表示価格は、ホームページ掲載時の消費税率による税込価格です。
BACK
Floors
BACK
Blog

スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ

「MAROL」・「Atto Vannucci」トランクショー



世界で美しいシャツを仕立てる工房の一つとして知られている、ボローニャのシャツブランド「MAROL(マロル)」と、フィレンツェの伝統的な手仕事の技術と現代的な感性を融合させたネクタイブランド「Atto Vannucci(アットヴァンヌッチ)」のトランクショーを開催。

 



1955年にイタリア、ボローニャで創業したシャツメーカー「MAROL」。高い技術を持つが小規模な工房のため、限られた市場にのみ販売をしていたが、2016年にボー・ヤン氏がオーナーに就任し工房のブランド化に着手。1cmにつき、13針という精密なステッチは美しいだけではなく、長く着用できる強さも与えている。また、もともとのミシン縫製に手縫いの工程を取り入れ、動きやすさや着心地にも配慮。今回オーダーできる生地は「アルモ」、「カルロリーバ」など洗練された生地ブランドを取り揃える。



アイロンを使用せず七つ折りの美しい風合いが魅力的な”セッテピエゲ”が特徴的な「Atto Vannucci」は、まるでスカーフのよう。通常の倍近い生地を使用し、芯地無しで仕上げるため柔らかな独特の雰囲気が大きな魅力。シャツやジャケットとのコーディネートを考え尽くしたデザインと、上質な素材に拘ったネクタイは上品な印象をもたらす。

 



トランクショーには「MAROL」のオーナー、ボー・ヤン氏と「Atto Vannucci」のディレクター加賀健二氏が来店。両氏がセレクトしたトランクショー用の生地はもちろん、コーディネートやおすすめの仕様などコンサルティングセールス。ぜひこの機会にビスポークサロンに足を踏み入れて欲しい。

 



【「MAROL」・「Atto Vannucci」トランクショー
事前アポイントを優先とさせて頂きます。
ご希望の方は下記までご連絡ください。
日 時:2019年7月12日(金)~14日(日) 各日11:00~18:00
場 所:5階ビスポークサロン
価 格:「MAROL(シャツ)」¥66,960~、「Atto Vannucci(ネクタイ)」¥29,160~
お渡し予定日:約3ヶ月後
問合せ:03-6252-5146 (直通)

※税込価格は、すべて消費税率8%の価格です。
2019年10月1日以降にお渡しする商品は、9月30日までにご入金いただきましても、新消費税率10%が適用されますので、ご了承ください。



mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.07.08 16:00

”Made In Japan”手袋&傘オーダー会

手袋と傘。一見関連性はないように思えるが、実は紳士のたしなみの”味付け”としては重要なアイテム。ヨーロッパの手袋や傘も良いが、日本の職人によるこだわりの手袋&傘のオーダーをしてみてはいかがだろうか。
◎手袋&傘オーダー会
◎2019年6月28日(金)~30日(日)各日13:00~19:00
◎5階 ビスポークサロン


■レザーグローブ サイズフルオーダー会
既製品のレザーグローブだと手のひらはぴったりだが指が余ってしまう、そんな悩みはないだろうか。また手袋は着脱が面倒ですること自体をあきらめてしまう、そんな方にはぜひこの手袋のオーダーを試していただきたい。

熟練の職人が作る手袋はサイズフルオーダーだけあり、すべての指にフィット感を感じる。また指と指のあいだに別パーツ(こまち)がついており格段に指が動かしやすいことも確かだ。最高級の柔らかな革を使用しているため、手袋をしたままでも文庫本のページがめくれたり小銭がつまめるなど日常の動作も行える。



【国産レザーグローブ サイズフルオーダー会】
事前アポイントを優先とさせていただきます。
ご希望の方は下記までご連絡ください。
日時:2019年6月28日(金)~30日(日) 各日13:00~19:00
場所:5階ビスポークサロン
素材:羊革(16色)、色糸(11色)
型:5種類
価格:28,080円~
お渡し予定:約2ヵ月半後
問い合わせ:03-6252-5146


