つボタンジャケット。すっきりとしたデザインと腰のシェイプ感が、マックイーンのスレンダーでエレガントなシルエットを引き立てている。
今コレクションでも注目を浴びたピンストライプ柄を、マックイーンショルダージャケットで再現。身体のラインを美しく見せるのは、長め丈のジャケットでスマートなシルエットを生み出しているから。この縦長シルエットこそが今期のマックイーンの新しさでもある。

素材は上質なヴァージンウール。暖かみのある柔らかなタッチで体を包み込む。

***

次に紹介する新作は、マックイーンを代表するトートバッグ「デ・マンタ」
この「デ・マンタ」から、スエード素材が今期登場した。素材が異なるだけでこうも雰囲気が変わるのは、驚きの一言に尽きる。少しハードめなイメージから一新、優しく上品な雰囲気たっぷりに、これからの季節を演出してくれることだろう。

同じくスエード素材のスリップオンシューズは、写真ではお伝えしづらいのが残念だが、光沢感を出すためにラメが吹きつけられている。カジュアルながらも華やかに、足元を魅せてくれる。

***

今期のコレクションモチーフである「ステンドクラス」に、スカルを合わせたイメージのカットソーは、マックイーンらしさが潤沢に描き出されている一品。
ジレを合わせるのもありだし、大判のスカーフでシメのカラーを入れてみるのもいい。個人的にはブラックが好みだが、カラーを入れても雰囲気が変わりそうで面白い。


コレクションラインから定番のアイテムまで、今期のマックイーンは、よりエレガントに秋のファッションを楽しませてくれそうだ。

【関連記事リンク】
ゴージャスで優雅な旅へ誘う「Alexander McQueen」の2013年春夏新作



◆ご紹介のアイテム

ピンストライプジャケット  187,950円
ピンストライプパンツ 79,800円
ピンストライプシャツ 55,650円
「デ・マンタ」トートバッグ  128,100円
スリップオンシューズ  67,200円
カットソー 22,050円

阪急メンズ東京 2階 アレキサンダー・マックイーン

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.08.26 12:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