表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

阪急メンズ東京 「もらってうれしい 使える餞別ギフト」vol.3


転勤や転居に伴って、これまでのおつきあいを感謝して贈る餞別。親しさの度合によって、あまり大げさな贈り物は相手にも迷惑だろう。

vol.1vol.2で特集した予算1万円程度の贈り物から、もう少し手軽な予算に変えてvol.3では定番アイテムをご紹介。アイテムは定番といっても定番だからこそ、ひと味違うものを贈りたい。

阪急メンズ東京、地下1階のイベントスペースでは「ハンカチギフトショップ」を展開中だ。昨年も好評だった世田谷三宿のハンカチ専門店「H TOKYO」のハンカチ。職人によって手作りで縫われている、日本製のオリジナル商品だ。

ハンカチといえば素材の質や柄が一番のポイント。「H TOKYO」の人気の理由は、上質な素材や特別な柄を幅広く扱っているところである。

デザイナーとのコラボレーションは、それぞれ遊び心のあるモチーフや柄が楽しめる。デザイナーは、DonnyGrafiks、Izumonesia有田昌史、かせきさいだぁ、アサクラコウヘイ、DAY STERTER、Keiko Akatsukaなど、バリエーションも豊かだ。

アメリカから輸入したファブリックは、見ているだけで心躍るポップな柄が特徴だ。ほどよい厚みの生地は安心感を感じる。

イギリス直輸入のリバティファブリックは、大判の60㎝サイズ!大判だが薄手の生地なので、バンダナなど用途も幅広い。ポケットから覗かせるのにも最適。

このほかにも、男らしいパリッとしたはりが特徴なのは、兵庫県西脇の播州織りと呼ばれる生地。オーダーシャツの生地として有名なトーマスメイソン、カンクリーニからは、80双糸、100双糸などの細番手の糸を中心に採用。シルクのような肌触りのシーアイランドコットン(海島綿)や、イタリアやベルギーなどのインポートリネン、エジプト綿のギザといった高級細番手まである。

そして、次にポイントとなるのが縫製。ミシンでの千鳥縫製も、丁寧に一枚一枚ぬくもりを込めて縫われる。千鳥縫製は、糸が出にくく丈夫で長持ちするのが特徴だ。

さらに、上質な素材の場合はハンドロール(手縫い)でふち縫いされる。手巻きのふち縫いは、熟練の職人でも1時間に数枚程度という貴重なハンカチだ。縁の丸みに注目していただきたい。

「H TOKYO」のハンカチ 各1,260円~
※すべて数量限定のため、売切れの際はご容赦くださいませ。


イベントスペースの横で展開されている靴下コーナーからのおすすめは「ホーズ」だ。スーツスタイルで生足を見せない、こだわり派の方に贈るならこれ!
スラックスや靴の色にコーディネイトしやすいブルーやブラウンのホーズに、スタイリッシュなストライプ柄やワンポイントとなるドット柄を配したデザインが登場した。スイス・スプーリー社が開発したアイスコットンを使用しているため、夏でも爽やかな履き心地を得られる優れもの。

ホーズ 各1,575円

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.03.24 18:00

阪急メンズ東京「メンズ アンダーウエアショー」in『東京ランウェイ 2013』


3月20日(水・祝)代々木第一体育館で行われた「東京ランウェイ」のステージで阪急メンズ東京は「メンズアンダーウェアショー」を披露した。

度々このブログでも推奨してきた「アンダーウェアはオシャレの一部である」という定義を、最先端のガールズファッションを捉えにきた女性たちの目に焼き付けてしまったのではないだろうか。
アジア最高峰のリアルクローズファッションショーである「東京ランウェイ」。第3回目の開催となる「東京ランウェイ 2013」は過去最多、約1万6000人の来場で盛大に盛り上がった。1stステージのラストを飾った「メンズアンダーウエアショー」。大画面に映し出されたのはTシャツ姿のモデル。

2013春夏の女性ファッションで大ヒットを感じさせる花柄を、大きめのモチーフで取り入れた「PAUL&JOE(ポール&ジョー)」の可愛らしいアンダーウェアで登場。ランウェイをウォーキングしながら腕をクロスさせ、ゆっくりTシャツを脱いでいく姿に女性たちの歓声があがった。

ハンドメイドの風合いが人気である「M・Cohen(エム・コーエン)」のブレスレットやネックレス。「STEEL CRAFT(スティルクラフト)」の時計をコーディネイトして、より色気を感じさせる着こなしを表現した。


シグネチャーのスカルバニーが目を惹く「Psycho Bunny(サイコバニー)」には「override(オーバーライド)」のハット。帽子に手を当て、会釈する男性モデルの爽やかな視線と鍛え上げられた体とのギャップは目を釘づけにした。

ヒットしているお菓子メーカーとのコラボレーションから実現した阪急限定の“スイーツボクサー”。滋賀県の「CLUB HARIE(クラブハリエ)」は、大阪うめだの阪急・阪神両店舗で、バームクーヘンの購入のために列ができるほど。ポップなカラーとモチーフのボクサーブリーフを華やかに仕上げるのは、世界のセレブリティに人気のブレスレット「CHAN LUU(チャンルー)」だ。装いの軽くなる春夏は、アクセントとして活躍すること間違いなし!

