表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

この春ジャケット&スーツはこの2着があればイイ! - 4F「ラルディーニ」の新作ジャケット&スーツ -

毎年ジャケットとスーツを更新している洒落者にとっては何の問題もないが、そうそう新調しない人や、末長く一着を愛用する人にとっては、この時期のジャケット&スーツの新調は悩みドコ。そんな慎重派の貴方にご提案するのが、着まわしと洒落度の双方で高得点を叩き出す「ラルディーニ」の21SSコレクションだ。

 

 

 

ハウンドトゥースパターンジャケット ¥126,500

クラシカルなハウンドトゥース柄を、明るいブルーとベージュの色使いで新鮮にアップデイトしたシングル2B。リネン×シルクの軽やかな素材と、パットと芯地を取り除いたアンコンの仕立てが相性良く、春の気分を体現するにふさわしい。ブルーの色使いが印象的なのにあくまでベースはクラシカルなので使い易い。そんな魅力に満ちたジャケットだ。

 

 

Tシャツ一枚でもスタイルがキマる

スタイルがキマり易いのにコーデもし易いというのを証明するのが、このTシャツ一枚を合わせただけのシンプルなスタイル。ブルーのハウンドトゥースと白Tシャツとのコントラストが非常に爽やかで、清潔感あふれる春のおしゃれにオススメのコーディネートだ。

 

 

 

パッカブルスーツ ¥148,500

「ラルディーニ」の今季の新作からオススメしたい2着目のアイテムが、ウール×ポリエステルのストレッチ&パッカブルスーツ。防シワ、軽量という機能を備えながらデニムのような天然素材の風合いを再現しているため、スポーティはもちろん、ドレスアップまで幅広く対応可能だ。

 

 

旅先ではこんな感じでリラ〜ックス

出張先で商談を終えたら、インナーをTシャツに着替えて楽チンリラックスコーデに変身。もちろん旅先でなくとも彼女とのデートでも、ホテルからウィンドゥショッピングまでこのスタイルならどこへでも行ける。天然素材の風合いと、楽チンな機能性を好バランスで実現した一着なればこそ叶う振り幅だろう。

 

阪急メンズ東京 4Fラルディーニ

(直通電話番号03-6252-5361

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2021.02.21 07:00

単品でも合わせでも万能な「春の定番」 - 7F「デンハム」の21SSコレクション -

装いが軽やかになるこれからの季節は、アイテム自体にアクの強さがあると、単品でもスタイリングがキマりやすくコーディネートが楽チンになる。そういう目線でとっても役に立ってくれるのが、「デンハム」の21SSコレクションだ。ベーシックなアイテムゆえに合わせやすく、しかしアクもしっかりと備わった新作は、春が待ち遠しくなる完成度の高さだ。

 

 

 

パインフーディ ¥31,900

フェイスマスクが内蔵されたコットンフーディ。米綿糸裏毛は柔らかに起毛した心地よいタッチで、ややゆとりのあるフィット感と相まってリラックスした印象を演出。前身頃にはTOKYO  MAPのグラフィックを、背面には日本の松をモチーフにしたユニークなグラフィックをデザイン。パーカーには珍しいシームポケットというのも使いやすくてユニークだ。

 

 

 

バルマカンコート ¥91,300

シンプルなロゴデザインと上品な光沢のナイロン生地がクリーンな印象のバルマカンコート。生地にはイタリアのリモンタ社の上質なナイロンを使用しており、程よくドロップさせた肩も旬のシルエットで春らしい軽やかさをデイリーにまとうことができる。背中側の裾にもロゴ入りで、後ろ姿も印象的にキマるコートだ。

 

 

 

D.N.H.M カーゴ ¥34,100

深い股上と9部丈というアレンジによって、ミリタリーライクな男らしいカーゴパンツをゆったりリラックスして履きこなせる新作。ウエストサイドにはアジャスターが付いており、サイズ調整が可能。こちらもバルマカンコート同様、背面にはさりげなくロゴデザインをプラスし、後ろ姿がアイコニック。

 

 

 

7ポケット LSTシャツ ¥16,500

「超熟スーピマ天竺ハイウェット」と呼ばれるとろ〜りとした手触りのファブリックは、まさに”気持ち良〜い”を体した極上の柔らかタッチ。その自慢のファブリックによっていつまでも着ていたい心地よさを実現。ボクシーなシルエットなので、一枚で着ても絵になるのが嬉しい。

 

阪急メンズ東京 7F  デンハム

(直通電話番号03-6252-5455

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2021.02.19 07:00

今の時代を体現する「柔らかなオトコ」 - 6F「ガラージュ D.エディット」の『サルバム』 -

何事にも柔軟さは必要で、自分を貫き通す頑なな姿勢よりも、物腰の柔らかい穏やかな大人の男の方が、今の時代にモテるのは想像に難くないはず。そんな”柔らかさ”をファッションで体現してくれるのが、今季の「サルバム」。それは見る人だけではなく、着る人にも心地よく、柔らかな仕上がりで。

 

 

 

リバーシブルジャケット ¥89,100、リバーシブルサイドチャプターパンツ ¥58,300

圧倒的なインパクトを備えたセットアップは、素材にアセテート×レーヨンを採用したテロっとした手触りも心地よい一着。リバーシブル仕様かつ裏表でコントラストを効かせた配色なので、裏地が表側に出て切り返しのようなデザインになっているのも楽しい。今季「サルバム」のランウェイを飾ったイチオシアイテムだ。

 

 

 

テンセルオープンカラーシャツ ¥40,700

切りっぱなしになったリボンテープがアクセントになったオープンカラーシャツ。テンセル100%の素材は張り付き感がなく、夏でもさらっと快適に着ることができる。シルエットは全体にゆったりとしてはいるが、ゆる過ぎない絶妙な塩梅で、ドレスとリラックスのバランスに長けた「サルバム」らしい一枚。

 

 

 

ウーマンラッフルニット ¥40,700

肘から先のアーム部分に異なる生地を重ねて、フリルのようなデザインに仕上げたコットンニット。極太のアームに見られるようにオーバーサイズながら、ボートネックでだらしなく見えないようバランスもしっかり図られている。色気はあるけどギラつき過ぎない、そんな理想的なニットスタイルが叶う自信作だ。

 

阪急メンズ東京 6F ガラージュ D.エディット

(直通電話番号03-6252-5364

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2021.02.17 07:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