表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

NEW MEN'S WATCH COLLECTION
―BVLGARI OCTO(ブルガリ オクト)― 【1階 ブルガリ】


1940年、ブルガリの時計が歴史を刻み始めてから世界の人々を魅了するまでに時間はかからなかった。

完璧で革新的な数々のデザインで、生み出されるたび驚きと恍惚のまなざしが注がれ続けているブルガリの時計に、満を持して「ブルガリ オクト」が誕生。

力強さと魅力に満ちた象徴的な意味を持つ“8”という数字は、円と四角形をバランスよく共生させ創り上げた完璧な八角形(オクタゴン)の神秘的なフォルムで表現されている。

「ブルガリ オクト」を身に付けただけで、知識や経験をさらに超越する崇高な世界へと導いてくれそうだ。

建築構造から生まれた創造性が息づく八角形のフォルムのデザインは、多くの工程を経て組み立てられたケースから成り立つ。

最先端のコンピュータ制御の機械加工技術と、手作業を組み合わせた工程の一つ一つは、厳格な品質管理の基に行われる。

ケースは、リューズを除いても計110のファセットで構成されており、全てがスイスにあるブルガリの工房にてインハウスで製作されている。

エクセレンスというただ一つの基準を満たすため、仕上げは全て職人による手作業だ。ポリッシュ仕上げやサテン仕上げを交錯させ、完成度を高めている。

もちろん、「ブルガリ オクト」はデザインとケースの創りだけが優れているわけではない。

「ブルガリ オクト」が搭載するキャリバーBVL193は、毎時2万8800振動のハイビートと3.7㎜厚の薄型設計ながらツインバレル搭載で、50時間パワーリザーブを確保。

何世紀にも亘って、職人たちが厳格かつ豊富な熟練の技を培い、オートオルロジュリーのコンプリケーション(精密精巧な機能を搭載した駆動部を持つ時計)を築いてきた。

「力強さ」にすっきりとした無駄のない「エレガンス」が加えられた装いに、ハイレベルなムーブメントによる極められた機構内部までもが美しく、不朽の価値を体現している。

高みを目指す男なら、最高の舞台に最高の自分であるために、今こそ「ブルガリ オクト」を身にまとってみてはいかがだろうか。



【ブルガリ関連記事リンク】
ブルガリは「セーブ・ザ・チルドレン」の活動をサポートしています




◆ご紹介のアイテム
「BVLGARI OCTO(ブルガリ オクト)」
ピンクゴールド ケース 2,688,000円
ステンレススティール ケース 966,000円

阪急メンズ東京 1階 ブルガリ

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.12.22 11:00

クラシカルなドイツウォッチZeppelin(ツェッペリン)フェア
【地下1階 タイム&テーブル ラスク(時計)】


1987年にドイツ・ミュンヘンで創業したウォッチブランド「ツェッペリン」。その由来は、史上初の巨大な飛行船ZEPPELIN号だ。

1900年、アルミニウムの軽素材で枠組みを作る船体構造を世界で初めて採用し、航空機時代を大きく加速させた伝説の飛行船である。

腕時計も、数多くの偉業を残した飛行船ZEPPELIN号をイメージしたクラシカルなデザインと、高精密な機能性が特徴で、身につけた人は大切に長く愛用する。

阪急メンズ東京 地下1階タイム&テーブル ラスクでは、今ツェッペリンフェアを開催中だ。これだけの品揃えで実物を見るのも難しいというほど種類も豊富だ。


なかでも紹介したい逸品は、ツェッペリン誕生100周年を祝うトリビュートモデルとして創られた「ツェッペリン号誕生100周年 記念モデル (Special Edition 100 Years Zeppelin)」である。

ドイツ製腕時計の真髄ともいえるクラシカルなデザインとスイスの「ETA」や「Ronda」といった高品質なムーヴメントを融合している。

不朽の人気を誇るパイロットウォッチをその腕に巻き、独創的な世界観を感じてみてはいかがだろうか。

さらに、この「ツェッペリン号誕生100周年 記念モデル」には待望の日本限定モデルが11月から発売されている。

オリジナル同様、古典的な風格はそのままだが、ブラックPVD加工によってオールブラックで統一された引き締まった表情は強くクールだ。


自分をスタイリッシュに仕上げたいならぜひ、日本限定モデルをおすすめしよう。

まずは、腕に沿えるだけでも自分との相性を確認できるはずだ。フェアは2013年1月15日(火)まで行う。


期間中、ツェッペリン ウォッチお買上げの方にはロゴ入り折り畳み傘がプレゼント(※数に限りがございます)されるので、この機会を逃さないよう足を運んでいただきたい。



【関連記事リンク】
“2012 Xmas gift selection for men”
阪急MEN'S TOKYO ~Men's accessories recommend gift~

