表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

“モテる遊び心”をワッペンに託して -2F「ディースクエアード」のAW新作

「つまらないオトコ…」よりも、「遊び心のある人ね」と言われる方が明らかにモテているわけで、自己主張を控えすぎるのは時に考えもの。では、一体どうやって遊び心を演出すれば?とお悩みのあなた、ご安心を。あなたはただ「ディースクエアード」の今季の新作を羽織れば良い。なぜなら、あなたの伝えたい遊び心は、ワッペンが無言のうちに代弁してくれるのだから。

 

 

ワッペン付きGジャン/74AM1079 ¥195,800

スポーツクラブやエンブレムロゴなどをこれでもか!というほど貼り付けたワッペンGジャン。背面にもワッペンをふんだんにデザインしており、360度全方位的に遊び心のある男を演出できる。一方着心地はというと、十八番のストレッチデニムを使用したストレスフリーな着用感。秋の主役に最高の一枚だ。

 

 

ワッペン付きニット/74HA1083 ¥128,700

とはいえ少々控えめにしたい、というあなたには、こちらのワンポイントワッペンニットをリコメンド。ミドルゲージニットにナンバーワッペンというカレッジ風のデザインで、スエード素材のワッペンには学生たちがいたずら書きをしたようなサイン入り。オーバーサイズ目のアルパカ混ニットは、デニムとの相性も申し分なく、「ディースクエアード」ファンには合わせやすい。

 

 

ワッペン付きデニム/74LB0819 ¥146,300

タフな印象のワッペンは、デニムとの相性だって抜群。こちらは随所にワッペンが配された個性あふれる見た目で、シルエットは最も人気のある『SKATER』を採用。『SKATER』のワッペンデニムは日本限定モデルであり、各サイズ1本ずつしかご用意がないので、ご決断はお早めに。

 

 

ロゴ入りマスク/82MAM0004 ¥14,850

ワッペン付きではないが、こんなご時世を逆手にとって遊び心を演出できるのが、「DSQUARED2」のロゴ入りマスク。伸縮性と通気性の富むニット素材で、長時間かけても耳が痛くなりにくい実用性もしっかりと考慮されている。「ICON」のロゴとリーフロゴのバリエーションもラインアップ。

 

阪急メンズ東京 2F ディースクエアード

(直通電話番号03-6252-5328

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2020.08.29 07:00

まだまだスニーカーが欲しい! そんなあなたへの最新作 ―5Fスニーカーワールド

スニーカートレンドが始まって早数年。もはや今のファッションにスニーカーは欠かせないアイテムとなり、差別化も容易ではないほど定番化した。そんな中でも、「その手があったか」的遊び心のある発想で、既存のスニーカーを出し抜く。そんなユーモア触れる新作をご紹介しよう。

 

 

「マルニ」のスニーカー ¥86,900

MARNI」とデザインされたソールと、差し色効果抜群のアッパーが特徴の「マルニ」の新作。同ブランドらしい鮮やかなカラーブロックと、スエード×ナイロンという素材使いに70年代のレトロランニングスニーカーを彷彿とさせる。見た目はレトロながらも、軽量性、柔軟性、快適性共に高次元で確保された実力派。

 

 

「アレスグレイ」のスニーカー ¥64,900

デザイナーが影響を受けた“エアジョーダン1”や“デルタフォース”など、1980年代に一世を風靡したスニーカーをデザインソースにした『バタリオン ロウ』。ブラックレザーに蛍光色のマルチカラーステッチを施し、他にはない個性的なルックスに仕上げた。タン部分にはブラックのスワロフスキーを使用し、さらにLEDライトをあてるとステッチが発光する遊び心たっぷりの一足。

 

 

「アレスグレイ」のスニーカー ¥69,300

上記同様『バタリオン ロウ』のバリエーションモデル。こちらはアッパー全体に蓄光素材を採用することで、暗闇で光る驚きの一足。クラブやラウンジなどのナイトシーンで強力に出し抜くことができるうえ、デイタイムはシンプルな淡いグリーンのスニーカーとして使いやすい。タン部分にはクリアカラーのスワロフスキーを散りばめ、さり気なくラグジュアリーな味付けに。この夜になると豹変というのが実に面白い。

 

阪急メンズ東京 5F スニーカーワールド

(直通電話番号03-6252-5267

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2020.08.27 07:00

キメもヌキもワンランク格上げされる救世主ジャケット ―3F「ブリオーニ」のプリモモデルジャケット

男には、“キメ”なければならない時もあれば、大切な人と過ごすリラックスした“ヌキ”の時間もある。その振り幅が広いほど女性の心はその間で揺れ動き、心ときめくのだが、さて。そんな時、あなたは頼れる一着をお持ちだろうか。思い浮かばないあなたには、「ブリオーニ」のプリモモデル最新作を力強くおすすめしたい。

 

 

プリモモデルジャケット サファイアブルー ¥407,000

ブルーの繊細な濃淡が生地の美しさを引き立てる、サファイアブルーのジャケット『プリモ』。「ブリオーニ」のエントリージャケットとして最適なプライスと、万能な細身のシルエット、秋でも冬でも使えるハーフライニング仕様ですこぶる軽量、という最強の3拍子が揃った最新作。

 

 

プリモモデルジャケット グレー ¥407,000

とろけるような柔らかなタッチの『プリモ』モデルジャケットには、カラーバリエーションとしてグレーもラインアップ。こちらもサファイアブルー同様、糸の濃淡が生み出す陰影によって、ただ着るだけで奥行きと立体感のある着こなしが可能に。よりシックな印象があるので、年齢を重ねた大人の男に似合う色だ。

 

 

ブルーグラデーションを楽しむタイドアップコーデ

『プリモ』ジャケット最大の魅力は、カタすぎず、ユルすぎないその塩梅絶妙な仕立て。スタイリング次第でオンにもオフにもバッチリハマる理由はそこにある。シンプルなVゾーンでまとめても、ジャケット自体に立体的な表情と光沢があるので、簡単にオシャレにキマる。

 

 

ニットのデニムで大人の休日コーデ

一方カジュアル使いでは、例えば青いニットと白いデニムで青と白だけのコーデにまとめてみる。すると、爽やかな中にもジャケットの光沢感が大人の余裕とクラス感を演出。この振り幅の広さこそ、「ブリオーニ」のエントリージャケットたる所以だ。

 

阪急メンズ東京 3F ブリオーニ

(直通電話番号03-6252-5348

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2020.08.25 07:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • カラージュブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • 3rd STYLEブログ
  • ギフトコンシェルジュ
  • ビューティー&リラクシング(BEAUTY & RELAXING)
  • ヴィンテージ&リバイバル(VINTAGE & REVIVAL)