■『前原光栄商店』傘オーダー会
前原光栄商店の傘は1人の職人では作られていない。「傘」という漢字にも表れているが”生地を織る”、”骨を組む”、”手元を作る”、”生地を裁断縫製する”という4分野の職人たちの共同作業によって作られている。このそれぞれの職人たちの技術を高めることで前原光栄商店の傘のクオリティは成り立っている。

4つの行程の一つでも誤差が生じるだけで傘を広げたときの張りや音、フォルムに影響がでてくる。そんな職人入魂の傘を自分の好みのサイズ、色、素材で作ってみてはいかがだろうか。今回限定として「スネークウッド」、「水牛」、「楓に水牛のチップ付き」など特殊な手元も本数限定で用意しているので早めにチェックしていただきたい。


【『前原光栄商店』傘オーダー会】
事前アポイントを優先とさせていただきます。
ご希望の方は下記までご連絡ください。
日時:2019年6月28日(金)~30日(日) 各日13:00~19:00
場所:5階ビスポークサロン
骨:16種類
生地:約20種類
手元:18種類
価格:21,600円~
お渡し予定:約2ヶ月
問い合わせ:03-6252-5146



mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.06.23 15:00

阪急メンズ東京紳士服バイヤーがテーラーツインズ(中山兄弟)を語る

京都で100年の歴史がある本格化テーラー3代目の双子の中山兄弟 中山智之氏(写真右) 中山隆之氏(写真左)



子どもの頃、服地に付いているブランドロゴの入った冠を集めるのが楽しかった。特にお父様から聞いた上質素材の冠は兄弟で取り合いになったそうだ。小学生の頃は揃いのスーツを着た。高校生になると店のショーウインドーの模様替えを任される。幼い頃から服地に触れ、職人の針裁きを見て育った。仕立ての審美眼が備わっている。



学生の頃TVドラマで萩原健一が着ていた洋服や映画「アメリカンジゴロ」でリチャードギアがアルマーニのスーツを着こなす姿があまりにも格好良く、着てみたくなった。自分で型紙を作り店の職人に縫ってもらったと語る智之氏。裾がひろがるパンツのラインに試行錯誤したそうだ。そんな経験からブリティッシュのみならずモード、クラシコスタイルも承る。

中山兄弟はとても気さくだ。話題も豊富である。柔軟に顧客と対話しながらも双子であるがゆえ意思疎通ができている4つの目がわずかな体型補正も見逃さない。

先代より継承したテーラー業の技術をベースに時にはモダンアートのような服作りを行う。ボタン、裏地の種類も多彩であるため自由に個性を発揮するのも楽しい。




中山兄弟にはビジネスパートナーがいる。西原民子氏だ。
西原氏は元客室乗務員。10年以上世界各国を渡航した経験で培ったコスモポリタンな感性の持ち主である。



イメージコンサルタント、パーソナルカラーアナリスト、カラーセラピストの資格を所有。パーソナルカラー診断で似合う色調を具体的に服地で提案する。ご自分のパターンを崩して冒険してほしいと語る。



ビスポークは職人との対話から始まる。
ぜひ中山兄弟、西原氏と語り合って頂きたい。

紳士服バイヤー
冨士 善晃


■テーラーツインズは随時予約を承ります。
■場所:5階ビスポークサロン
■問合せ:03-6252-5146











mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.06.12 19:13

スタイルメイキング クラブ サービスのご案内

記事検索

スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログとは

スタイルメイキングブログ:会員制パーソナルスタイリストサービスより、ファッションに関するご相談、着こなしの提案、セミナーのご案内などの情報を発信いたします。

ビスポークサロンブログ:時期ごとに開催される様々なファッションアイテムの特別オーダーイベントの情報を発信いたします。

  • 阪急MEN'S TOKYOブログ
  • カラージュブログ
  • スタイルメイキングクラブ&ビスポークサロン ブログ
  • 3rd STYLEブログ
  • ギフトコンシェルジュ
  • ビューティー&リラクシング(BEAUTY & RELAXING)
  • ヴィンテージ&リバイバル(VINTAGE & REVIVAL)