「ROTARY(ロータリー)」ふたつの顔を持つウォッチ「タイム&テーブル ラスク」
大人の男の身だしなみ、腕時計「タイム&テーブル ラスク」





◆ご紹介のアイテム
Special Edition 100 Years Zeppelin 
(写真1枚目)44,100円
(写真3枚目 )各33,600円~57,750円
日本限定モデル 49,350円

阪急メンズ東京 地下1階 タイム&テーブル ラスク

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.12.21 17:00

阪急MEN'S TOKYO ~Men's accessories recommend gift~
【地下1階 紳士服飾雑貨 など】

クリスマスを目前に控えプレゼントをお悩みの方へ、ぜひお薦めしたいアイテムがあるので紹介しよう。

テーマはプライスの“high & low”。1年の感謝を込めてお礼のささやかなプレゼントならlow。日頃あわただしくて殆ど感謝もできていないけれど、大切な人へ愛情たっぷりの贈り物をしたいならhigh。

今回は、地下1階 紳士服飾雑貨の特集だ。中には、女性に人気の商品もあるので併せて参考にしていただきたい。

【high】――タイム&テーブル ラスク
FREDERIQUE CONSTANT(フレデリック・コンスタント)のCARRE HEART BEAT&DATE  Automatic (カレ ハートビート&デイト オートマチック) 左:159,600円(ブラック)右:168,000円(ホワイト)

新作モデルは、シルバーダイヤルに高級感とインパクトをもたらすブルーの針をセット。ムーブメントの仕上げもシルバーで統一感を持たせている。
色違いのブラック同様、エレガントで知的な演出をしてくれる逸品。

ビジネスでもラフなファッションの方にはこちら。
BRERA OROLOGI(ブレラ・オロロージ)のETERNO CHRONO CAMOUFLAGE(エテルノ クロノ カモフラージュ)82,950円

ウォッチの世界でも急上昇しているカラーであるブルー系。ブレラコレクションの中でもアイコン的なエテルノクロノがベース。現代風に大型化しているが、上品なミリタリーのため女性にもおすすめ。
大人のカジュアルにラグジュアリー感を添える1本。

【low】――シューリペア工房
シューホーン 各2,100円/Boot Black(靴クリーム)各1,050円

男性に大人気の二つ折りシューホーンは、なんと女性も自分のために購入することが多い便利グッズ。

物足りない方は、セットに靴クリームはいかがだろうか。ニュートラルカラーは、幅広く使えるのでおすすめだ。

【high】――イトーヤ ウィズ ユナイテッドアローズ
T.MBH iphone5ケース 各30,000円

革小物司・岡本卓也が“他にないモノづくり”にこだわって創り上げた名品。

本物にこだわる大人なら、徹底的なディティールへのこだわりや最高峰の技術、革への想いが伝わってくるはずだ。

【low】――イトーヤ ウィズ ユナイテッドアローズ
Sabae mimikaki 各3,900円

“かけ心地”から“かき心地”へ――。
なんと、メガネの素材で作られたミミカキが誕生!メガネと言えば、福井県鯖江市。

世界でもトップランクの素材や技術が凝縮したミミカキは、今までにない新しさでインパクト大。

【high】――マフラー
ZANIERIのマフラー 各36,750円

イタリア中部ペルージャの上質なカシミアを得意とするファクトリー。

半世紀にわたり培われた伝統と技術で創られる、カシミア製品は滑らかさも柔らかさも絶品だ。
ぜひ、ペアで使って包み込まれる感覚を味わっていただきたい。

【low】――アンダーウェア
WAXX(ワックス)各3,990円

2007年フランス創業のアンダーウェアブランドのワックス。
ボクサーパンツのデザインもユニークだが、1着ずつのパッケージが“缶”というおもしろさを満喫したいアイテムだ。

「WAXX」は12月25日(火)までの期間限定となるので、クリスマスが終わってからでは手に入らないのでご注意を。

阪急メンズ東京 地下1階 紳士服飾雑貨

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.12.20 12:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