表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

ギャップでモテる「ワコマリア」の2面性ブルゾン

アウターや重ね着がメインになる冬は、脱いだ時、裏地が見えた時など、ギャップを演出しやすい季節でもある。そんな時に活躍してくれるのが、裏地や背中に異なる印象をもつ2面性のあるアウターだ。遊び心をオシャレに落とし込むことに長けた「ワコマリア」の2面性アウターなら、脱いで、振り返ってと、ギャップのあるモテる冬の着こなしを叶えてくれる。

 

 

リバーシブルフリース ¥60,500

 

見るものを圧倒するレオパード柄を表面に、発色の良いパープルのナイロン素材を裏面に使用したリバーシブル仕様のフリースブルゾン。黒と黄色のコントラストがインパクト絶大で、ちらりと覗くパープルのライニングがまたインパクト大。着こなしの主役になる、「ワコマリア」らしい個性的な一枚だ。

 

 

裏返せば印象が一変

 

レオパード柄を裏返すと、パープルの発色が美しいナイロンブルゾンに早変わり。表で着ればパープルが、裏で着ればレオパード柄がというように、どちらで着ても裏地が意外性のあるギャップを演出してくれる珍しい一枚だ。さらにパープル面で着れば、中のフリース素材で抜群に暖かいのもこれからの季節には嬉しいポイント。パープル以外に黒、赤の3色展開。

 

 

N1 デッキジャケット ¥51,700

 

アメリカ海兵が甲板(デッキ)で長時間作業をするために支給されていたデッキジャケットならではの、高い防風、保温、耐久性が特徴。時代に左右されない男らしく無骨なアイテムとして「ワコマリア」では毎シーズン展開しているが、厚手のコットンに洗いをかけてヴィンテージの風合いを強調した。首元のボアはタフにして暖か。

 

 

バックにはマリアのプリント

 

背中にはギルティーパーティーズの文字と鮮やかなマリア像のプリント。腕までボアを使用しているので、真冬でも十分に防寒でき、春先にはTシャツ一枚で楽しめる、長く愛用できる一枚としてもおすすめだ。

 

阪急メンズ東京 6F ワコマリア

(直通電話番号03-6252-5399

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.11.22 07:00

あったかくてオシャレな“マフラー”の巻き方講座

これからの季節に活躍する暖かなマフラー。みなさん一枚くらいはお持ちだろうが、果たして巻き方にまで気を遣っているだろうか。マフラーは巻き方にまでこだわってこそオシャレに見えるアイテムであり、さらに言えば、巻き方ひとつでお手持ちの一本も新鮮に演出できるので、今日ご紹介する4つの巻き方からぜひお気に入りの巻き方を見つけてみては。

 

 

ニューヨーク巻き:「コロンボ」のマフラー ¥31,900

 

まずはニューヨーク巻き。2重に巻きつけた首元から垂れ下がるようにアレンジした、エレガントな印象とインパクトを同時に演出する巻き方。Vゾーンが比較的広く開くチェスターコートと相性が良く、ニューヨーカーに好まれるスタイルからモダンで都会的な印象も与える。徹底的な品質管理によって美しい光沢を放つ「コロンボ」のマフラーがおすすめ。

 

 

ピッティ巻き:「ドレイクス」のマフラー ¥19,800

 

別名ミラノ巻き。その名が示す通り、イタリアのファッションコレクション“PITTI”でオシャレなイタリアオヤジが愛する巻き方で、絶妙なボリューム感と立体感が魅力。2色マフラーで使うと両方の色がバランスよく見えてオシャレ感がアップするので、「ドレイクス」のバイカラーマフラーを合わせた。くつろぎとエレガンスを備えた、こなれ感のあるスタイルだ。

 

 

ワンループ巻き:「ベグ&コー」のマフラー ¥49,500

 

定番の巻き方で、暖かくほどけにくいのが特徴。どんなマフラーでも巻きやすいテクニックだが、短いマフラーだとよりオシャレにキマりやすい。使用したマフラーは、今年トレンドのパッチワーク柄を採用した「ベグ&コー」のミニマフラー。スコットランド製の上質なカシミヤ素材は、暖かさも申し分なし。

 

 

ネクタイ巻き:「シーワード&スターン」のマフラー ¥39,600

 

薄手のマフラーにおすすめの巻き方が、このネクタイ巻き。すっきりとした印象で、長く垂らした見え方がネクタイに近いので、ジャケットとも相性が良い巻き方だ。例えば「シーワード&スターン」のような大胆な配色やグラデーションに特徴のあるマフラーは、ネクタイ巻きで自慢の色使いも美しく演出できる。

 

阪急メンズ東京 B1 シーズン雑貨

(直通電話番号03-6252-5274

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.11.21 07:00

ベルベットで演出する「冬のドレスアップ」

ネクタイ1本でフォーマルスタイルに“季節感を演出できることをご存知だろうか。例えば夏にシアサッカーのネクタイをすれば軽やかに見えるように、冬にも最適な素材がある。それが光沢の美しいベルベットだ。今日は、クリスマスや年末のパーティーで差をつける、ベルベットなVゾーンをご紹介しよう。

 

 

「シナブル」のネクタイ ¥24,200、「HITOYOSHI」のシャツ ¥12,100

 

全行程をハンドメイドで作り上げるフランスブランド「シナブル」のグリーンベルベットタイを、ネクタイを美しく見せてくれるピンホールシャツで。ネクタイの裏地にはアイコンである赤いシルク生地を使用しており、深いグリーン、鮮やかな赤、シャツの白という3色のコントラストが新鮮な合わせだ。

 

 

「シナブル」のボウタイ ¥16,500、「レスレストン」のシャツ ¥24,200

 

ブランドのシンボルである赤いシルク裏地が差し色になった、グリーンとパープルのボウタイ。素材をベルベットにするだけで、シンプルな白シャツでも印象が新鮮に変わる好例と言えるスタイリングだ。熟練した職人技が冴えるメイドインジャパンブランド「レスレストン」の白シャツが、ベルベットをさらに美しく演出する。

 

 

左「アイネックス」のボウタイ ¥6,380、「HITOYOSHI」のシャツ ¥12,100、右「シナブル」のボウタイ ¥14,300、「フェアファクス」のシャツ ¥19,800

 

独特の柔らかな光沢が優雅な印象を生み出すボウタイは、定番のウィングカラーシャツと合わせることでさらに素材感の妙を楽しめる。例えばブルーのウィングカラーシャツとグレーのボウタイでコントラストを抑えても良いし、白シャツに黒いベルベットのボウタイでコントラストを強く出してもオシャレにキマる。

 

阪急メンズ東京 B1 ドレスシャツ・ネクタイ

(代表電話番号03-6252-1381

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.11.20 07:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