一変して、躍動感あふれるボクサーブリーフは、「MOSKOVA(モスコヴァ)」。QuiksilverのグローバルライダーであるJermey Flores(ジェレミー・フローレス)が手がけたブランドだ。快適さとパフォーマンス力、ファッション性のすべてを高めるアンダーウェアは、トップサー ファーの彼だから作り出せたもの。合わせたのは、草木や動物など自然の美しさをモチーフにし、繊細な彫刻で表現したアクセサリーが注目を集める 「Bloody Mary(ブラッディ マリー)」。

シックでダンディなデザインに定評のある「gravevau lt(グレイブボールト)」。第2の皮膚と表されるsleek(スリーク)という素材が、吸い付くような密着感で極上の肌触りをもたらす。「M・ Cohen(エム・コーエン)」はブレスレットだけでなく、ストールも独特の風合いが支持されている。どちらも、春夏におすすめのア イテムだ。

エナジーカラーとして身にまとう人の多い色であるイエロー。ウエストのベルト部分をブラックにすることで締まって見える「GOOD MAN WARE(グッドマンウェア)」のボクサーブリーフ。ブレスレットと時計にブルーを合わせる ことで、全体が明るい仕上がりだ。 「CHAN LUU(チャンルー)」ならカラーバリエーション豊かなので、ブレスレットをグラデーションで重ねづけすればほどよいボリューム感が楽しめる。

他にはない個性的なデザインと素材へのこだわり、男のSEXYを追求したブランド「EGDE←(エッジ)」。新登場したショートトランクスは、さらりとした肌触りに艶 のあるネオンカラーというギャップが穿く人にも驚きを抱かせる一品。コーディネイトは、古代のモチーフやフォルムに“削ぎ落とす”という独自の観点を加え、現代のジュエリーとして新たに生み出した「VelvetLounge(ヴェルヴェットラウンジ)」。

ゆっくりと下ろされるショートトランクスに悲鳴にも似た歓喜の声があがったが、中から登場したのは、カモフラージュのショートボクサー。

ライトを浴びながら観客席に投げ込まれ消えて行った“生ショートトランクス”で湧いた会場は、クライマックスを迎えるに相応しい盛り上がりを見せた。

ボクシングの入場曲としてもおなじみのSurvivor「Burning Heart」とともに姿を現したのは、4月7日に6度目の防衛戦に挑む亀田興毅選手。大胆な花柄がビーチリゾートを想わせる「HOM(オム)」のボクサーパンツに、決戦の日に備えて自らデザインしたガウンをコーディネイト。

ランウェイでは、ボクシンググローブも会場へ投げてプレゼントしガウンも脱ぎ、その肉体美を披露してくれた。強い男のファイティングポーズに黄色い声援が飛んで1stステージの幕は閉じた。


阪急メンズ東京「メンズ アンダーウエアショー」in『東京ランウェイ 2013』

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.03.23 20:00

ロエベ『2013 Made To Order コレクション特別受注会』
【1階 LOEWE(ロエベ)】

最上級の品質、エレガンスをもたらすデザイン、熟練した職人の技術、すべてにおいて非の打ちどころがない「LOEWE(ロエベ)」のレザーアイテム。
持つ人がラグジュアリーだと本当に感じるからこそ、165年あまりもの歴史を紡ぐことができるのだ。

通常、阪急メンズ東京 1階のロエベでは、バッグや財布などのレザーグッズを取り扱っている。しかし、3月28日(木)~3月31日(日)は、さらに贅沢を極める『2013 Made To Order コレクション特別受注会』が開催される。

何が特別かというと、普段、阪急メンズ東京店には展開がないメンズレザーウェアーコレクションをMade To Orderで自分だけの1着に仕上げるのだ。

2013年はさらに彩り豊かになったカラー展開で、最高級のレザーのみを使用するロエベならではのオーダーシステム。オーダー後は、スペインの熟練した職人が一点一点丁寧に仕上げた最高の1着が、秋冬シーズンに手元に届く。自分の個性を引き立てる、さまざまなテクスチャーとシルエットで迎えてくれるスペシャルオーダー。

この4日間で、あなたの秋冬はもっと豊かなものになるに違いない。

ロエベ『2013 Made To Order コレクション特別受注会』
期間:2013年3月28日(木)~3月31日(日)
場所:1階 ロエベ
問い合わせ:03-6252-5453(直通)
※詳細は、ショップにお問い合わせください


【関連記事リンク】
ロエベを象徴する「オロ」の新作トートバッグ「1階 LOEWE(ロエベ)」



◆ご紹介のアイテム
ブレザー/ナパリバーシブル(ゴールド)504,000円
ジャケット/スエードカーフ(オレンジ)441,000円
ハーフコート/カーリーワックスシアリング(ブラウンチョコレート)695,100円
※表示価格はオーダー参考価格です。お選びいただくデザインや素材によって、価格は変動いたします。

阪急メンズ東京 1階 ロエベ

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.03.22 12:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • カラージュブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • 3rd STYLEブログ
  • ギフトコンシェルジュ
  • ビューティー&リラクシング(BEAUTY & RELAXING)
  • ヴィンテージ&リバイバル(VINTAGE & REVIVAL)