表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

阪急MEN'S TOKYO ブログ

『英国靴フェア』で秋の足元のアップデイトを

時代やファッションが移り変わってもずっと変わらないもの、それは”お洒落は足元から”というセオリー。だからこそ英国の名門ブランドの靴は、男なら誰しもがいつかは手にしたいアイテムなのだ。まだお持ちでないあなたにも、すでにお持ちの感度の高いあなたにも朗報なのが、地下1階で開催される『英国靴フェア』だ。ここでしか手には入らない稀少なモデルも多数揃うので、この秋は足元のアップデイトから始めてみてはいかがだろうか。

 

 

「ジョンロブ」のレヴァー バイリクエストフェア 118,800

 

まず一つ目は、素材とクオリティが自慢の美しいレザースニーカー、レヴァーのパターンオーダー会。通常30%のサーチャージがかかるところ、今回のフェアではなんとサーチャージなしでオーダーが可能に。アッバーのレザー素材、アイレット、ソールなど、自分好みにオーダーしてリッチな普段履きを手にいれる絶好の機会だ。

フェア期間1017日(水)〜1023日(火)。

 

 

Church's」フェア

トリプルモンク 93,960円、シューツリー 14,040

 

Church's」からは、バイヤー自らが本国から発掘してきた阪急メンズ別注モデル、トリプルモンクが登場。ストラップが3つも付いた個性的なこちらは、代表モデルのSHANNONと同ラストを使用したここでしか手に入らないレアモデルだ。同一のラストを使用したシューツリーは『英国フェア』期間限定で発売される。

 

 

「クロケット&ジョーンズ」フェア

左から129,600円、129,600円、72,360円、99,360

 

左:クロケット&ジョーンズのなかでも特に人気のタッセルローファーとストレートチップに、経年変化が楽しめるコードヴァンを使用したスペシャルモデル。

中:ロングセラーとなっているチャッカブーツは、これからの秋冬シーズンに重宝しそうだ。右:ハードな見た目に反した軽さと柔らかさを備えたサイドゴアブーツ。
購入者にはノベルティとしてブランド名を刻印したキーホルダーを先着順にプレゼント(数に限りあり)。

 

 

CROWN」フェア ダンスシューズ10,800円〜

 

靴の聖地と言われる、英・ノーザンプトンで1984年に創業したトップダンスシューズメーカー「CROWN」。ノーザンプトンでは新鋭だけに、その既成概念にとらわれない柔軟で個性的な発想によって注目が集まりそうなブランドでもある。そんな気鋭ブランドからご紹介するのは、バイヤーが工場からさまざまなデッドストック素材をセレクトして、特別にオーダーしたダンスシューズだ。ハラコやスエードなどを使用した特別な一足は、作った分しかこの世に存在しない稀少生も魅力。

 

 

Tricker's」フェア ルームシューズ 62,640

 

百貨店では初となる、「Tricker's」のルームシューズパターンオーダー会もこの英国フェアでは開催される。甲に入る刺繍やアッパーカラー、ライニングを選べる貴重な機会となるので、こちらもお見逃しなく。フェア期間:1019日(金)〜1021日(日)。

※納期は20194月頃を予定。

 

 

阪急メンズ東京 地下1階 紳士靴
(直通電話番号03-3252-5276

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.10.07 07:00

記事検索

阪急MEN'S TOKYOブログとは

阪急メンズ東京の最新情報や、イベントの模様、商品の薀蓄まで全館の話題を幅広く発信します。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • カラージュブログ
  • 「Be Stylish」スタイルメイキングクラブ ブログ
  • 3rd STYLEブログ
  • ギフトコンシェルジュ
  • ビューティー&リラクシング(BEAUTY & RELAXING)
  • ヴィンテージ&リバイバル(VINTAGE & REVIVAL)