表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

春を色めくカラーシューズ ―5F「シューズマニア」カラーシューズ特集

黒、グレー、ブラウンなどシックな色で着込む冬に対し、春はメンタル的にも物理的にも“色”を積極的に楽しめる季節。ではどこで色を取り入れるのかというと、意外とその効き目が知られていないのが「足元」。つい通年同じ黒、茶で良いと思いがちだが、阪急メンズ東京が特別に用意した4ブランドの“色”を足元に取り入れるだけで、装い全体も、お出かけの足取りも軽やか&華やかになるはず。

 

 

[阪急別注]「マグナーニ」のカラーシューズ ¥64,900

“色の魔術師”の異名をもつ「マグナーニ」独特のムラ感と、彼ら本来のエレガントな“オパンケ製法”がミックスした内羽式ウィングチップ。レースとトゥ部分に色付けを行うことで靴の表情に奥行きが生まれ、いつものコーディネートでも華やかさと存在感を与えてくれる美術的美しさを宿す一足だ。

 

 

「アンドレスセンドラ」のホールカット ¥80,300

ウエスタンブーツを主軸とする「アンドレスセンドラ」が、“ペイス仕上げ”と呼ばれるウエスタンシューズ独自の技法をドレスシューズに取り入れた自信作。日本人に相性の良い、かかとの小さな木型を採用し、そこに職人の手仕事によるパティーヌカラーを施した全5色。ホールカットとのバランスに見惚れる色使い。

 

 

[阪急別注]「ステファノ・ブランキーニ」のカラーシューズ ¥107,800

コバの張り出した特徴的な「スクエアトゥ」と、手塗りを重ねたクラストレザーの「艶やかな発色」が実に同ブランドらしいカラーシューズ。華やかながらも明るすぎない色なので、ある程度おしゃれを楽しめる職種であればビジネスシーンにも合わせられるだろう。形、色、ボリュームの3点で主張してくれる個性派。

 

 

[阪急別注]「フランチェスコ・べニーニョ」のJAMAICAカラーシューズ ¥57,200

その名の通り、ジャマイカをイメージした鮮やかで明るいライトブラウンが目をひくシリーズ。もともと手染めとムラ感が美しいパティーヌ仕上げに定評のある同ブランドだけに、明るいカラーリングとは相性が抜群だ。部分的に陰影をつけ、グラデーションを引き立てているので、どんな装いでも春色を主張してくれる。

 

阪急メンズ東京 5F ドレスシューズ

(直通電話番号03-6252-5276

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2020.04.11 07:00

春をこなれ感たっぷりに装う ―「ストレイシープ」のフレンチコットンジャケット

ジャケット姿が素敵な人に共通していること、それはジャケットが“板についている”ことだ。長い間着込んだ風合いと、その人に馴染んだ古着のようなジャケットは、革靴のように、時にどんな高価なブランド物よりも価値がある。そんなジャケットにヴィンテージを1点投入すれば、一瞬でこなれ感が得られること間違いなし。今日は7F「ストレイシープ」より春にぴったりのヴィンテージジャケットをご紹介する。

 

 

コットンホワイトヘリンボンジャケット ¥25,080

ヴィンテージワークジャケットには珍しいホワイトカラー。球数が非常に少ない上、ここまで綺麗な状態で残っているのは稀。こちらは白のヘリンボン生地で、ヴィンテージの場合は生地の表情ゆえ独特の経年変化が出るのも楽しみのひとつ。フレンチワーク定番のカバーオール型で、ベージュのチノパンや黒スラックスでモダンに着こなしても格好良い。

 

 

ブルーモールスキンジャケット ¥38,280

フランスヴィンテージでは定番のモールスキン素材を使ったシングルジャケット。カバーオールが多いモールスキン素材をテーラードで仕立てた珍しい一枚で、ブルーカラーの語源とされる“フレンチブルー”の色味が美しい。随所にあたり感とかすかなダメージがあり、それがこなれた印象を与えてくれる。

 

 

