表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

初夏こそ心地の良い香りを纏い、清潔感をアピール

初夏を迎えるこの季節、”清潔感”はお洒落の大切なキーワード。装いにちょっとひと手間加えるだけで清潔感を与えてくれるのが今回紹介する香水たち。シュッとひと吹きするだけで、清潔感のみならず自身の気分もあげてくれるはず。季節の変わり目、洋服の衣替えとともに纏う薫りも変えてみてはいかがだろうか。



「ノビーレ1942」『センティエロ・デリ・デイ』
16,200円(75ml)

"メイド・イン・イタリー"をモットーに、最高品質のフレグランスへのこだわりを持ち続けている「ノビーレ1942」。新作の『センティエロ・デリ・デイ(神の道)』は、イタリアはアマルフィの海岸線に位置する美しい小道をイメージしたレモンとローズブーケの涼やかな香りが特徴だ。


「トミー ヒルフィガー」『トミー ウィークエンド ゲッタウェイ』
8,640円(100ml)

旬のパーカーやスウェットなどのカジュアルなスタイルに纏っていただきたいのがこちらの香り。さり気なく纏える清々しい香りは、暑い夏の日に清涼感さえも漂う逸品に。旅先で見つけたポストカードのような遊び心あるパッケージも魅力のあるポイント。


「ミルコ ブッフィーニ」『ラ シュットドー』 18,900円(100ml)

イタリア・フローレンスで誕生した同ブランド。原材料のほとんどが自然のモノから抽出され作り出された香りは、どこか落ち着きのあるエレガントな雰囲気が纏える。こちらのコロンは、ヴァカンスで訪れたアルプスの滝に飛び込むように弾ける水しぶきをイメージしたフレッシュな香りが特徴だ。


「メゾン フランシス クルジャン」『アクア セレスティア オードトワレ』
22,140円(70ml)、37,260円(200ml)

2009年にパリで誕生すると瞬く間にセレブの間でも人気になった「メゾンフランシスクルジャン」。”神々しい天空の水”と意味し、空の青と海の青を境目に繋いだ、完全なる静けさが表現されている。アクセントのミントがクールに香り立ち、アクアティックな香りへと落ちいく、無限に続く清々しい香りを纏える。


「フローリス」『シプレ』 12,960円(50ml)、17,280円(100ml)

英国王室御用達”香りの最高峰ブランド”「フローリス」の『シプレ』。ベルガモットやオレンジフラワーの清々しきも優しい雰囲気の香りは、男性のスーツスタイルにうってつけの一本だ。知的でエレガントな夏のスーツスタイルが纏えるはず。


阪急メンズ東京 1階
メンズビューティー(直通電話番号03-6252-5286)

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.04.17 07:00

ビジネスシーンをお洒落に演出する最新バッグフェア

仕事だからといって機能だけでバッグを選ぶのか、はたまたデザインにもこだわりをもって選ぶのかといえば、当然後者の方が「センスが良い」と見られやすい。そんな感度の高い大人にぜひ見ていただきたいのが、4月24日(火)まで開催の"Shoes & Bag Fair"だ。今回は、フェアの注目アイテムであるバックパックから、特にオススメのアイテムをご紹介。スーツスタイルからジャケットスタイルまで、シックな大人の装いにぴったりとハマってくれるはずだ。



「カツユキコダマ」バックパック 81,000円

フルレザーのリッチな素材使いで人気の「カツユキコダマ」による特別なバックパック。阪急メンズ大阪10周年を記念したもので、相良刺繍による”10”のワッペンがデザインの好アクセントになっている。2方向に大きく開くファスナーを備えたメインコンパートメントと、15インチのPCをすっぽりと納めるクッション付きポケット、さらにバッグパックとして使える3WAY仕様など、インパクトだけではなく機能も充実しているのが魅力だ。


繭のようなシルエットの個性的なデザイン

繭のようなシルエットのバックパックは、馴染むというよりも個性を主張してくれるインパクトのあるデザイン。フルレザーに加えて、サイドの大きなメタルパーツもリッチな印象だ。


「マキャベリック」3WAY ブリーフケース 34,560円

バックパックを得意とするマキャベリックがビスポークテイラーである東 徳行氏をディレクターに迎え、今季特別なバックパックを開発。随所にヌメ革を組み合わせたシンプルなブリーフケースは、バリスティックナイロンによる高い強度と、ショルダー、バックパックと、さまざまに形態を変化させる機能的な3WAYが魅力。スーツケースのハンドルに引っ掛けることのできるバックポケット付きなので、出張の多いビジネスマンに特に人気のモデルだ。

3WAY ガーメントバッグ 42,120円

さらに大きいサイズのものをお探しなら、こちらの1泊の出張にも余裕で対応する収納力を備えたガーメントバッグを。こちらもショルダー、バッグパックになる3WAYで、アジャストバックルやヌメ革を効果的に配置することで、より男らしいデザインに仕上がっている。



1階 バッグ・革小物(直通電話番号 03-6252-5287)

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.04.16 07:00

あなたのお洒落と我慢を救う”クールビズ”

大人はやせ我慢は厳禁である。例えば、きっちり見えるからといって重たく、熱苦しいビジネススーツをいやいや着るのではなく、エレガントに見えてかつ涼しい、そんな理想的なビジネススタイルを嬉々として着るべき。機能も見た目も兼ね揃えた"涼"アイテムを、阪急メンズで揃えてみてはいかがだろうか。




「HITOYOSHI」のレノ クロスシャツ 11,880円

スタイリッシュなネイビーストライプ地と、清涼感あふれるホワイトドビーストライプのカッタウェイシャツ。一見シンプルだが、実は”カラミ織”と呼ばれる特殊な織り方を採用しており、縦糸と横糸の間に小さな網目状のすき間があるのが特徴だ。それによって非常に通気性に富んでおり、さらりとした肌触りと涼感のある見た目を備えている。


こちらが”カラミ織り”、通称レノ クロス

2本の縦糸を交差させながらその間に横糸を通すことで、ごく小さな網目のすき間をつくっているのが”カラミ織り”と呼ばれるもの。風を通す構造は真夏でも快適な着心地を実現してくれる。


肌着を変えればさらに快適

右:「SEEK」のトランクス。ウエストにソフトゴムを使用し、しめつけないのにずれ落ちないという快適な穿き心地を実現したもの。上質なコットンのジャカード織りも高級感たっぷり。中:「WACOAL MEN」のトランクス。通気性の良いメッシュ素材を採用したこちらのトランクスは、前開きボタンがなく開閉が楽なのもポイント。左:「SEEK」のフットカバー。裸足感覚で見た目にも軽やかなフットカバーは、かかとに滑り止めを、足底にクッション生地を仕込んだこだわりの仕様。


涼しいネクタイも豊富にラインナップ

とはいえスーツが欠かせないビジネスマンにおすすめなのがフレスコタイ。通常のシルクと夏素材とのコンビネーションがVゾーンに清涼感を与える。右:「KUSKA」17,280円、中:「Hankyu MEN’S」10,800円、左:「Cantini」12,960円。


阪急メンズ東京 地下1階
アンダーウエア・ネクタイ・シャツ
03-6252-1381(代表)

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.04.15 07:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • カラージュブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • 3rd STYLEブログ
  • ギフトコンシェルジュ
  • ビューティー&リラクシング(BEAUTY & RELAXING)
  • ヴィンテージ&リバイバル(VINTAGE & REVIVAL)