ブラウンコットンジャケット ¥32,780

ホワイト同様、希少なブラウンカラーのヴィンテージワークジャケット。太い胴回りとアームの作りがいまのトレンドにマッチしていて、ゆったりシルエットのブルゾン的に着こなせるのが嬉しい。生地は薄手のコットンツイルを使用しており、目の詰まったハリ感が本格ヴィンテージの雰囲気を助長する。

 

阪急メンズ東京 7F ストレイシープ

(直通電話番号03-6252-5434


政府による「緊急事態宣言」を受け、4月8日(水)~当面の間、
臨時休業とさせて頂きます。
4月8日(水)~12日(日)の期間中は、お電話でのお問合せや
代金引換サービスは、下記代表電話番号のみ承りますので、
ご希望のお客様は下記代表電話番号までお問合せ下さいませ。
※商品によりましては、お時間を頂戴する場合、また一部、承りできない商品もございます。
お客様にはご不便をおかけ致しますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申しあげます。
※お問合せは、代表電話のみでの承りとなっております。
各ショップ直通電話の対応は行っておりません。

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2020.04.10 07:00

春夏こそジャケットで差をつける ― 4Fジャケット特集

Tシャツ、半袖シャツ、ポロシャツと、周囲がどんどん身軽に軽装になっていく春夏シーズンこそ、きちっとジャケットを着こなしている男は女性にとって特別に見えるもの。でも大人ですから、やせ我慢はしたくない。そこで今日は、いろんな“夏に嬉しいを搭載したジャケットを4Fからピックアップしてみよう。

 

 

「ラルディーニ」のパッカブルカットソージャケット ¥114,400

その名の通りカットソー感覚で着られる、ブラックのイージーウェアジャケット。特筆すべきは、機能系スラックスで人気を博す「ジャブス アルキヴィオ」の生地を、芯材を極力省いたジャケットに仕立てていること。ウォッシャブルでシワに強く、さらにコンパクトにたためるので出張族も満足できる出来栄えだ。専用のランドリーケースが付属。

 

 

「マッキントッシュ フィロソフィー」のトロッタージャケット ¥41,800

体に吸い付くようなフィット感と高いストレッチ性により、暑い夏でもストレスフリーに過ごせるハウンドトゥース柄ジャケット。特殊なポリエステル加工糸にはメランジ調の表情に加え、ウッォシャブル、防シワ性を与えている。共地のスラックスも用意されているので、セットアップで購入すれば使い方はさらに広がる。

 

 

「ジョゼフ オム」のリネンシャンブレーストレッチジャケット ¥47,300

リネン素材ながらシワになりにくく、独特のハリ感がきちんと感を演出してくれる一枚。涼感素材に長けた同ブランドらしく、天然素材でもコンフォートに仕上げる手腕は折り紙つき。シルエットはボディ、アーム、ウエストを程よくシェイプした「ジョゼフ オム」王道のシルエットで、キレイめかつモードな雰囲気。

 

 

「タケオキクチ」のジャケット ¥37,400、パンツ ¥19,800

小さな穴を開けることで通気性を高めたクールドッツ生地を使用した、ポリエステル100%の軽量ジャケット&パンツ。上下ともに防シワ、ウォッシャブル、ストレッチという十分な夏スペックと、スーツなのにバックパックがむしろ似合うスポーティーな味付けが特徴。パンツにはオリジナルのマジックウエストを搭載。

 

 

「バークレイ」のウール&リネンジャケット ¥72,600、ベスト ¥31,900

イタリアのカノニコ社のウール&リネンシリーズを使用した、見た目に涼しさが伝わるジャケット&ベスト。その涼感の秘密が、爽やかなブルーの色味と、独特のメランジ糸。大人のこなれ感を演出するとともに、ジャケットを着ているのに涼しげという、大人の余裕を漂わせてくれる。共地のベストで2ピーススタイルもおすすめ。

 

阪急メンズ東京 4F

ラルディーニ(直通電話番号03-6252-5361

マッキントッシュ フィロソフィー(直通電話番号03-6252-5392

ジョゼフ オム(直通電話番号03-6252-5406

タケオキクチ(直通電話番号03-6252-5389

バークレイ(直通電話番号03-6252-5102



mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2020.04.08 07:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • ギフトコンシェルジュ